JPモルガン:ブロックチェーン技術で預託証券をトークン化する特許を出願

by BITTIMES   

JPモルガン・チェース(JPMorgan Chase)は、ブロックチェーン技術を使用してイニシャル・コイン・オファリング(ICO)で発行されるトークンのような"仮想預託証券*(バーチャル預託証券)"を発行する分散型システムに関する特許を今年の1月に申請していたことが明らかになりました。
*預託証券:海外企業が自国で発行した株式を他の国で流通させるために、それらの株式を信託銀行などに預け、その代替として発行される証券

こちらから読む:ブロックチェーンとは?仕組みをわかりやすく解説【図解あり】

米国特許商標庁(USPTO)が19日に公表したJPモルガンの特許出願書類には、ブロックチェーンなどの分散型ネットワーク上のユーザーが持つ資産をトークンに変換する事によって、それらを"仮想預託証券"として取引することができる方法についての説明が記されています。

JPモルガンが出願した新しい特許は、株式市場の資産をトークンのような"仮想預託証券"に変換することを可能にします。

この"仮想預託証券"は、ICOで発行されるトークンと同じように取引を行ったり償還したりすることができ、ICOで発行されるトークンと同じように"有価証券"として扱われます。この特許ではトークンが「ブロックチェーンベースの分散型元帳」に存在することが明示されています。

ブロックチェーン上で管理されるこの"仮想預託証券"は、本質的には米国証券取引委員会(SEC)やその他の証券監督当局の権限の下で規制されるセキュリティトークンになり得ます。もしもセキュリティトークンに分類された場合は、それらの仮想預託証券はどこでどのように取引されるかが必然的に制限される事になります。

このJPモルガンによって出願された特許は、企業が新規株式公開(IPO)を継続して行えるようにするものでもあるため、企業がこれを認めるのか、それともこのようなトークンの配布を"ICO"と呼ぶのかについては疑問が残ります。

JPモルガンは今年の5月に暗号資産戦略部門を創設したことを発表しており、この部門のトップを同社でFintech(フィンテック)などのプロジェクトを率いてきたOliver Harris(オリバー・ハリス)氏に任せる事を決定しています。

JPモルガンに関するその他の記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

代替インターネット展開する「tomiNet」4000万ドルの資金調達|仮想通貨TOMIも価格急騰

代替インターネット展開する「tomiNet」4000万ドルの資金調達|仮想通貨TOMIも価格急騰

HashGames:牧場育成シミュレーションゲーム「サンシャイン牧場」のNFT版リリースへ

HashGames:牧場育成シミュレーションゲーム「サンシャイン牧場」のNFT版リリースへ

Tesla(テスラ)のEV急速充電所で「ドージコイン決済」が可能に?

Tesla(テスラ)のEV急速充電所で「ドージコイン決済」が可能に?

ビットコイン宝くじの「Crypto Millions Lotto」プレミアリーグのサッカークラブと提携

ビットコイン宝くじの「Crypto Millions Lotto」プレミアリーグのサッカークラブと提携

商用ブロックチェーン向け「不正検知システム」を共同開発:ニチガス×Basset

商用ブロックチェーン向け「不正検知システム」を共同開発:ニチガス×Basset

仮想通貨の将来には大きな可能性「インターネットバブル」から見る市場の共通点

仮想通貨の将来には大きな可能性「インターネットバブル」から見る市場の共通点

注目度の高い仮想通貨ニュース

マルチチェーン対応ウォレット「Magic Eden Wallet」一般公開|SOL・BTC・ETH・Polygonに対応

マルチチェーン対応ウォレット「Magic Eden Wallet」一般公開|SOL・BTC・ETH・Polygonに対応

イーサリアムL2のStarknet「STRKトークンの無料配布」実施へ|対象者・条件・請求開始日

イーサリアムL2のStarknet「STRKトークンの無料配布」実施へ|対象者・条件・請求開始日

エアドロップに焦点を当てた新しいミームコイン「SMOG」がSOLでフェアローンチ、開始1時間で1,400%の急騰

エアドロップに焦点を当てた新しいミームコイン「SMOG」がSOLでフェアローンチ、開始1時間で1,400%の急騰

注目の新たな仮想通貨:ビットボットの成長が期待される理由

注目の新たな仮想通貨:ビットボットの成長が期待される理由

Jasmyの新たな技術活用報告|クラウド勤怠管理システム「勤労の獅子」と連携開始

Jasmyの新たな技術活用報告|クラウド勤怠管理システム「勤労の獅子」と連携開始

Twitter創業者も支援する分散型SNS「Bluesky」ついに一般公開|仮想通貨関係者も支持

Twitter創業者も支援する分散型SNS「Bluesky」ついに一般公開|仮想通貨関係者も支持

シバイヌ(SHIB)提携のK9 Finance「DAO憲章」を発表|内容の日本語訳も

シバイヌ(SHIB)提携のK9 Finance「DAO憲章」を発表|内容の日本語訳も

Bitcoin MinetrixのクラウドマイニングとBitcoinの半減期がプロジェクトへもたらす恩恵

Bitcoin MinetrixのクラウドマイニングとBitcoinの半減期がプロジェクトへもたらす恩恵

Astar Network:韓国の「DeSpread」と業務提携|東アジア主導でWeb3の普及推進

Astar Network:韓国の「DeSpread」と業務提携|東アジア主導でWeb3の普及推進

名作FPSゲームを「DOGE」に刻む|DoginalsでDOOM無料版がプレイ可能に

名作FPSゲームを「DOGE」に刻む|DoginalsでDOOM無料版がプレイ可能に

Cardano(ADA)が新バージョンをリリース、Render(RNDR)が2023年第4四半期レポートを発表、Pullix(PLX)に1万5000人のユーザー登録

Cardano(ADA)が新バージョンをリリース、Render(RNDR)が2023年第4四半期レポートを発表、Pullix(PLX)に1万5000人のユーザー登録

シバイヌ(SHIB)DeFiプラットフォーム「K9 Finance」とパートナーシップ締結

シバイヌ(SHIB)DeFiプラットフォーム「K9 Finance」とパートナーシップ締結

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す