ブロックチェーン技術で囲碁リーグ「GoBlock」を設立|李世ドル

by BITTIMES

ブロックチェーンベースの囲碁プロリーグ「GoBlock」の開発が進められています。この新しいアプリケーションはGoogle(グーグル)人工知能(AI)を搭載した「AlphaGo(アルファ碁)」との対局で破れた囲碁棋士である李世ドル(lee Sedol)氏が、韓国の企業「The Blockchain Inc」と協力して立ち上げに取り組んでいます。

こちらから読む:ブロックチェーンとは?仕組みをわかりやすく解説【図解あり】

韓国のプロ囲碁棋士|李世ドル

sedol李世ドル氏(引用:blogspot.com)

韓国の李世ドル(lee Sedol)氏は九段の囲碁棋士であり、世界最強の1人として有名な人物です。しかし李氏は2016年3月、「Google DeepMind」が開発したコンピュータ囲碁プログラムである「AlphaGo」との対局を行い、4-1で敗北しています。

この対局によって世界的に注目されている李氏は、韓国のブロックチェーン企業である「The Blockchain Inc」と協力して分散型のプロ囲碁リーグである「GoBlock」の設立に取り組んでいます。

Ethereumネットワークによるデータ管理

go-block

GoBlockは囲碁のプロリーグをeスポーツをプレイする人々向けに、韓国、中国、日本で提供することを予定しています。参加するプレイヤーは世界規模のプロリーグで対局を行うことができます。

李氏は、プロの囲碁棋士やリーグのサポーター、視聴者、広告主などの全ての人々が恩恵を受けることができる報酬制度を構築することも計画しています。またGoBlockはアマチュアリーグを提供することも予定しているため、初心者プレイヤーでもプラットフォーム上で提供されるトレーニングに参加して腕を磨くことができます。

GoBlockは地方分権や透明性などを確保し、対局を公平なものにするために、それらのデータをイーサリアム(ETH)ネットワーク上に構築し、ブロックチェーン上で記録・管理を行います。これらの対戦記録は商品化も予定されており、報酬システムとプラットフォーム全体を管理するための一環としてトークンを発行し、対局記録、リーグ、ゲームプレイヤーをサポートすると伝えられています。

李氏は今回の発表にあたり、自身がブロックチェーンの技術に魅了されており、それらの技術が多くの可能性を秘めていると考えていることを語っています。

私はブロックチェーンテクノロジーの地方分権化されている点や透明性などに惹かれました。ブロックチェーン技術とトークン経済がGoBlockに適用されると、ゲームの生態系を拡大するだけでなく、想像もつかないほどの変化をもたらすことができるでしょう。

イーサリアムのブロックチェーンを活用したゲームなどは世界中で製作されています。
最近の発表では、メジャーリーグベースボール(Major League Baseball/MLB)が、分散型アプリケーション(DApps)などの開発に取り組むソフトウェア企業「Lucid Sight(ルシッド・サイト)」と協力して、ゲーム内でETHを使用することができる野球ゲームを開発しています。

MBLが開発に取り組む野球ゲームはこちら

イーサリアム(ETH)や購入はセキュリティ面も安心でき、取引手数料無料キャンペーンなども開催しているbitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 取引手数料無料の仮想通貨取引所bitbankはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Lifeasapaが誇る科学開発ツール「SYPWAI」その利点とは?

Lifeasapaが誇る科学開発ツール「SYPWAI」その利点とは?

Symbol Wallet最新版「v1.0.11」リリース|アグボン詐欺対策などを導入

Symbol Wallet最新版「v1.0.11」リリース|アグボン詐欺対策などを導入

Huobi Japan「イーサリアム大型アップグレード・ETHW・ETHS」などの対応方針を発表

Huobi Japan「イーサリアム大型アップグレード・ETHW・ETHS」などの対応方針を発表

NFTマーケットプレイス「Kraken NFT」日本居住者にも提供へ

NFTマーケットプレイス「Kraken NFT」日本居住者にも提供へ

ポップアートの巨匠「Andy Warhol」の作品をトークン化|STRAYMで分割販売へ

ポップアートの巨匠「Andy Warhol」の作品をトークン化|STRAYMで分割販売へ

Chiliz Exchange:総合格闘技団体「UFC」の公式ファントークン本日取引開始

Chiliz Exchange:総合格闘技団体「UFC」の公式ファントークン本日取引開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

WLKN報酬付きの新作ゲームアプリ「Walken Runner」正式リリース

WLKN報酬付きの新作ゲームアプリ「Walken Runner」正式リリース

楽天ウォレット「証拠金取引所サービス」提供へ|暗号資産9銘柄をサポート

楽天ウォレット「証拠金取引所サービス」提供へ|暗号資産9銘柄をサポート

BINANCE「FTXの買収は行わない」と発表|支援できる範囲を超えていると説明

BINANCE「FTXの買収は行わない」と発表|支援できる範囲を超えていると説明

Bitget:新機能「ストラテジープラザ」でソーシャルトレーディングに革新をもたらす

Bitget:新機能「ストラテジープラザ」でソーシャルトレーディングに革新をもたらす

Jasmy「サガン鳥栖ファントークンアプリローンチキャンペーン」開催|利用者全員にDDポイント付与

Jasmy「サガン鳥栖ファントークンアプリローンチキャンペーン」開催|利用者全員にDDポイント付与

取扱銘柄・サービスが豊富な暗号資産取引所「Huobi Japan」の魅力を解説

取扱銘柄・サービスが豊富な暗号資産取引所「Huobi Japan」の魅力を解説

GMO Trustのステーブルコイン「GYEN・ZUSD」ステラネットワーク上で提供開始

GMO Trustのステーブルコイン「GYEN・ZUSD」ステラネットワーク上で提供開始

人気ロックバンド「THE BACK HORN」初のNFT作品販売へ:Fanpla Owner

人気ロックバンド「THE BACK HORN」初のNFT作品販売へ:Fanpla Owner

イーサリアムの時価総額は中国銀行より310億ドル多い。今こそイーサリアム・ビッグアイズコイン大規模採用の時代?

イーサリアムの時価総額は中国銀行より310億ドル多い。今こそイーサリアム・ビッグアイズコイン大規模採用の時代?

Astar Network × 博報堂「WEB3.0ハッカソンを企画・運営する新会社」設立

Astar Network × 博報堂「WEB3.0ハッカソンを企画・運営する新会社」設立

FTX Japanの顧客資産は「米破産法の対象財産には含まれない」サービス復旧関連で続報

FTX Japanの顧客資産は「米破産法の対象財産には含まれない」サービス復旧関連で続報

楽天ウォレット「証拠金取引所サービス」提供開始|取扱銘柄は合計9銘柄に

楽天ウォレット「証拠金取引所サービス」提供開始|取扱銘柄は合計9銘柄に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す