Elon Musk「ETH詐欺ボット」の問題解決へ|Dogecoin開発者がサポート

by BITTIMES   

Tesla(テスラ)やSpaceX(スペース・エックス)の創設者兼CEOであるElon Musk(イーロン・マスク)氏は、Twitter上でイーサリアム(ETH)を騙し取る「詐欺ボット」を排除するために、ドージコイン(Dogecoin/DOGE)の開発者であり、Adobe(アドビ)の製品開発責任者でもあるJackson Palmer(ジャクソン・パルマー)氏が作成したプロトコルを利用し、具体的な解決策についての話し合いを行ったと伝えられています。

こちらから読む:イーサリアムの詐欺ボットに挑む「Elon Musk」の関連記事

ドージコイン開発者が技術提供

dogecoin

Twitter(ツイッター)上では「1ETHを送金すれば、2ETHが返ってくる」といった明らかな詐欺行為が広がっており、マスク氏のような著名人になりすました"詐欺師"が一般ユーザーから"イーサリアムを騙し取る"という詐欺行為が増えています。

ZOZOTOWNの前澤友作氏を宇宙に送り出すための支援を行なっていることでも話題のSpaceX(スペース・エックス)社CEO、イーロン・マスク氏もこの「詐欺ボット」について指摘するコメントを度々投稿しており、以前から一部で話題となっていました。

ドージコイン(Dogecoin/DOGE)のクリエイターであり、Adobeの製品開発責任者でもあるJackson Palmer(ジャクソン・パルマー)氏はこのような問題を受け、今年の5月に著名人になりすます詐欺師を自動的にブロックすることができる"スクリプト"を開発しています。

このスクリプトは、プロフィールの人物画像と同一のプロフィール画像を持つアカウントの存在を検出し、発見されたアカウントを瞬時にブロックします。これにより詐欺師が著名人の公式アカウントにコメントを投稿するのを阻止することができるため「ETH贈与詐欺」などの問題を解決することができます。

パルマー氏のスクリプトに興味を持ったマスク氏は9月18日、自身のTwitterアカウントにパルマー氏が開発したスクリプトを統合して「詐欺bot」を取り除くための手助けを求めました。

ー Elon Musk
@ummjackson(パルマー氏のアカウント)もしあなたが迷惑な詐欺師を排除することができるのであれば、その技術は非常に高く評価されるでしょう。

これを受けたパルマー氏は、Twitterのダイレクトメッセージを通じてマスク氏本人にスクリプトを送信しています。

その数分後にパルマー氏は、マスク氏がスクリプトを受け取ったことを伝え、マスク氏とTwitterの問題点について話し合ったことを報告しています。

議論された具体的な内容としては『TwitterのCEOであるジャック・ドーシー(Jack Dorsey)氏とTwitterの開発チームがこの問題を自動化して解決する方法について、よく話し合った』と伝えられています。

仮想通貨の「詐欺」に対する解決策

solution

仮想通貨コミュニティは「ETH贈与詐欺」に関する問題について、Twitterの開発チームと議論を続けており、一部の人々はTwitter開発チームに激怒しています。

そのような人々は、Twitter上に蔓延する「詐欺ボット」の問題を解決する方法は非常に簡単だと主張しており、パルマー氏のように「同じプロフィール画像を持つ新しく作成されたアカウントを検出して禁止するだけでも、少しはこの問題に対処することができる」と説明しています。

ジャック・ドーシー氏は、Twitterチームがこの問題を解決するために取り組んでいると述べていますが、「詐欺ボット」は未だにプラットフォーム上で活動を続けているため、この現状に対する不満の声もあがっています。

「Bleeping Computer」は今年の6月に、「詐欺ボット」によって既に430万ドル(約4億7,300万円)以上も盗まれていると報告しており、「Twitterは問題の解決には至っていない」と付け加えています。

しかしその一方では、実際に「詐欺ボット」の問題を解決するのは"そんなに簡単なことではない"と主張する専門家もいるため、現在もこれらの議論は続けられています。

具体的にいつ頃にこの問題が解決するかについては現時点でははっきりしていませんが、それらの詐欺の多くは、詐欺が行われている事実を知って騙されることのないように注意しておくだけでも被害に遭う可能性を大きく減らすことができます。

Twitter上で詐欺行為を行っている「詐欺ボット」は『先に仮想通貨を送金してくれれば、あとでその額よりも多い額の仮想通貨を返却する』といった"詐欺だとわかりやすいもの"が多いと報告されています。

