ビットコイン(BTC)が今後も上昇する7つ理由|価格予測

by BITTIMES   

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格予測で有名なファンドストラット社のトム・リー氏は、ビットコインの価格は年末までに2万5000ドル(約268万円)に達するという強気な予測を発表しました。予測の理由として彼が語っている内容はとても興味深い内容となっています。

4月12日に、ニューヨーク市のマーケット・テクニシャンとテクニカル・アナリストの集まりであるCMTシンポジウムに出席したリー氏は、基礎的・技術的分析、人口統計学的研究、未来的予測を組み合わせて論文を書いています。

リー氏は、ビットコインなどの仮想通貨が今後も上昇することを決定づける要因を次のように示しています。

デジタル経済ブーム

私たちはデジタル化された世界に住んでいます。過去20年間に渡って技術革新が経済成長のシェアを担っています。それは今後も増えるでしょう。

リー氏によると、10年前は60兆ドルだった世界経済は現在80兆ドルに達しており、その成長の50%はデジタル経済に由来しているとのことです。
また、X世代(1960年代〜1970年代に生まれた世代)とミレニアル世代(1980年代〜2000年代に生まれた世代)の約70%がデジタルバンキングを利用していることも強調してします。

信頼は低下している

デジタルブームは安全保障上の問題をもたらしました。Equifax、Target、Visaなどの企業における違反の間に、20億人の顧客情報がハッキングされています。

これに対して仮想通貨は、さまざまな信頼の問題に対処しています。
政府への信頼が比較的低い国々は、ビットコイン(BTC)が実際に繁栄している国であるという事実が明確な相関関係を示しています。

ミレニアル世代はあらゆる要因を備えている

ミレニアル世代の人々はトレンドに従っているわけではありませんが、暗号化された新しい貨幣に投資するための準備が整っていることを表す、さまざまな要因を備えています。

出生総数と充実した教育環境

ミレニアル世代は出生総数で歴史的に最大の世代であり、その数は9580万人にも登ります。
この世代は早い時期から教育を受けており、72%が大学に入学しています。高等教育はより多くの収入を得るための教育を行なっています。

これは、仮想通貨を支えるブロックチェーン技術などの基本的な仕組みを理解する可能性が非常に高いことを意味します。

そして彼らは、実際に仮想通貨を保有することを熱望しています。

Harrisの調査によると、ミレニアル世代で仮想通貨を保有しているのはわずか4%となっていますが、30%は債券よりも仮想通貨を好んでいることが明らかになっています。

一般化した革新的なツール

彼らは、仮想通貨投資に役立つ便利なツールを持っています。

Robinhoodのような投資アプリは、仮想通貨の提供によって大きな牽引力を得ています。このアプリには400万人のユーザーがおり、そのうち25%はビットコインや他の暗号通貨に投資しています。Robinhoodはちょうど1年前に仮想通貨投資プラットフォームを開始しました。

OldはGoldですが、NewはCryptoです

Y世代(1980年代〜1990年代に生まれた世代)は、信頼の高い投資であることが証明された「金(Gold)」を購入しました。
しかしそれ以降の価値は証明されていません。彼らは金などの資産を子孫に遺していますが、その子供たちが両親や祖父母のように金を価値あるものにするかどうかは不明です。

2008年以来のビットコイン(BTC)の存続可能性は顕著であり、若い世代のピックアップは、それが価値のあるストアではないにもかかわらず、彼らが好む早期の兆候を示しています。

地理的多様性

アジアを見てください。技術革新の多くは東から来ています。ビデオゲーム、モバイル、アニメーションを見てください。日本では、男性の14%が何らかの形で仮想通貨を保有しています。韓国では、市民の23%が何らかの形で仮想通貨に関与しています。他の地域でも暗号通貨が人気を集めています。

(引用:investopedia.com

ビットコインの購入方法

ビットコイン(BTC)を長期的に賢く保有するなら、Zaifコイン積立がおすすめです。

仮想通貨は積み立て投資がおすすめ

仮想通貨取引所 Zaif の画像ビットコインの積立もできる仮想通貨取引所Zaifはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年1月26日〜2月1日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年1月26日〜2月1日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月18日〜24日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月18日〜24日

「Twitterは独自通貨を発行しない」ジャック・ドーシーCEOが断言

「Twitterは独自通貨を発行しない」ジャック・ドーシーCEOが断言

Google:BCH・ETH・LTCを仮想通貨レート換算リストに追加

Google:BCH・ETH・LTCを仮想通貨レート換算リストに追加

Chainalysis:政府が押収した暗号資産の「換金・保管・監視」支援サービス提供開始

Chainalysis:政府が押収した暗号資産の「換金・保管・監視」支援サービス提供開始

ビットコインとイーサリアムは有価証券ではない|米国証券取引委員会(SEC)

ビットコインとイーサリアムは有価証券ではない|米国証券取引委員会(SEC)

注目度の高い仮想通貨ニュース

Ripple社に対する米SECの訴訟「2021年2月22日」に審理前会議開催へ

Ripple社に対する米SECの訴訟「2021年2月22日」に審理前会議開催へ

ブロックチェーン・AIで「自動車部品の供給」効率化へ:Hyundai Mobis

ブロックチェーン・AIで「自動車部品の供給」効率化へ:Hyundai Mobis

セルビア共和国「暗号資産の取引・発行・マイニング」を合法化|デジタル資産法を発効

セルビア共和国「暗号資産の取引・発行・マイニング」を合法化|デジタル資産法を発効

LINE:5,000円分のLINKリワードがもらえる「LINEクレカ入会キャンペーン」開始

LINE:5,000円分のLINKリワードがもらえる「LINEクレカ入会キャンペーン」開始

【重要】Liquid:本人確認書類など「28,000件流出」の可能性|ユーザーからの批判殺到

【重要】Liquid:本人確認書類など「28,000件流出」の可能性|ユーザーからの批判殺到

Huobi Global「ロシアルーブル(RUB)の入出金」をサポート|AdvCashと提携

Huobi Global「ロシアルーブル(RUB)の入出金」をサポート|AdvCashと提携

暗号資産取引所「CoinBest(コインベスト)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinBest(コインベスト)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

GMOコイン:つみたて暗号資産に「テゾス(Tezos/XTZ)」追加

GMOコイン:つみたて暗号資産に「テゾス(Tezos/XTZ)」追加

COINAGE「ビットコイン入出庫サービス」開始|スプレッド最大80%OFFキャンペーンも

COINAGE「ビットコイン入出庫サービス」開始|スプレッド最大80%OFFキャンペーンも

ロシアの暗号資産取引所ライブコイン:ハッキング受け「事業閉鎖」を発表

ロシアの暗号資産取引所ライブコイン:ハッキング受け「事業閉鎖」を発表

Ripple社「米SECの訴訟問題」で声明|米国含む世界中での運用・サポートを継続

Ripple社「米SECの訴訟問題」で声明|米国含む世界中での運用・サポートを継続

GMOコイン:沖縄のサッカークラブ「FC琉球」の2021シーズンオフィシャルパートナーに

GMOコイン:沖縄のサッカークラブ「FC琉球」の2021シーズンオフィシャルパートナーに

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す