ブロックチェーン技術で囲碁リーグ「GoBlock」を設立|李世ドル

by BITTIMES

ブロックチェーンベースの囲碁プロリーグ「GoBlock」の開発が進められています。この新しいアプリケーションはGoogle(グーグル)人工知能(AI)を搭載した「AlphaGo(アルファ碁)」との対局で破れた囲碁棋士である李世ドル(lee Sedol)氏が、韓国の企業「The Blockchain Inc」と協力して立ち上げに取り組んでいます。

こちらから読む:ブロックチェーンとは?仕組みをわかりやすく解説【図解あり】

韓国のプロ囲碁棋士|李世ドル

sedol李世ドル氏(引用:blogspot.com)

韓国の李世ドル(lee Sedol)氏は九段の囲碁棋士であり、世界最強の1人として有名な人物です。しかし李氏は2016年3月、「Google DeepMind」が開発したコンピュータ囲碁プログラムである「AlphaGo」との対局を行い、4-1で敗北しています。

この対局によって世界的に注目されている李氏は、韓国のブロックチェーン企業である「The Blockchain Inc」と協力して分散型のプロ囲碁リーグである「GoBlock」の設立に取り組んでいます。

Ethereumネットワークによるデータ管理

go-block

GoBlockは囲碁のプロリーグをeスポーツをプレイする人々向けに、韓国、中国、日本で提供することを予定しています。参加するプレイヤーは世界規模のプロリーグで対局を行うことができます。

李氏は、プロの囲碁棋士やリーグのサポーター、視聴者、広告主などの全ての人々が恩恵を受けることができる報酬制度を構築することも計画しています。またGoBlockはアマチュアリーグを提供することも予定しているため、初心者プレイヤーでもプラットフォーム上で提供されるトレーニングに参加して腕を磨くことができます。

GoBlockは地方分権や透明性などを確保し、対局を公平なものにするために、それらのデータをイーサリアム(ETH)ネットワーク上に構築し、ブロックチェーン上で記録・管理を行います。これらの対戦記録は商品化も予定されており、報酬システムとプラットフォーム全体を管理するための一環としてトークンを発行し、対局記録、リーグ、ゲームプレイヤーをサポートすると伝えられています。

李氏は今回の発表にあたり、自身がブロックチェーンの技術に魅了されており、それらの技術が多くの可能性を秘めていると考えていることを語っています。

私はブロックチェーンテクノロジーの地方分権化されている点や透明性などに惹かれました。ブロックチェーン技術とトークン経済がGoBlockに適用されると、ゲームの生態系を拡大するだけでなく、想像もつかないほどの変化をもたらすことができるでしょう。

イーサリアムのブロックチェーンを活用したゲームなどは世界中で製作されています。
最近の発表では、メジャーリーグベースボール(Major League Baseball/MLB)が、分散型アプリケーション(DApps)などの開発に取り組むソフトウェア企業「Lucid Sight(ルシッド・サイト)」と協力して、ゲーム内でETHを使用することができる野球ゲームを開発しています。

MBLが開発に取り組む野球ゲームはこちら

イーサリアム(ETH)や購入はセキュリティ面も安心でき、取引手数料無料キャンペーンなども開催しているbitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 取引手数料無料の仮想通貨取引所bitbankはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンプラットフォーム「Klaytn」公開 ー カカオ子会社Ground X

ブロックチェーンプラットフォーム「Klaytn」公開 ー カカオ子会社Ground X

MicrosoftがXboxプラットフォームにブロックチェーン技術を活用

MicrosoftがXboxプラットフォームにブロックチェーン技術を活用

イーサリアム(ETH)価格予想「2019年には約21万円」Thomas Lee

イーサリアム(ETH)価格予想「2019年には約21万円」Thomas Lee

真の価値は「時価総額以上」ブロックチェーン技術採用は急速に進む:Joseph Lubin

真の価値は「時価総額以上」ブロックチェーン技術採用は急速に進む:Joseph Lubin

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年6月16日〜22日

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年6月16日〜22日

Cardano(ADA)開発のための「Shelly公式仕様書」を公開|地方分権化に前進:IOHK

Cardano(ADA)開発のための「Shelly公式仕様書」を公開|地方分権化に前進:IOHK

注目度の高い仮想通貨ニュース

XRP・ADA流出事件続報:仮想通貨取引所「Bitrue」7月3日には入出金再開へ

XRP・ADA流出事件続報:仮想通貨取引所「Bitrue」7月3日には入出金再開へ

おでかけ写真投稿アプリ「LINE STEP」リリース|最大20万円相当の報酬ポイントも

おでかけ写真投稿アプリ「LINE STEP」リリース|最大20万円相当の報酬ポイントも

ハッキングで「XRP・ADA」5億円相当が流出:仮想通貨取引所Bitrue

ハッキングで「XRP・ADA」5億円相当が流出:仮想通貨取引所Bitrue

仮想通貨取引所ビットフライヤー「新規口座開設」受付再開へ|7月3日から

仮想通貨取引所ビットフライヤー「新規口座開設」受付再開へ|7月3日から

BINANCE:仮想通貨「先物取引プラットフォーム」公開へ|レバレッジ最大20倍

BINANCE:仮想通貨「先物取引プラットフォーム」公開へ|レバレッジ最大20倍

Cardano(ADA)対応開始、ハードウェアウォレット「ELLIPAL」で保管可能に

Cardano(ADA)対応開始、ハードウェアウォレット「ELLIPAL」で保管可能に

仮想通貨の新団体設立へ「STOの健全な普及」目指す:SBI北尾社長

仮想通貨の新団体設立へ「STOの健全な普及」目指す:SBI北尾社長

仮想通貨決済企業Circle社CEO「バフェットランチ」参加へ

仮想通貨決済企業Circle社CEO「バフェットランチ」参加へ

株式投資手段として「仮想通貨10銘柄」受け入れ:クラフトビールメーカーBrewDog

株式投資手段として「仮想通貨10銘柄」受け入れ:クラフトビールメーカーBrewDog

ブロックチェーン活用した「中古車情報マーケットプレイス」設立:シンガポール

ブロックチェーン活用した「中古車情報マーケットプレイス」設立:シンガポール

G7:仮想通貨規制に向けた「タスクフォース」設立へ|Libra(リブラ)に対する懸念も

G7:仮想通貨規制に向けた「タスクフォース」設立へ|Libra(リブラ)に対する懸念も

日本政府:新たな暗号技術を模索「耐量子コンピューター」を重要視|2023年導入目指す

日本政府:新たな暗号技術を模索「耐量子コンピューター」を重要視|2023年導入目指す

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す