損益計算ツールのクリプタクト「メルコイン」に対応|確定申告・税金計算を簡単に

by BITTIMES   

暗号資産の損益計算ツールである「クリプタクト(Cryptact)」は2023年4月13日に、メルカリ内でビットコイン取引サービスを提供している「mercoin(メルコイン)」に新規対応したことを発表しました。

クリプタクトのサービスを活用すれば、確定申告や納税で必要となる損益計算の作業を簡素化することができます。

【PR】本サイトはアフィリエイトプログラム・プロモーションによる収益を得ています。

クリプタクトが「メルコイン」に新規対応

クリプタクト(Cryptact)は2023年4月13日に、プラットフォームのアップデートを実施して、ビットコインの取引サービスを提供している「mercoin(メルコイン)」に新規対応したことを発表しました。

mercoin(メルコイン)は、メルカリが暗号資産やブロックチェーンに関するサービスの企画・開発を行うことを目的として設立した子会社であり、2023年3月にはメルカリ内でビットコイン(BTC)を売買できる「ビットコイン取引サービス」の提供を開始、メルカリの残高・売上金・ポイントなどでビットコインを売買できるサービスを提供しています。

メルコインのビットコイン取引サービスで一定の利益を得た場合には損益計算・確定申告を行なった上で税金を支払う必要がありますが、今回クリプタクトで「メルコイン」がサポートされたことによって、メルカリ内で行なったビットコイン売買の損益計算を簡単に行うことが可能となりました。

クリプタクトでメルコインの損益計算を行う方法

クリプタクトは暗号資産取引所の取引履歴をアップロードすることによって、その暗号資産取引所の取引履歴データから自動で損益計算を行うことができるサービスとなっているため、メルコインのサービス利用者はメルコインの取引履歴をダウンロードして、クリプタクトにアップロードすることによって損益計算を行うことができます。

メルコインの取引履歴は、メルカリアプリを開いて「マイページ」→「ビットコイン」→「設定」→「取引報告書」の順にクリックし、月毎に「CSVをダウンロード」をクリックすることによってダウンロードすることが可能です。

取引履歴のダウンロードが完了したら、クリプタクトのアップロード画面から取引履歴をアップロードすることによって、メルコインの取引履歴を取り込んで損益計算を行うことができます。(※取引履歴は日付の古い順にファイルをアップロードしてください)

クリプタクトは対応する取引所や取引種類の拡充を続けており、今回の発表ではBitget(ビットゲット)の「Exchange Income」「Exchange spending」「force_close_short」に対応したことなども報告されています。

クリプタクト公式発表

クリプタクトの画像 暗号資産の損益計算サービス「クリプタクト」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

HEXA:スマホゲームアプリ「トニーくん」シリーズのアプリアイコンNFT販売へ

HEXA:スマホゲームアプリ「トニーくん」シリーズのアプリアイコンNFT販売へ

BINANCE:P2P取引所サービスで「WEB経由の広告投稿」をサポート

BINANCE:P2P取引所サービスで「WEB経由の広告投稿」をサポート

SBI×三井住友FG:デジタル証券扱う「大阪デジタルエクスチェンジ」設立へ【国内初】

SBI×三井住友FG:デジタル証券扱う「大阪デジタルエクスチェンジ」設立へ【国内初】

Zaif:ポルカドット(Polkadot/DOT)取扱開始|複数サービスで段階的にサポート

Zaif:ポルカドット(Polkadot/DOT)取扱開始|複数サービスで段階的にサポート

Ripple社「ブータン王国の中央銀行」と提携|デジタル通貨(CBDC)試験運用へ

Ripple社「ブータン王国の中央銀行」と提携|デジタル通貨(CBDC)試験運用へ

バルバドス政府:Decentraland(MANA)で「世界初のメタバース大使館」建設へ

バルバドス政府:Decentraland(MANA)で「世界初のメタバース大使館」建設へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

MarketAcross、Republic Cryptoと提携|マーケティングと成長戦略のアドバイザリーを強化

MarketAcross、Republic Cryptoと提携|マーケティングと成長戦略のアドバイザリーを強化

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

仮想通貨ニュース週間まとめ「ADA・SHIB・BTC」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「ADA・SHIB・BTC」などの注目記事

99BTCのプレセールがスタート! 大口投資家たちが注目している革新的なLearn-To-Earnトークンとは?

99BTCのプレセールがスタート! 大口投資家たちが注目している革新的なLearn-To-Earnトークンとは?

ぺぺのカムバックを逃した?次のチャンスとして注目される仮想通貨

ぺぺのカムバックを逃した?次のチャンスとして注目される仮想通貨

ビットポイント:BTC半減期記念「口座開設キャンペーン」開始

ビットポイント:BTC半減期記念「口座開設キャンペーン」開始

2032年に500万ドル「S2Fモデルに基づくビットコイン価格予想」PlanB氏

2032年に500万ドル「S2Fモデルに基づくビットコイン価格予想」PlanB氏

保守派・革新派による「ビットコイン分裂」を予測:Bitcoin.org運営者Cobra氏

保守派・革新派による「ビットコイン分裂」を予測:Bitcoin.org運営者Cobra氏

ジャスミー(JMY)「2024年のロードマップ」公開

ジャスミー(JMY)「2024年のロードマップ」公開

Oasysの分散型取引所(DEX)「Tealswap V3」ローンチ|集中流動性機能を導入

Oasysの分散型取引所(DEX)「Tealswap V3」ローンチ|集中流動性機能を導入

Animoca Brands Japan「NFTローンチパッド」提供へ|販売希望プロジェクトも募集

Animoca Brands Japan「NFTローンチパッド」提供へ|販売希望プロジェクトも募集

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す