2020年には「1億円」ビットコインは一番送金に適している:ジョン・マカフィー

by BITTIMES   

仮想通貨(Cryptocurrency)に長い間携わってきた経験や、セキュリティ専門家としての知見などから暗号化技術に関しても詳しい知識を有しているJohn McAfee(ジョン・マカフィー)氏は、海外メディア「AMBCrypto」とのインタビューの中でビットコイン(BTC)の性質や現在のマイニング(採掘)の状況などについて詳しく解説し、『Bitcoinが一番送金に適している』と結論付けています。

こちらから読む:セキュリティ専門家「ジョン・マカフィー」の重要なニュース

マイニング・ビットコイン価格について

MGT-McAfee

ジョン・マカフィー氏は、ビットコイン価格などに関する彼の意見を求めていた「AMBCrypto」に対して『短期的に何が起こるかについては全く考えていない』とあらかじめ説明した上で、彼自身が「MGT Capital Investments」というマイニング企業で働いていた時代のことについて語りました。

マイナーは利益を出せるのか?

マイナー(採掘者)の利益率に関しては、マイニングを行う地域や環境などによって電気代などにも大きな違いが生まれるため、以前から"稼げる"or"稼げない"の議論が行われています。

一方、マイニング事業に携わったことによってマイニング(採掘)に関する洞察を得たというマカフィー氏は、『ビットコインの価格がいくらであろうとBTCマイニングで損失を出すことはない』と語っています。

MGTで働いていた時、私は世界最大のマイナーの一人で、マイニングで稼いでいました。

ビットコインの価格がいくらであろうと、マイニングを行なってお金を失うことはありません。

例えば、ビットコインの価格が2,000ドル(約22万円)に下がった場合、多くの人々はマイニングから撤退するため採掘の難易度は下がり、1日に何百万ドル分ものコインを生み出すことができます。

BTC価格上昇の仕組み

ビットコインのマイニング報酬は、一定期間毎に半減するようにあらかじめ設定されています。時が経つにつれてマイニングの難易度は徐々に上がり、マイニングによって得られる報酬も少なくなっていきます。

具体的には、
・25BTC
・12.5BTC
・6.25 BTC
というように半減していく仕組みとなっており、最終的なビットコインの供給量の上限は「2,100万BTC」に設定されています。

このように数学的に将来の発行枚数や上限が決められていることによって、需要が増えるほど必然的にビットコインの価格は上昇するようになっています。

Bitcoin-Graphビットコインの供給が断たれた時の状況を示したグラフ。ビットコインに対する需要が変化せずに供給が減少する(供給がO1からO2になる)と、標準均衡価格"P1"は"P2"に上昇する(ビットコインはより高価になる)

ビットコインはトランザクション処理No.1

数学的に支えられているビットコインの価格が確実に上昇すると確信しているマカフィー氏は『2020年には100万ドル(約1億円)に達する』という以前からの強気な価格設定を改めて強調し、ビットコインが取引を処理するのに最も適した通貨だと語りました。

たとえ誰が何と言おうと数学は嘘をつきません。
もし2020年までに100万ドルになっていないのなら、そうしなければなりません。

ビットコインはトランザクション処理を行うためのNo.1のコインです。

仮想通貨市場はまだ未熟です

growth

現在の仮想通貨市場は一見すると無作為な動きをしているようにも見えるため、困惑している人々も多くみられます。

しかしマカフィー氏は、3日間でビットコイン価格を7,400ドル(約81万円)から6,400ドル(約70万円)まで引き下げたのは"市場操作"だと説明した上で『価格操作を行なっている人々は何十億ドル(何千億円)もの損失を抱えて終わることになるだろう』と述べています。

