ブロックチェーンで拡大するイタリアの小売業界ネットワーク|qiibee × Confimprese

by BITTIMES

ブロックチェーン(Blockchain)スタートアップ企業である「qiibee」は、イタリアの総商業収益の16%を占めるほどの数多くの企業が所属する小売業者協会「Confimprese」と協力して、会員ブランドにロイヤルティプラットフォームを提供しています。この協力関係が今後さらに拡大することによって、今後はさらに多くの大手ブランドで仮想通貨(Cryptocurrency)を用いた機能性の高いポイント制度を利用できるようになることが期待されます。

こちらから読む:大手ブランドを繋ぐブロックチェーン技術|基本的な仕組みから学ぶ

qiibeeとは

qiibee-logo

「qiibee」は、ロイヤルティ(*1)プラットフォームと開発者インターフェイスを提供するブロックチェーン企業です。
(*1)ロイヤルティ:特定の権利を利用する利用者が、その権利を所有している企業や人に支払う対価のこと

すべてのロイヤルティアプリケーションをトークン化することができるサービスを提供している「qiibee」は、2016年の発売以降、およそ900社にも上る国内外の様々な国際ブランドを取り入れており、スイスには10万人以上のユーザーを抱えています。

Confimpreseとは

Confimprese-logo

1999年に設立された小売業者協会である「Confimprese」は、フランチャイズモデルの企業とダイレクトネットワークを持つ近代的な貿易会社で構成されているイタリアの主要な小売協会です

「Confimprese」は、イタリア国内や国外での開発を支援することによって、メンバー企業の利益を保護することを目的としており、制度的関係、国際化、ネットワーキング、小売サービスの支援などを提供することによってこの目的を実現しています。

同協会は、すでに成功しているイタリアブランドのネットワークであり、さまざまなサービスをサポートしています。300以上もの商業ブランドを有している同協会は、30,000点以上の販売数を誇っており、60万人の事業者で構成されています。

同協会のメンバーには、
・ケンタッキーフライドチキン(KFC)
・コーヒーメーカーの「Lavazza」
・イタリア最大の出版社「Mondadori」
などの大手企業も含まれており、この大規模なネットワークを活用することで、同協会はイタリアの総商業収益の16%を占めています。

拡大するブロックチェーンネットワーク

blockchain-world

「Confluence」は、「qiibee」とのパートナーシップを結んだことによって、巨額の先行投資を行うことなくブロックチェーン技術の活用に取り組むことができます。これにより同協会の大規模なメンバーは、コストを最小限に抑えながら、「qiibee」のロイヤリティプログラムに参加することができます。

2018年8月31日時点の情報では、「qiibee」のロイヤルティ・プラットフォームは、すでに300人ほどの会員に提供されているとのことです。

「qiibee」の共同設立者兼CEOであるGabriele Giancola(ガブリエル・ジャンコラ)氏は、「qiibeeのプロトコルは、ブロックチェーン技術を使用してセキュリティを強化するだけでなく、顧客がロイヤリティトークンをその他の仮想通貨や決済手段としても利用できるようにするためのものであり、顧客は『qiibee』エコシステムの中で、ロイヤルティプログラムとトークンを常に完全にコントロールし、透明性を保つことができる」と説明しています。

このプログラムに参加する企業が今後さらに増加することによって、仮想通貨を用いた報酬プログラムはより幅広いブランドで提供されることになるだけでなく、多くの利用機会を得ることができます。イタリアで拡大するブロックチェーン・ネットワークの今後の進展にも注目です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

「2020年東京オリンピック」におけるブロックチェーン活用方法を模索:国際検査機関(ITA)

「2020年東京オリンピック」におけるブロックチェーン活用方法を模索:国際検査機関(ITA)

サトシ・ナカモトの正体「突き止めるのは簡単だ」ジョン・マカフィー氏が発言

サトシ・ナカモトの正体「突き止めるのは簡単だ」ジョン・マカフィー氏が発言

ビットコイン流通量の60%は「長期投資目的」残りの40%は?=Chainalysis調査報告

ビットコイン流通量の60%は「長期投資目的」残りの40%は?=Chainalysis調査報告

マクドナルド:MacCoin(マックコイン)を配布|ビックマック50周年記念

マクドナルド:MacCoin(マックコイン)を配布|ビックマック50周年記念

Binance Research「Libraは決済業界に革命をもたらす可能性」SpaceX社と比較

Binance Research「Libraは決済業界に革命をもたらす可能性」SpaceX社と比較

ブラジル中央銀行総裁「CBDC発行に必要な条件、2022年には整う可能性」

ブラジル中央銀行総裁「CBDC発行に必要な条件、2022年には整う可能性」

注目度の高い仮想通貨ニュース

BitMEX CEO「アーサー・ヘイズ氏」退任へ|運営会社の経営陣に複数の変更

BitMEX CEO「アーサー・ヘイズ氏」退任へ|運営会社の経営陣に複数の変更

カルダノ財団:元PwCデジタル金融サービス部門責任者「Frederik Gregaard氏」をCEOに任命

カルダノ財団:元PwCデジタル金融サービス部門責任者「Frederik Gregaard氏」をCEOに任命

eSports大会×トークンエコノミー×勝敗予想プロジェクト「iXA CUP」登場:FiNANCiE

eSports大会×トークンエコノミー×勝敗予想プロジェクト「iXA CUP」登場:FiNANCiE

逮捕されたマカフィー氏、スペインの刑務所から「メッセージ」発信

逮捕されたマカフィー氏、スペインの刑務所から「メッセージ」発信

暗号資産取引所「KuCoin」大規模な出金を検出|複数銘柄でハッキング被害か

暗号資産取引所「KuCoin」大規模な出金を検出|複数銘柄でハッキング被害か

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年9月20日〜26日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年9月20日〜26日

指紋認証機能付きハードウェアウォレット「Wallet S1」公開:暗号資産取引所Gate.io

指紋認証機能付きハードウェアウォレット「Wallet S1」公開:暗号資産取引所Gate.io

カルダノ(Cardano/ADA)GitHub開発活動ランキングで引き続き「1位」獲得

カルダノ(Cardano/ADA)GitHub開発活動ランキングで引き続き「1位」獲得

Symbol:メインネット公開時「少なくとも2つのプロジェクト」で技術活用

Symbol:メインネット公開時「少なくとも2つのプロジェクト」で技術活用

暗号資産取引所「Liquid(リキッド)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Liquid(リキッド)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ブロックチェーン・仮想通貨を用いたベーシックインカムアプリ「Circles」公開

ブロックチェーン・仮想通貨を用いたベーシックインカムアプリ「Circles」公開

暗号資産取引所で「ファイルコイン(FIL)上場発表」続く|Kraken・Geminiなど4社

暗号資産取引所で「ファイルコイン(FIL)上場発表」続く|Kraken・Geminiなど4社

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す