ワールドコイン:虹彩認証装置Orbで「個人情報の自己管理機能」導入へ

by BITTIMES

Orbで収集される重要情報を自分で管理

ワールドコイン(Worldcoin/WLD)は2024年3月22日に、虹彩認証装置「Orb」のプライバシー・セキュリティ強化を目的として、取得された目の虹彩データを自分自身で管理できる「パーソナル・カストディ(個人保管)」を導入することを発表しました。

Orb(オーブ)は、人間の眼球にある虹彩をスキャンするボール状の生体認証装置であり、虹彩スキャンなどでAIと人間を区別して人間だけに「World ID」を発行、ID保有者はワールドコインの取り組みで仮想通貨WLDの報酬を獲得できる仕組みとなっています。

このデバイスでは、自分の虹彩情報が収集されるため、個人情報の取り扱い方などに対する懸念の声が出ていましたが、今回発表された「パーソナル・カストディ」と呼ばれる機能によって、ユーザーは自分のデバイスでバイオメトリックデータを保管できるようになると報告されています。

パーソナル・カストディ導入による変更点

従来の仕組みでは、収集された個人情報の取り扱いで「暗号化してサーバーに保存する」もしくは「削除する」のどちらかを選択できるようになっていたものの、今回の個人保管機能によって「暗号化してサーバーに保存する」という選択肢は排除されることになると伝えられています。

新しい仕組みでは、暗号化されたユーザーの顔と目の情報が「ユーザー個人のデバイス」に送信され、Orbからはそれらのデータが自動的に削除されるため、Orbから個人のWorld Appに暗号化されたデータが送信された後は、そのデータのコピーがどこにも存在しなくなると説明されています。

ユーザーは自分のデバイスに保管されたデータを削除することもできるとのことで、このデータを「World App」の顔認証に使用することもできるとも説明されています。

個人情報の自己管理で安心感が高まる

今回発表されたパーソナル・カストディ機能によって、ユーザーは自分の重要な生体情報を自分自身で管理できるようになるため、Orbs認証における安心感が高まると期待されています。

なお、今回の発表では「Orbのソフトウェアのコアコンポーネントをオープンソース化したこと」も報告されており、ソフトウェアの概要に関する説明もなされています。

ワールドコインの「Orb」に対しては世界中から懸念の声があがっていますが、今月14日には「Orbの個人情報収集などに関する監査結果をまとめたプライバシー・セキュリティ監査レポート」も公開されています。

このセキュリテイ監査は「Trail of Bits」という第三者機関が実施したもので、『ワールドコインのプロジェクト目標に関連して直接悪用できるようなコードの脆弱性は発見されなかった』と報告されています。

>>ワールドコイン関連の最新記事はこちら

Worldcoin発表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ドージコインでお馴染みの「かぼすちゃん」千葉県佐倉市に銅像設置へ|イベントも開催

ドージコインでお馴染みの「かぼすちゃん」千葉県佐倉市に銅像設置へ|イベントも開催

フィナンシェ「IEO支援事業」を開始|株式会社Lightとパートナーシップ契約を締結

フィナンシェ「IEO支援事業」を開始|株式会社Lightとパートナーシップ契約を締結

ビットポイント:カルダノ(ADA)の「ステーキングサービス」提供開始

ビットポイント:カルダノ(ADA)の「ステーキングサービス」提供開始

カイカキャピタル:シンボル(XYM)レンディングの第1回募集「6月15日」に開始【先着順】

カイカキャピタル:シンボル(XYM)レンディングの第1回募集「6月15日」に開始【先着順】

Astarチェーン特化のWeb3サービス開発会社「AstarGames」設立:CryptoGames

Astarチェーン特化のWeb3サービス開発会社「AstarGames」設立:CryptoGames

エルサルバドルのビットコイン法「9月7日」施行へ|BTC・ウォレットの無料配布も予定

エルサルバドルのビットコイン法「9月7日」施行へ|BTC・ウォレットの無料配布も予定

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

Only1「ソラナ版OnlyFans」構築へ|合計480万ドルの資金調達

Only1「ソラナ版OnlyFans」構築へ|合計480万ドルの資金調達

シバイヌL2「Shibarium」大規模なUIアップデートを実施|ユーザー体験・スピード向上に向けて

シバイヌL2「Shibarium」大規模なUIアップデートを実施|ユーザー体験・スピード向上に向けて

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

米政府「200億円相当のビットコイン」売却か|シルクロード関連のBTCを移動

米政府「200億円相当のビットコイン」売却か|シルクロード関連のBTCを移動

仮想通貨でプリペイド決済「Slash Vプリカ SHOP」提供へ:Slash × ライフカード

仮想通貨でプリペイド決済「Slash Vプリカ SHOP」提供へ:Slash × ライフカード

Dogecoin20がプレセールで1000万ドル調達に成功!4月20日の国際ドージデーにローンチ予定

Dogecoin20がプレセールで1000万ドル調達に成功!4月20日の国際ドージデーにローンチ予定

OKCoinJapan:アプトス(APT)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

OKCoinJapan:アプトス(APT)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

Solana系で注目のミームコインSLOTH、エアドロップ型プレセールで1000万ドルを突破

Solana系で注目のミームコインSLOTH、エアドロップ型プレセールで1000万ドルを突破

K9 Finance DAO「ガバナンスプロセス」を発表|分散型運営の仕組みについて解説

K9 Finance DAO「ガバナンスプロセス」を発表|分散型運営の仕組みについて解説

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す