マカフィー氏はビットコイン市場の状態はまだ未熟であると説明しながらも、最終的には大きな成長を遂げることになると説明しています。

またこの発言に合わせて同氏は『仮想通貨が上がるにつれて、法定通貨にインフレが起こることを覚えておくように』と付け加えました。

短期的な投資では成功しません|ジョン・マカフィー

mcafee

ジョン・マカフィー氏はインタビューの最後に読者に何か伝えたいことがあるか?という問いに対して次のように述べています。

ホールドしていくことが重要です。
短期的な手法の投資家に裕福な人はいません。

仮想通貨についての専門的知識を有しているマカフィー氏は、以前から『ビットコイン価格が1億円に達する』という予想を主張し続けています。短期的な投資に対して警告を発しているのはマカフィー氏だけではなく、その他大勢の投資家たちが口を揃えて語っていることでもあります。

ビットコイン(BTC)の価格|2018年9月16日

ビットコイン(BTC)の価格はこの数日間で再び回復する傾向が見え始めています。
2018年9月16日時点での1BTCの価格は約73万円となっており、マカフィー氏の予想する1億円との差額は、約9,927万円となっています。

ジョン・マカフィー氏が1億円に達すると予想しているビットコイン(BTC)の購入はセキュリティ面でも安心できるbitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン決済は今後3〜5年で普及「利用量の増加が重要に」BitPay CEO

ブロックチェーン決済は今後3〜5年で普及「利用量の増加が重要に」BitPay CEO

ビットコインの「10年後」に不安の声|競争激化する仮想通貨業界の将来

ビットコインの「10年後」に不安の声|競争激化する仮想通貨業界の将来

半減期後、ビットコイン価格は「25万ドル」へ:ティム・ドレイパー

半減期後、ビットコイン価格は「25万ドル」へ:ティム・ドレイパー

仮想通貨決済を導入して売上高が427%も増加したショップとは

仮想通貨決済を導入して売上高が427%も増加したショップとは

受付開始:SBIバーチャル・カレンシーズの一般口座開設がスタート

受付開始:SBIバーチャル・カレンシーズの一般口座開設がスタート

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年1月26日〜2月1日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年1月26日〜2月1日

注目度の高い仮想通貨ニュース

Cardano Shelleyテストネット、登録プール数が「目標値」突破:IOHK報告

Cardano Shelleyテストネット、登録プール数が「目標値」突破:IOHK報告

ブロックチェーンで「フェラーリ」などをトークン化|高級車への少額投資が可能に

ブロックチェーンで「フェラーリ」などをトークン化|高級車への少額投資が可能に

日本銀行:中央銀行デジタル通貨の「国際共同研究グループ」を設立

日本銀行:中央銀行デジタル通貨の「国際共同研究グループ」を設立

FCバルセロナ:仮想通貨企業「Chiliz/CHZ」と提携|公式ファントークン発行へ

FCバルセロナ:仮想通貨企業「Chiliz/CHZ」と提携|公式ファントークン発行へ

ビットコイン報酬型買い物アプリ「Lolli」加盟店数1,000店近くまで増加

ビットコイン報酬型買い物アプリ「Lolli」加盟店数1,000店近くまで増加

旅行予約で仮想通貨が使える「TravelbyBit」エクスペディアと提携し、対応ホテルを拡大

旅行予約で仮想通貨が使える「TravelbyBit」エクスペディアと提携し、対応ホテルを拡大

Liquid by QUOINE「ビットコインSV相当の日本円」対象ユーザーに付与へ

Liquid by QUOINE「ビットコインSV相当の日本円」対象ユーザーに付与へ

NASDAQ「ビットコイン先物取引」を検討=Bloomberg報道

NASDAQ「ビットコイン先物取引」を検討=Bloomberg報道

ASローマ:公式ファントークン「ASR」販売開始|Sociosアプリで投票受付も

ASローマ:公式ファントークン「ASR」販売開始|Sociosアプリで投票受付も

ブロックチェーンカードゲーム「コンサヴァ」正式リリース|クラウドセールも開催

ブロックチェーンカードゲーム「コンサヴァ」正式リリース|クラウドセールも開催

BINANCE:ネオ(NEO)の「先物取引」提供へ

BINANCE:ネオ(NEO)の「先物取引」提供へ

中央銀行デジタル通貨「信用性確保の重要性」を強調:麻生財務相

中央銀行デジタル通貨「信用性確保の重要性」を強調:麻生財務相

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

人気のタグから探す