その他の仮想通貨に関連する詐欺に関しても、手法はどれも同じようなものばかりなので、どのような詐欺行為が行われているかを事前に把握しておくことで、実際の被害を避けることができます。

Twitterを利用している方や仮想通貨を保有している方は、このような問題が起きていることを気にかけながら、騙されたり盗まれたりすることのないように、自分自身でしっかりと資産管理を行うように気をつけておきましょう。

イーサリアム(ETH)の価格|2018年9月18日

イーサリアム(ETH)の価格は今月12日に19,000円を下回るまで下落しています。その後はやや回復し一時的に25,000円近くまで上昇しましたが、本日18日には再び下落し、9月18日午後の時点では1ETHあたり22,000前後で取引されています。

2018年9月18日 ETHのチャート(引用:coingecko.com)2018年9月18日 ETHのチャート(引用:coingecko.com)

イーサリアム(ETH)の購入はセキュリティ面でも安心できるbitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

韓国の暗号資産取引所Komid:代表取締役に「懲役3年」の実刑判決

韓国の暗号資産取引所Komid:代表取締役に「懲役3年」の実刑判決

XRP基軸の取引所「Bitrue」がクレジットカードに対応|暗号資産5銘柄が購入可能に

XRP基軸の取引所「Bitrue」がクレジットカードに対応|暗号資産5銘柄が購入可能に

SAMSUNGとの噂も?TRON「1,000億ドル規模の大企業」と来週提携か

SAMSUNGとの噂も?TRON「1,000億ドル規模の大企業」と来週提携か

NFT取引所「miime」日本円によるデジタルアイテムの決済機能を導入【世界初】

NFT取引所「miime」日本円によるデジタルアイテムの決済機能を導入【世界初】

フィリピンの金融サービス大手が「RippleNet」に参加|国際送金を効率化

フィリピンの金融サービス大手が「RippleNet」に参加|国際送金を効率化

アマゾン(AWS)がブロックチェーンフレームワークをリリース

アマゾン(AWS)がブロックチェーンフレームワークをリリース

注目度の高い仮想通貨ニュース

アメリカ空軍「戦闘・空域管理」などでのブロックチェーン活用を検討

アメリカ空軍「戦闘・空域管理」などでのブロックチェーン活用を検討

ディーカレット:XRP保有者に対する「Sparkトークンの付与」対応を検討

ディーカレット:XRP保有者に対する「Sparkトークンの付与」対応を検討

日本の暗号資産・ブロックチェーン業界団体「JCBA・JBA」が連携|共催イベントなど実施へ

日本の暗号資産・ブロックチェーン業界団体「JCBA・JBA」が連携|共催イベントなど実施へ

DeFi+CeFiの「ハイブリッド型金融サービス」暗号資産取引所で導入進む

DeFi+CeFiの「ハイブリッド型金融サービス」暗号資産取引所で導入進む

コインチェック「The Sandbox」と連携|NFTマーケットプレイスでトークン取扱いへ

コインチェック「The Sandbox」と連携|NFTマーケットプレイスでトークン取扱いへ

本田圭佑オーナーのサッカークラブ「FiNANCiE」でトークン発行【日本国内初】

本田圭佑オーナーのサッカークラブ「FiNANCiE」でトークン発行【日本国内初】

食品配達サービス大手「Just Eat」複数地域でビットコイン決済に対応

食品配達サービス大手「Just Eat」複数地域でビットコイン決済に対応

【NEM】Symbol(XYM)受け取りに必要な申請手続き「9月15日」から受付開始へ

【NEM】Symbol(XYM)受け取りに必要な申請手続き「9月15日」から受付開始へ

買い物で暗号資産がもらえるアプリ「SocialGood App」リリース

買い物で暗号資産がもらえるアプリ「SocialGood App」リリース

Brave:暗号資産取引所「Gemini」と提携|ブラウザ上にウィジット機能を追加

Brave:暗号資産取引所「Gemini」と提携|ブラウザ上にウィジット機能を追加

Libra協会:投資会社「Blockchain Capital」が新メンバーとして参加

Libra協会:投資会社「Blockchain Capital」が新メンバーとして参加

ビットバンク:新たに「ステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)」取扱いへ

ビットバンク:新たに「ステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)」取扱いへ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す