ブロックチェーンで暴動のない大統領選の実現へ|ケニア選挙管理委員会(IEBC)

by BITTIMES   

ケニア独立選挙・区割委員会(IEBC)は、ブロックチェーン(Blockchain)を利用してリアルタイムで投票結果を確認することもできる選挙改革を進めています。大統領選に関連する暴動で大勢の死者を出した歴史を持つケニアでは、この新しい『電子投票システム』に強い期待が高まっています。

こちらから読む:選挙投票に透明性と安全性をもたらすブロックチェーンの仕組みから

ケニアの選挙問題

riot

ケニア独立選挙・区割委員会(IEBC)の議長であるWafula Chebukati(ワフラ・チェブカティ)氏は、この技術は2007年と2017年の選挙時に起きた悲劇を繰り返さないために使用されると説明しています。

ケニアでは2007年の選挙後に与野党の支持者たちによる大規模な暴動が発生しており、1,100人以上の死亡者が出るという悲惨な結果を招いた歴史を抱えています。また2017年の大統領選挙では、選挙前に選挙管理委員会の幹部が殺害されるという事件も発生しました。

昨年行われたこの選挙では、最終的に最高裁が『各陣営の開票立会人の署名がない集計結果用紙が多数見つかるなど、投開票時の手続きに不備があった』と指摘し、大統領選の結果が正式に覆されるというアフリカで初めての事態を招いています。

2017年の選挙は2007年ほどの悲惨な結果にはなっていませんが、元々当選したとされていた側の陣営が『選挙管理委員会のサーバーをハッキングして投票結果を改ざんした』などと主張したことによって、政党の支持者たちの抗議に発展し、最終的には首都ナイロビのスラム街などで警官隊と衝突することになった結果、少なくとも24人が死亡したと伝えられています。

このような現状を受けたIEBCは、すべての人々が選挙結果を受け入れることができるようにするために透明性の高い新しい投票方法を導入することを検討しています。

「シリコン・サバンナ」ブロックチェーン活用へ

silicon-savannah

ケニアは東アフリカのシリコンバレーとも言われており、別名『シリコン・サバンナ』としても知られています。

同国はデジタル決済の分野において世界をリードするほどの急速な成長を遂げた国でもあり、テクノロジーの分野において注目を集めています。

ケニアのブロックチェーン協会(Blockchain Association of Kenya)は、国の深刻な選挙問題を解決するためにブロックチェーン技術を使用することを長い間主張してきました。

2017年の大統領選挙の後にIEBCは、ブロックチェーン技術と分散型台帳技術を採用することができる選挙改革を進めています。

IEBCは声明の中で、委員会のタスクフォースによって法改正のプロセスを導くために提唱された「優先分野」の一環として、ブロックチェーン技術の使用を挙げています。これにより、選挙における投票プロセスに透明性をもたらし、不正行為が行われる可能性もほとんどありません。

またケニアではこの他にも『土地登録』にブロックチェーン技術を導入することを計画しています。ブロックチェーン上でデータを記録することによって、一部の役人が賄賂と引き換えにそれらの情報に詐欺的な変更を加えるのを防ぐことができます。

ブロックチェーン投票システムの普及

sennkyo

ブロックチェーン技術で選挙の不正行為をなくそうとする試みはすでに複数の国で行われています。
アメリカロシアの一部の地域でもブロックチェーン技術を活用した『電子投票システム』のテストが始まっており、ウクライナでは仮想通貨ネム(NEM/XEM)の技術を用いた実証実験が行われています。

2018年に入り積極的に研究が進められているブロックチェーンでの選挙投票は今後世界中でさらに導入に向けた取り組みが進められていくことになると予想されます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

カルダノ(ADA)Shelleyテストネットの「第1段階」を完了|ステーキングに関する続報も

カルダノ(ADA)Shelleyテストネットの「第1段階」を完了|ステーキングに関する続報も

Techtec:世界有数の分散型金融(DeFi)プロジェクト「MakerDAO」との協業を開始

Techtec:世界有数の分散型金融(DeFi)プロジェクト「MakerDAO」との協業を開始

プライベートチェーンとは?ブロックチェーンの大まかな分類を説明

プライベートチェーンとは?ブロックチェーンの大まかな分類を説明

Libra:商標権侵害で「訴訟問題」に発展|VISA・Mastercard脱退など逆風続く

Libra:商標権侵害で「訴訟問題」に発展|VISA・Mastercard脱退など逆風続く

全国初!ブロックチェーンを使った投票システムを導入|茨城県つくば市

全国初!ブロックチェーンを使った投票システムを導入|茨城県つくば市

著名投資家Tim Draper:ブロックチェーンは「世界最大の産業」を大きく変革する

著名投資家Tim Draper:ブロックチェーンは「世界最大の産業」を大きく変革する

注目度の高い仮想通貨ニュース

Socios:eスポーツチーム「OG」初のファン投票受付開始

Socios:eスポーツチーム「OG」初のファン投票受付開始

仮想通貨を「金融商品」として認めるガイドライン公開:ドイツ規制当局

仮想通貨を「金融商品」として認めるガイドライン公開:ドイツ規制当局

仮想通貨、決済手段としての使用率は「1%未満」オーストラリア中央銀行が報告

仮想通貨、決済手段としての使用率は「1%未満」オーストラリア中央銀行が報告

著名R&B歌手の仮想通貨「Akoin」ホワイトペーパー公開|IEOなどの情報も

著名R&B歌手の仮想通貨「Akoin」ホワイトペーパー公開|IEOなどの情報も

【要注意】Ledger Liveの「偽Chrome拡張機能」見つかる

【要注意】Ledger Liveの「偽Chrome拡張機能」見つかる

Chiliz&Socios:スポーツテクノロジーアワードの「最終候補」に選出

Chiliz&Socios:スポーツテクノロジーアワードの「最終候補」に選出

コインチェック「Symbol/XYM」への対応方針を発表

コインチェック「Symbol/XYM」への対応方針を発表

投資家は未だ「強気姿勢」ビットコイン=60万円は価格モデルの範囲内

投資家は未だ「強気姿勢」ビットコイン=60万円は価格モデルの範囲内

日本STO協会に「東海東京証券株式会社」が参加

日本STO協会に「東海東京証券株式会社」が参加

中央銀行の仮想通貨禁止命令は「憲法違反」インド最高裁判所

中央銀行の仮想通貨禁止命令は「憲法違反」インド最高裁判所

MyEtherWallet:新たなスマホ向けアプリ「MEW Wallet」公開

MyEtherWallet:新たなスマホ向けアプリ「MEW Wallet」公開

仮想通貨取引所「Zaif」新規口座開設の受付再開

仮想通貨取引所「Zaif」新規口座開設の受付再開

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】NEW

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す