仮想通貨の利用者は「今後5年間で10億人」に達する|Brian Armstrong

by BITTIMES

仮想通貨取引所Coinbase(コインベース)のCEOであるBrian Armstrong(ブライアン・アームストロング)氏は、TechCrunchとのインタビューの中で企業と暗号通貨(Cryptocurrency)の将来に関する彼のビジョンについて詳しく説明し、これらの生態系に参加する人の数は『今後5年間で10億人を超える』と語りました。

こちらから読む:Brian Armstrong氏の率いる仮想通貨取引所Coinbaseとは?

Coinbaseは将来のニューヨーク証券取引所

Coinbase

アームストロング氏は将来、Coinbaseがニューヨーク証券取引所(NYSE)のような立ち位置で機能し、今よりもさらに多くのアルトコインを取り扱い、企業が独自トークンを作成するための基準になっていると考えています。

キャップテーブル(*1)を持っている企業は誰でも自分のトークンを持っているはずです。

すべてのオープンソースプロジェクト、慈善団体、ファンドや、そのような新しいタイプの分散型組織やアプリは独自のトークンを持っているでしょう。

私たちはこれから市場に参加する世界中の人々の橋渡しをしたいと思っています。彼らは従来のお金を使って、それらの異なる仮想通貨を購入することができます。

(*1)キャップテーブル(Capitalization table):会社の株主の所有者を追跡する元帳

Coinbaseは、近い将来には何百ものトークンを取り扱い、さらにその後には何百万ものトークンをサポートしている未来を見据えています。現時点では5つの通貨しかサポートされていないものの、新しい仮想通貨を追加するにつれてさらにその成長は加速し、最終的にはNYSEのような金融機関よりもさらに大きくなっている可能性があります。

セキュリティトークンの取引も

ICO-token

アームストロング氏の描くビジョンを実現するための重要な要素の一つとなるのが仮想通貨関連の規制となります。仮想通貨に関する明確な規制の欠如は米国企業の成長を妨げる障害となっています。

アームストロング氏は、多くのトークンが有価証券に分類されることになると考えています。
同士は、『Coinbaseが"最も信頼できる使いやすい取引所"としてサービスを提供しているため、証券に分類されたそれらのトークン(セキュリティトークン)を取引することができる法的に認められた取引所になりたい』と語りました。

仮想通貨×Web 3.0

network

さらに同氏はインターネットの比較についても語り、
Web 1.0は「情報の公開」
Web 2.0は「対話」
Web 3.0は「価値の移転」
に関するものであると説明し、『ウェブ上には価値を移動するためのネイティブ通貨がすでに存在しているため、インターネット上でこれらのグローバル経済に即座にアクセスできるアプリケーションを構築することが可能だ』と語りました。

今後の仮想通貨の国際的な受け入れについて尋ねられたアームストロング氏は、仮想通貨の経済圏に関わるの人の数は、現在約4,000万人の人口が『今後5年間で10億人に達する』と述べています。

ブロックチェーンと仮想通貨の普及

crypto

仮想通貨の価格はピーク時に比べると大きく下落していますが、仮想通貨やブロックチェーン技術の認知度はここ数年で急速に高まってきており、実際に利用できる店舗やサービスなども圧倒的に増加してきています。

また、仮想通貨ATMの設置台数も順調に増加してきているため、実生活で本格的に利用できる"グローバル通貨"として機能するための準備はどんどんと整ってきています。

現在の仮想通貨市場では、それぞれの通貨の価格ばかりが注目される傾向にありますが、仮想通貨の価格が"一般的"な金額に近づいたことによって、より多くの企業や個人が参加できるようにもなってきているため、今後も世界は"新しいお金"を受け入れる方向へと進んでいくと考えられます。

これまでにも数多くの仮想通貨投資家が述べているように、今後さらに規制などの環境が整い、実生活で実際に利用できる状況が完成すれば、アームストロング氏の言うように仮想通貨市場は10億人が関わるほどの大規模な市場へと成長する可能性は十分あると言えるでしょう。

ビットコイン(BTC)などの仮想通貨の購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Huobi Japan:取引所の「BTC/JPY取引手数料」を無料化|2022年2月1日から

Huobi Japan:取引所の「BTC/JPY取引手数料」を無料化|2022年2月1日から

NIKE:ブロックチェーン・RFID用いた「サプライチェーン管理」をテスト

NIKE:ブロックチェーン・RFID用いた「サプライチェーン管理」をテスト

BTCやXRPなど5銘柄|イギリスの仮想通貨取引所が「永久先物取引」を開始

BTCやXRPなど5銘柄|イギリスの仮想通貨取引所が「永久先物取引」を開始

EU加盟5カ国:仮想通貨Libraの「排除・阻止」に向け連携|参加企業に対して圧力

EU加盟5カ国:仮想通貨Libraの「排除・阻止」に向け連携|参加企業に対して圧力

ブロックチェーン基盤の「分散型地図」で特許申請:自動車大手GM

ブロックチェーン基盤の「分散型地図」で特許申請:自動車大手GM

詐欺集団PlusToken:イーサリアム「115億円相当」を送金|ETH価格は一時下落

詐欺集団PlusToken:イーサリアム「115億円相当」を送金|ETH価格は一時下落

注目度の高い仮想通貨ニュース

Cardano(ADA)大型アップグレード「Vasil」のメインネット実装完了

Cardano(ADA)大型アップグレード「Vasil」のメインネット実装完了

カルダノ(ADA)が「bitbank」に上場|取引手数料無料キャンペーンも開催

カルダノ(ADA)が「bitbank」に上場|取引手数料無料キャンペーンも開催

SynchroLife「シンクロPAY」をリリース|飲食店のクレカ決済とCRMの統合を実現

SynchroLife「シンクロPAY」をリリース|飲食店のクレカ決済とCRMの統合を実現

BINANCE:Terra Classic(LUNC)の「1.2% Tax Burn」対応方針を発表

BINANCE:Terra Classic(LUNC)の「1.2% Tax Burn」対応方針を発表

イーサリアム(ETH)大型アップグレード「The Merge」を完了|PoSへと移行

イーサリアム(ETH)大型アップグレード「The Merge」を完了|PoSへと移行

カルダノ(ADA)Vasil対応デスクトップウォレット「Daedalus 5.0.0」リリース

カルダノ(ADA)Vasil対応デスクトップウォレット「Daedalus 5.0.0」リリース

ACミラン:Solana基盤のNFTゲーム「Monkey League」と提携

ACミラン:Solana基盤のNFTゲーム「Monkey League」と提携

ビットバンク:現金1,000円がもらえる「はじめてのご入金プログラム」開始

ビットバンク:現金1,000円がもらえる「はじめてのご入金プログラム」開始

Warner Music Group:NFTマーケット大手「OpenSea」と提携

Warner Music Group:NFTマーケット大手「OpenSea」と提携

暗号資産の取引情報、世界各国で共有へ「課税逃れ防止」に向け枠組み構築=日経報道

暗号資産の取引情報、世界各国で共有へ「課税逃れ防止」に向け枠組み構築=日経報道

インフラ保全への貢献で報酬付与「TEKKON」iOS版アプリ公開

インフラ保全への貢献で報酬付与「TEKKON」iOS版アプリ公開

Chiliz&Socios:2年連続で「バロンドール」の公式パートナーに

Chiliz&Socios:2年連続で「バロンドール」の公式パートナーに

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す