仮想通貨の利用者は「今後5年間で10億人」に達する|Brian Armstrong

by BITTIMES

仮想通貨取引所Coinbase(コインベース)のCEOであるBrian Armstrong(ブライアン・アームストロング)氏は、TechCrunchとのインタビューの中で企業と暗号通貨(Cryptocurrency)の将来に関する彼のビジョンについて詳しく説明し、これらの生態系に参加する人の数は『今後5年間で10億人を超える』と語りました。

こちらから読む:Brian Armstrong氏の率いる仮想通貨取引所Coinbaseとは?

Coinbaseは将来のニューヨーク証券取引所

Coinbase

アームストロング氏は将来、Coinbaseがニューヨーク証券取引所(NYSE)のような立ち位置で機能し、今よりもさらに多くのアルトコインを取り扱い、企業が独自トークンを作成するための基準になっていると考えています。

キャップテーブル(*1)を持っている企業は誰でも自分のトークンを持っているはずです。

すべてのオープンソースプロジェクト、慈善団体、ファンドや、そのような新しいタイプの分散型組織やアプリは独自のトークンを持っているでしょう。

私たちはこれから市場に参加する世界中の人々の橋渡しをしたいと思っています。彼らは従来のお金を使って、それらの異なる仮想通貨を購入することができます。

(*1)キャップテーブル(Capitalization table):会社の株主の所有者を追跡する元帳

Coinbaseは、近い将来には何百ものトークンを取り扱い、さらにその後には何百万ものトークンをサポートしている未来を見据えています。現時点では5つの通貨しかサポートされていないものの、新しい仮想通貨を追加するにつれてさらにその成長は加速し、最終的にはNYSEのような金融機関よりもさらに大きくなっている可能性があります。

セキュリティトークンの取引も

ICO-token

アームストロング氏の描くビジョンを実現するための重要な要素の一つとなるのが仮想通貨関連の規制となります。仮想通貨に関する明確な規制の欠如は米国企業の成長を妨げる障害となっています。

アームストロング氏は、多くのトークンが有価証券に分類されることになると考えています。
同士は、『Coinbaseが"最も信頼できる使いやすい取引所"としてサービスを提供しているため、証券に分類されたそれらのトークン(セキュリティトークン)を取引することができる法的に認められた取引所になりたい』と語りました。

仮想通貨×Web 3.0

network

さらに同氏はインターネットの比較についても語り、
Web 1.0は「情報の公開」
Web 2.0は「対話」
Web 3.0は「価値の移転」
に関するものであると説明し、『ウェブ上には価値を移動するためのネイティブ通貨がすでに存在しているため、インターネット上でこれらのグローバル経済に即座にアクセスできるアプリケーションを構築することが可能だ』と語りました。

今後の仮想通貨の国際的な受け入れについて尋ねられたアームストロング氏は、仮想通貨の経済圏に関わるの人の数は、現在約4,000万人の人口が『今後5年間で10億人に達する』と述べています。

ブロックチェーンと仮想通貨の普及

crypto

仮想通貨の価格はピーク時に比べると大きく下落していますが、仮想通貨やブロックチェーン技術の認知度はここ数年で急速に高まってきており、実際に利用できる店舗やサービスなども圧倒的に増加してきています。

また、仮想通貨ATMの設置台数も順調に増加してきているため、実生活で本格的に利用できる"グローバル通貨"として機能するための準備はどんどんと整ってきています。

現在の仮想通貨市場では、それぞれの通貨の価格ばかりが注目される傾向にありますが、仮想通貨の価格が"一般的"な金額に近づいたことによって、より多くの企業や個人が参加できるようにもなってきているため、今後も世界は"新しいお金"を受け入れる方向へと進んでいくと考えられます。

これまでにも数多くの仮想通貨投資家が述べているように、今後さらに規制などの環境が整い、実生活で実際に利用できる状況が完成すれば、アームストロング氏の言うように仮想通貨市場は10億人が関わるほどの大規模な市場へと成長する可能性は十分あると言えるでしょう。

ビットコイン(BTC)などの仮想通貨の購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Cardano開発企業:2020年は「教育活動」に注力|教材・講義・学習コースなど展開へ

Cardano開発企業:2020年は「教育活動」に注力|教材・講義・学習コースなど展開へ

ジンバブエ中央銀行が仮想通貨のあらゆる取引を禁止|批判の声も

ジンバブエ中央銀行が仮想通貨のあらゆる取引を禁止|批判の声も

フランス:中央銀行デジタル通貨「デジタルユーロ」のテストに成功

フランス:中央銀行デジタル通貨「デジタルユーロ」のテストに成功

コインチェック:リップル(XRP)とファクトム(FCT)の「入金・購入」を再開

コインチェック:リップル(XRP)とファクトム(FCT)の「入金・購入」を再開

ビットコイン(BTC)の価値は「信頼」によって保たれる|Edward Snowden

ビットコイン(BTC)の価値は「信頼」によって保たれる|Edward Snowden

韓国大手芸能事務所「SM Entertainment」独自の仮想通貨・ブロックチェーン開発を計画

韓国大手芸能事務所「SM Entertainment」独自の仮想通貨・ブロックチェーン開発を計画

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨取引所FXcoin「スマートフォン向けアプリ」公開【Android・iOS対応】

仮想通貨取引所FXcoin「スマートフォン向けアプリ」公開【Android・iOS対応】

取引所からのビットコイン出金が急増|3月の暴落後に「310,000BTC以上」が移動

取引所からのビットコイン出金が急増|3月の暴落後に「310,000BTC以上」が移動

電子書籍取次大手「メディアドゥ」ブロックチェーンなどへの投資を加速

電子書籍取次大手「メディアドゥ」ブロックチェーンなどへの投資を加速

ブロックチェーン×マンガの資金調達プラットフォーム「コミカブ」ベータ版公開へ

ブロックチェーン×マンガの資金調達プラットフォーム「コミカブ」ベータ版公開へ

Cardano財団「アンバサダープログラム第2弾」を開始|認定大使にADA報酬を付与

Cardano財団「アンバサダープログラム第2弾」を開始|認定大使にADA報酬を付与

ブロックチェーンで「音楽作品の独創性」を検証・記録|アリババが米国で特許取得

ブロックチェーンで「音楽作品の独創性」を検証・記録|アリババが米国で特許取得

ブロックチェーン分析企業「TokenAnalyst」サービス終了を発表

ブロックチェーン分析企業「TokenAnalyst」サービス終了を発表

Brave「Binanceウィジット」提供開始|ブラウザ上で仮想通貨取引が可能に

Brave「Binanceウィジット」提供開始|ブラウザ上で仮想通貨取引が可能に

スイスのデジタル資産銀行「シグナムバンク」仮想通貨XRPの取扱い開始

スイスのデジタル資産銀行「シグナムバンク」仮想通貨XRPの取扱い開始

食品大手Dole:ブロックチェーン技術、2025年までに「すべての部門」で活用へ

食品大手Dole:ブロックチェーン技術、2025年までに「すべての部門」で活用へ

金融庁:日本仮想通貨交換業協会・日本STO協会を「金融商品取引業協会」として認定

金融庁:日本仮想通貨交換業協会・日本STO協会を「金融商品取引業協会」として認定

Bitmainのマイニングマシン「Antminer S17/T17」で故障報告が増加

Bitmainのマイニングマシン「Antminer S17/T17」で故障報告が増加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す