Symbol活用のNFTDriveEX「アトミックスワップv1」リリース|SHIBもサポート

by BITTIMES

アトミックスワップ機能追加&SHIBサポート

シンボル(Symbol/XYM)を活用したNFT特化型ウォレット「NFTDriveEX」を展開している株式会社NFTDriveは2024年4月3日に、アトミックスワップ機能を搭載した「NFTDriveEX v4.0.1」をリリースしたことを発表しました。

NFTDriveEXは、ブラウザから手軽に利用できるNFT特化型ウォレットであり、Symbolを活用したフルオンチェーンNFTを発行できる機能なども搭載されています。

今回リリースされた最新版では、以前から報告されていた「アトミックスワップ機能」や「ウォレット丸ごとバックアップ機能」が搭載されているとのことで、新たにシバイヌ(Shiba Inu/SHIB)もサポートしたと報告されています。

NFTDriveEXは記事執筆時点で「Symbol・Ethereum・Polygon・Mumbai」のネットワークに対応しているため、ネットワークを「Ethereum」または「Polygon」に切り替えれば"SHIB"を扱うことができます。

「Nドラ・アトミックスワップv1」とは?

今回新たに追加された「Nドラ・アトミックスワップv1」は、Symbol上で発行されたNFTを「EthereumやPolygon上のトークン」で購入・交換できる機能となっています。

アトミックスワップとは、取引所などの仲介者なしで異なるブロックチェーン上のトークンを安全に直接取引できる仕組みのことであり、仲介者を介すことなくユーザー同士で安全に素早く仮想通貨をやり取りできる革新的な技術となっています。

NFTDriveEXのアトミックスワップ機能は「Symbolアドレス・EVMアドレス・XYM・ETHまたはMATIX・支払い分トークン」などを用意することによって利用することが可能で、アドレスの連携作業などを行うことによって使い始めることができる仕組みになっています。

また、NFT作者も取引でロイヤリティを受け取るために「SymbolアドレスとEVMアドレスのリンク」を行う必要があるとのことで、作者のアドレスがリンクされていない場合は取引ができないため、事前に作者に「EVMアドレスのリンク」を求めることが推奨されています。

Nドラ・アトミックスワップv1の利用方法については「こちらの記事」で詳しく解説されています。

「XYMと他トークンの交換」について

NFTDriveEXのアトミックスワップv1では「XYMと他トークンの交換」はできないようになっているとのことで、XYMと他トークンの交換を制限している背景には"法解釈を含む余計なトラブルを防ぐ目的"があると説明されています。

個人間での取引に本技術を利用する場合は交換業ライセンスは不要ですが、世界でも稀な技術であるため、法解釈を含む余計なトラブルを防ぐ観点から念のためv1ではこのような措置を致します。

ただし、v2では「XYMとトークンのペア」が開放されるとも報告されているため、今後のアップデート発表にも注目です。

NFTDriveEXのアトミックスワップ機能は、Symbolと他のブロックチェーンを繋ぐ重要な機能となるため、今後は外部チェーンやコミュニティとの関わりが強化され、Symbolエコシステムの発展にも繋がると期待されています。

>>Symbol・XYM関連の最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

米大手保険会社「MassMutual」ビットコイン(BTC)に100億円を投資

米大手保険会社「MassMutual」ビットコイン(BTC)に100億円を投資

金融庁:仮想通貨取引所の「コールドウォレット管理」社内規則の厳格化求める

金融庁:仮想通貨取引所の「コールドウォレット管理」社内規則の厳格化求める

闇サイトで仮想通貨取引の「アカウント情報販売」会社員の男性逮捕:京都府警

闇サイトで仮想通貨取引の「アカウント情報販売」会社員の男性逮捕:京都府警

GUCCI:The Sanboxで360度メタバース体験を提供「Gucci Vault Land」公開

GUCCI:The Sanboxで360度メタバース体験を提供「Gucci Vault Land」公開

仮想通貨投資の簡単な始め方|Zaifコイン積立とは?

仮想通貨投資の簡単な始め方|Zaifコイン積立とは?

中東の国カタール、仮想通貨関連サービス「禁止」の可能性

中東の国カタール、仮想通貨関連サービス「禁止」の可能性

注目度の高い仮想通貨ニュース

2025年までにビットボットのトークンが、新たなAI技術で飛躍する可能性

2025年までにビットボットのトークンが、新たなAI技術で飛躍する可能性

大手仮想通貨取引所BINANCE「初の取締役会」を設置

大手仮想通貨取引所BINANCE「初の取締役会」を設置

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

カルダノ初:法定通貨裏付けステーブルコイン「USDM」ローンチ

カルダノ初:法定通貨裏付けステーブルコイン「USDM」ローンチ

エルサルバドル「毎日1ビットコイン購入戦略」を継続|法定通貨で買えなくなるまで

エルサルバドル「毎日1ビットコイン購入戦略」を継続|法定通貨で買えなくなるまで

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

コインチェック「Nine Chronicles M」のNFTコレクション取扱いへ【国内初】

コインチェック「Nine Chronicles M」のNFTコレクション取扱いへ【国内初】

ビットトレード:最大1.0%の日本円還元「積立プログラム」提供へ

ビットトレード:最大1.0%の日本円還元「積立プログラム」提供へ

香港証券先物取引委員会「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」を承認

香港証券先物取引委員会「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」を承認

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF Token/ELF)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF Token/ELF)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

カルダノ(ADA)GitHubの開発活動ランキングで「圧倒的1位」を記録

カルダノ(ADA)GitHubの開発活動ランキングで「圧倒的1位」を記録

保守派・革新派による「ビットコイン分裂」を予測:Bitcoin.org運営者Cobra氏

保守派・革新派による「ビットコイン分裂」を予測:Bitcoin.org運営者Cobra氏

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す