コスタリカ:仮想通貨は「準紙幣」給与の一部支払いが可能に

by BITTIMES

コスタリカでは、労働者に支給する給料の一部を仮想通貨で支払うことが認められています。ビットコイン(BTC)などの暗号通貨を「準紙幣」として認めている同国は「BitcoinATM」の普及も進んでいることなどもあり、世界中の新興国の先駆けとなる可能性を秘めています。

こちらから読む:ビットコインとは何か?「初心者にもわかりやすく簡単に説明」

仮想通貨は「準紙幣」

コスタリカでは最近法律が改正されたことによって、法で定められている最低賃金が同国の法定通貨であるコロン(CRC)で正しく支払われている場合には、残りの給料をお金以外のもので支払うことが許されています。

この法律では、支払い手段として利用できるだけの流動性を持っていて、"価値の保存"として利用することができる「準紙幣」であれば、たとえそれが法定通貨でなかった場合でも給料の一部を支払うためのものとして使用することが認められています。

仮想通貨を給料の支払い方法として明示している法律はないものの、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨はこれらの「準紙幣」に該当する条件を満たしているため、支払われる仮想通貨の価値が法定通貨での賃金額に等しい場合には"完全に合法"として認められます。

中央アメリカの大手法律事務所に勤務している弁護士Rolando Perlaza(ローランド・パーラザ)氏は、仮想通貨で給料の一部を支払うことが新しい流行になりつつあると説明しています。

仮想通貨が法定通貨の代わりになるということはありえません。ですが、コスタリカでは給料の一部を法定通貨で受け取ることもできるため、労働の対価として仮想通貨を受け取りたい人々にとっては、労働する上での大きなモチベーションとなるでしょう。

ローランド氏はこの結論として、"コスタリカの労働者は法律によって保護されている"と結論づけています。

ビットコイン(BTC)需要の高まり

ビットコイン(BTC)の需要はコスタリカでも高まっています。
コスタリカの中央銀行(CBCR)は「デジタル通貨に関連する取引に起因するいかなる問題や危険に対しても責任を負わない」と述べており、仮想通貨に対して厳しい姿勢を見せていますが、それにも関わらずビットコインはコスタリカ国内で確実に普及してきており、生活の一部として浸透しつつあります。

コスタリカの首都であるサンホセでは、すでに複数のビットコインATMが設置されており、企業や店舗でも実際に仮想通貨決済の受け入れるお店が増えてきています。

同国で仮想通貨のマイニング(採掘)事業を手がけている「SH Mining Technologies」の創始者Daniel Yepez(ダニエル・イェーツ)氏は「今後はコスタリカに仮想通貨が根付いていく」という予想を語っています。

マイニングの問題点としては大量の電力を消費することが挙げられますが、コスタリカでは100%再生可能エネルギーを使ったマイニングを行うことができます。私たちの工場では太陽光と風力を活用しています。再生可能エネルギーを活用することは、我々の収益性がアップするだけでなく環境にも優しいため、これからのビジネスに欠かせないコンセプトです。

コスタリカでのこのような事例は、今後その他の新興国に大きな影響を与える可能性を秘めています。2015年の末頃にアメリカの連邦準備制度理事会(FRB)が利上げを実施したことによって、ここ最近では複数の新興国から多くの資本が流出しており、法定通貨の価格が下落しています。このような状況は今後も続く可能性が高いとみられているため、それらの新興国がコスタリカのように仮想通貨を活用していく動きに移行していくことも考えられます。

ビットコイン(BTC)などの購入は仮想通貨の積立サービスも提供している Zaif(ザイフ)からどうぞ。

仮想通貨取引所 Zaif の画像 仮想通貨の積立もできる取引所Zaifはこちら

「Zaifコイン積立」の詳しい解説はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンフレンドリーなヨーロッパ諸国ランキング|1位はスイスに

ブロックチェーンフレンドリーなヨーロッパ諸国ランキング|1位はスイスに

ナスダックCEOは仮想通貨取引所への参入も検討

ナスダックCEOは仮想通貨取引所への参入も検討

仮想通貨の将来は政府次第、現時点では「宝くじ」のような存在:元IMF経済学者

仮想通貨の将来は政府次第、現時点では「宝くじ」のような存在:元IMF経済学者

韓国の仮想通貨取引所Bithumbがキオスク事業に進出

韓国の仮想通貨取引所Bithumbがキオスク事業に進出

仮想通貨市場への影響は?アメリカ政府機関の閉鎖「3週間」解除へ

仮想通貨市場への影響は?アメリカ政府機関の閉鎖「3週間」解除へ

南アフリカ警察は約3万人が関与する仮想通貨投資詐欺を調査

南アフリカ警察は約3万人が関与する仮想通貨投資詐欺を調査

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン技術で「行政の透明性」を強化|提案評価システムに適用:韓国

ブロックチェーン技術で「行政の透明性」を強化|提案評価システムに適用:韓国

米SEC:CBOEのビットコインETF「申請取り下げ」を報告|政府機関の閉鎖が影響

米SEC:CBOEのビットコインETF「申請取り下げ」を報告|政府機関の閉鎖が影響

Levi's:ブロックチェーンベースの「労働安全衛生マネジメントシステム」導入へ

Levi's:ブロックチェーンベースの「労働安全衛生マネジメントシステム」導入へ

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

仮想通貨取引所Bitrue:リップル(XRP)基軸市場に「4つのペア」を追加

仮想通貨取引所Bitrue:リップル(XRP)基軸市場に「4つのペア」を追加

エストニアの仮想通貨取引所「Kriptomat」リップル(XRP)の取り扱い開始

エストニアの仮想通貨取引所「Kriptomat」リップル(XRP)の取り扱い開始

SAMSUNG:新型スマホに「仮想通貨ウォレット搭載」の可能性|実機画像がリーク

SAMSUNG:新型スマホに「仮想通貨ウォレット搭載」の可能性|実機画像がリーク

スペインの港湾局:IBMとMaerskのブロックチェーン・プラットフォームに参加

スペインの港湾局:IBMとMaerskのブロックチェーン・プラットフォームに参加

Facebook:ブロックチェーン企業「Chainspace」を買収|研究チームをさらに強化

Facebook:ブロックチェーン企業「Chainspace」を買収|研究チームをさらに強化

リップル(XRP)など4銘柄の「現物・レバレッジ取引」開始:GMOコイン

リップル(XRP)など4銘柄の「現物・レバレッジ取引」開始:GMOコイン

【米国銀行初】JPモルガン:独自の仮想通貨「JPMコイン」発行|企業間の即時決済を実現

【米国銀行初】JPモルガン:独自の仮想通貨「JPMコイン」発行|企業間の即時決済を実現

ラガービールの製品情報をブロックチェーンで管理「Bock Chain」販売開始:カナダ

ラガービールの製品情報をブロックチェーンで管理「Bock Chain」販売開始:カナダ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

人気のタグから探す