ロバート・キヨサキ氏「4月までに10ビットコイン購入予定」強気な価格予想も

by BITTIMES

2024年9月までに「1BTC=10万ドル」と予想

人気の著書「金持ち父さん貧乏父さん」シリーズを執筆したことで知られるロバート・キヨサキ氏は2024年3月25日に、自身が2024年4月までにビットコイン(BTC)を10 BTC追加購入する予定であることを明かしました。

同氏はビットコインを買い増す理由として、2024年4月中旬頃に予定されている半減期を挙げており、「1BTCを購入する余裕がないのであれば、0.1BTCからでも購入することを検討するといい」と語っています。

キヨサキ氏は2024年3月7日の投稿で「ビットコイン価格は2024年に300,000ドル(約4,500万円)まで上昇する」との予想を語っていましたが、今回の投稿では「私は2024年9月までにビットコインが10万ドル(約1,500万円)になると予想している」とも語られています。

私は4月までにビットコインを追加で10枚購入する予定です。理由は「Having」(※おそらく"Halving:半減期"のこと)

もしも、1ビットコインを購入する余裕がない場合は、新しいETFやサトシ単位で0.1 BTCから購入することを検討してみると良いでしょう(*1)。

ビットコインのプロセスが設計通りに機能すれば、今年の終わりまでには1ビットコインを所有できるかもしれません。

私は2024年9月までにビットコインが10万ドルになると予想しています。

(*1)サトシ(Satoshi):ビットコインの最小の通貨単位のこと。1 Satoshi=0.00000001 BTCに相当する。

ビットコインに興味なければ「銀貨」

ロバート・キヨサキ氏は今回の投稿で「ビットコインに興味がない場合は銀貨、できれば米国のシルバーイーグルを購入することをお勧めする」とも語っています。

同氏は以前から「ビットコイン・銀の現物」に投資することを推奨していますが、今回は「銀はほとんどの人にとって最も手頃な価格である」と説明されており、「現在価格はBTCが約7万ドル、金貨は約2,500ドル、銀貨は約35ドル」と説明しています。

米ドルなどの法定通貨をフェイクマネー(偽物のお金)だと批判している同氏は、今回の投稿でも「偽物のお金を貯めるような貧しい人にならないで欲しい」と述べており、「世界中のほぼ全ての人は銀貨やサトシを購入する余裕があるはずなので、賢く行動してほしい」と語っています。

>>価格予想に関する記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

パリ・サンジェルマン移籍のメッシ選手「$PSGファントークン」で契約金の一部受け取り

パリ・サンジェルマン移籍のメッシ選手「$PSGファントークン」で契約金の一部受け取り

ハードウェアウォレット「Ledger」で不正アクセス被害|個人情報約100万件が流出

ハードウェアウォレット「Ledger」で不正アクセス被害|個人情報約100万件が流出

Tesla、ビットコイン決済再開の噂「コードへの追記報告は誤解」だと判明

Tesla、ビットコイン決済再開の噂「コードへの追記報告は誤解」だと判明

カルダノコミュニティで詐欺被害が急増中「450,000 ADA」の盗難被害

カルダノコミュニティで詐欺被害が急増中「450,000 ADA」の盗難被害

仮想通貨マイニングプール「Binance Pool」公開|参加手数料無料キャンペーンも開催

仮想通貨マイニングプール「Binance Pool」公開|参加手数料無料キャンペーンも開催

著名アナリスト「今の仮想通貨は大規模サイクルの始まりにある」BTC・ETHの価格予想も

著名アナリスト「今の仮想通貨は大規模サイクルの始まりにある」BTC・ETHの価格予想も

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF Token/ELF)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF Token/ELF)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

NFTDriveEX:SymbolとEVMチェーンを繋ぐ「アトミックスワップ機能」導入へ

NFTDriveEX:SymbolとEVMチェーンを繋ぐ「アトミックスワップ機能」導入へ

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

ファイルコイン(FIL)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ファイルコイン(FIL)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ビットボット:飛躍の可能性を秘めた注目の次世代仮想通貨?

ビットボット:飛躍の可能性を秘めた注目の次世代仮想通貨?

ユニスワップ「インターフェース手数料」を引き上げ|米SECの訴訟問題が関係か?

ユニスワップ「インターフェース手数料」を引き上げ|米SECの訴訟問題が関係か?

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

Dogwifhat(WIF)ミームコイン時価総額ランキング3位に|価格上昇率は2,560%

Dogwifhat(WIF)ミームコイン時価総額ランキング3位に|価格上昇率は2,560%

ミームネーターICO、取引所上場前の最終ステージへ

ミームネーターICO、取引所上場前の最終ステージへ

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

新しい仮想通貨Dogecoin20がプレセールを開始、初日で25万ドルを調達して市場から大きな期待

新しい仮想通貨Dogecoin20がプレセールを開始、初日で25万ドルを調達して市場から大きな期待

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す