ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

by BITTIMES

BTC価格急落、数億ドル規模のロスカット報告も

ビットコイン(BTC)の価格は2024年4月2日午前11時頃に急落し、70,000ドル前後だったビットコイン価格は66,000ドル(約990万円)付近まで下落しました。

66,000ドルまで下落した後はやや反発が見られたものの、現在も下落傾向は続いているようで、記事執筆時点のビットコイン価格は66,542ドル(約1,000万円)となっています。

なお、今回の急落時には主要な仮想通貨で数億ドル規模のロスカットが発生したことも報告されており、ビットコインでは約5,000万ドル(約75億円)相当のロングポジションが清算されたとも報告されています。

2023年3月29日〜2024年4月2日 BTC/USDの30分足チャート(画像:TradingView)2023年3月29日〜2024年4月2日 BTC/USDの30分足チャート(画像:TradingView)

ビットコインの「さらなる下落」に警戒感

長期的なチャートで見ると今回の下落は比較的小規模なもので、2021年に記録した最高値付近の価格帯は維持されているものの、ビットコインでは今年1月頃から価格上昇が続いていたため、現在は「さらなる下落」に対する警戒感が高まっています。

また、ビットコインでは2024年4月20日頃に「半減期」が予定されていますが、一部のトレーダーやアナリストからは『ビットコイン価格は半減期前に下落する傾向がある』との意見も出ているため、そのような予想も警戒感を高めていると考えられます。

2020年8月10日〜2024年4月2日 BTC/USDの週足チャート(画像:TradingView)2020年8月10日〜2024年4月2日 BTC/USDの週足チャート(画像:TradingView)

次に注目の価格帯は63,150ドル付近?

このようなことから、仮想通貨市場では「ビットコイン価格が今後どこまで下がるのか?」に注目が集まっていますが、著名アナリストのアリ・マルティネス氏は1日のX投稿で『ビットコインは65,250ドル〜63,150ドル(約979万円〜947万円)まで下落する可能性がある』との考えを語っています。

これは「IntoTheBlock」が公開しているオンチェーンデータに基づいたもので「65,250ドル〜63,150ドルの価格帯では約760,000個のウォレットが合計520,000 BTCを購入している」ということが報告されています。

ビットコインは68,300ドルでしっかりとした地盤を見つけたが、それを下回った場合には、次のサポートレンジである65,250ドル〜63,150ドルまで下落する可能性がある。この価格帯では、760,000個のウォレットが合計520,000 BTCを保有している。

ビットコインが次の上昇を開始するためには、70,320ドルのサポートを維持することが重要だ!

さらに下落した場合のサポートラインは?

上記の投稿は現在価格に近いサポートラインを示すものとなっていますが、アリ・マルティネス氏は3月19日の投稿で「ビットコインの重要なサポートライン」について以下の価格帯も挙げていました。

  • 61,100ドル(約917万円)
  • 56,685ドル(約850万円)
  • 51,530ドル(約770万円)

当時のビットコインは61,000ドル付近までしか下落しなかったものの、現在は再びビットコイン価格が60,000ドル台まで下落しているため、63,150ドル以下までBTC価格が下落した場合には、上記の価格帯が重要なサポートラインになる可能性もあると考えられます。

なお、マルティネス氏は3月19日の投稿時に、価格下落時に有効な投資戦略として「ドルコスト平均法(DCA)」を挙げていて、1,000ドル間隔で少額ずつ購入していく手法を提案しています。

>>その他の価格予想はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

代替インターネット展開する「tomiNet」4000万ドルの資金調達|仮想通貨TOMIも価格急騰

代替インターネット展開する「tomiNet」4000万ドルの資金調達|仮想通貨TOMIも価格急騰

ビットコイン決済で「保険料の支払い」が可能に:スイス保険大手AXA Switzerland

ビットコイン決済で「保険料の支払い」が可能に:スイス保険大手AXA Switzerland

MEXC Global:メタバース銘柄「Bloktopia(BLOK)」取扱いへ|本日上場予定

MEXC Global:メタバース銘柄「Bloktopia(BLOK)」取扱いへ|本日上場予定

テイラー・スウィフトの映画チケットも仮想通貨決済で「BTC・ETH・SHIB」などに対応

テイラー・スウィフトの映画チケットも仮想通貨決済で「BTC・ETH・SHIB」などに対応

BINANCE:スマホアプリに「Mining Pool Wallet」機能を追加

BINANCE:スマホアプリに「Mining Pool Wallet」機能を追加

通信事業者大手「A1テレコム」仮想通貨決済を7店舗で試験導入|BTCなど6銘柄に対応

通信事業者大手「A1テレコム」仮想通貨決済を7店舗で試験導入|BTCなど6銘柄に対応

注目度の高い仮想通貨ニュース

香港証券先物取引委員会「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」を承認

香港証券先物取引委員会「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」を承認

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

FET・OCEAN・AGIXをASIトークンに集約「人工超知能アライアンス」設立へ

FET・OCEAN・AGIXをASIトークンに集約「人工超知能アライアンス」設立へ

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

「シバイヌ(SHIB)の成長はまだ始まったばかり」Shytoshi Kusama氏

「シバイヌ(SHIB)の成長はまだ始まったばかり」Shytoshi Kusama氏

2024年4月に成長が期待される仮想通貨

2024年4月に成長が期待される仮想通貨

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

OKCoinJapan:アプトス(APT)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

OKCoinJapan:アプトス(APT)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

シバイヌ:有名企業が数多く参加するコンテンツデリバリー&セキュリティ協会(CDSA)に参加

シバイヌ:有名企業が数多く参加するコンテンツデリバリー&セキュリティ協会(CDSA)に参加

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF Token/ELF)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF Token/ELF)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

ジャスミー × パナソニックAD「Web3プラットフォーム創造」に向けて協業

ジャスミー × パナソニックAD「Web3プラットフォーム創造」に向けて協業

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す