NY大学が「ブロックチェーン専攻科目」を提供|最先端テクノロジーの法律とビジネス

by BITTIMES   

ブロックチェーン(Blockchain)や仮想通貨(Cryptocurrency)に関連する教育がアメリカを代表する都市でも始まっています。ニューヨーク大学(New York University/NYU)は、最先端テクノロジーが急速に発達している現代社会で生き残るための術を学生に教えるために暗号化技術に関する様々な分野の学習コースを生徒たちに提供していると伝えられています。

こちらから読む:ニューヨークの大学も重要視する最先端技術「ブロックチェーン」

ブロックチェーンが学べる|New York University

New-York-University

ニューヨーク大学(New York University/NYU)は、学生向けにブロックチェーン技術について学ぶ機会を提供しています。

このプログラムは「NYU Stern School of Business(NYU スターンスクール・オブ・ビジネス)」によって提供されると伝えられています。「Stern School of Business」は仮想通貨とブロックチェーンの学部コースを提供するパイオニアでもありました。同大学のAndrew Hinkes(アンドリュー・ヒンクス)教授は、新しいプログラムについて次のように述べています。

私たちは、実際に何が起きているのかを学生が理解できるように、法律とビジネスの両方を理解し、新しい市場に出ていく準備を整えるための基礎となる部分を築いていくことを目指しています。

ヒンクス教授はこれらの取り組みの主な目的について、
仮想通貨のダイナミックな動き
法的概念
ビジネスコンセプト
常に動き続ける市場で生き残るための方法
などを学生が理解できるようサポートを行うことだと説明しています。

NYUの准教授であるキャサリーン・デロース(Kathleen Derose)氏は『大企業は間違いなくこれらの「トレーニングプログラム」のパートナーになる』と語っているとも伝えられています。

これは、すでに大手IT企業であるIBMがコロンビア大学と協力して 7月にブロックチェーン研究センターを立ち上げたことでも証明されています。この新しい施設はマンハッタンで立ち上げられており、すでにトップクラスの学生たちはIBMの専門家と協力して、エンタープライズレベルのブロックチェーンソリューションについて学んでいます。

NYUは今年度、コースの提供を倍増したと伝えられており、仮想通貨やブロックチェーン技術関連のクラスをより大きいクラスへと移す必要があったと説明されています。NYUの関係者は仮想通貨やブロックチェーンについて、今後はこれらの新しい技術の仕組みを理解することや法制度とのやりとりを把握することが重要になると述べています。

仮想通貨やブロックチェーンに期待する学生たち

stanford

先月仮想通貨取引所Coinbase(コインベース)は「世界のトップ50にランクインする大学の42%が仮想通貨やブロックチェーン技術のクラスを少なくとも1つは持っている」という調査結果を発表しています。

この調査で対象となった172のクラスのうち、15%は経済学、金融、法律、ビジネスの分野で提供されており、4%は社会科学の分野で提供されています。これらの調査結果ではブロックチェーンや仮想通貨に関連するコースが特に高い人気を誇っていることが示されています。

また米国の大学生が関心を寄せているのは、ブロックチェーン関連の教育プログラムだけではないことも明らかになっています。3月に行われた学生ローンに関する調査では、大学生21.2%が大学ローンを仮想通貨投資に利用しており、仮想通貨の価格が上昇することによっていち早くローンを返済しようと考えていることが明らかになっています。

世界中の多くの大学生たちはすでにブロックチェーン技術に関する教育を受けており、実際に自分たちの力で分散型アプリケーション(Dapps)を構築したという事例なども報告されています。

これらの教育プログラムのほとんどはここ数年の間で開始されたものばかりでもあるため、実際に大学で技術を学んだ生徒たちの多くは現時点でも在学中であると考えられますが、あと数年もすれば、今学校で専門知識の勉強に励んでいる生徒たちが実社会に出てくることになるため、その後はさらに洗練された最新の技術が開発されることが期待されます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

暗号資産取引所OKEx「Settle Network」と提携|新たに3つの法定通貨をサポート

暗号資産取引所OKEx「Settle Network」と提携|新たに3つの法定通貨をサポート

4年前にBitfinexで盗まれたビットコイン「数千万円相当」が再び移動開始

4年前にBitfinexで盗まれたビットコイン「数千万円相当」が再び移動開始

リップル社:大手送金会社「MoneyGram」に約54億円を出資|xRapid活用も計画

リップル社:大手送金会社「MoneyGram」に約54億円を出資|xRapid活用も計画

ブロックチェーンは自動車産業をどのように変えるのか?

ブロックチェーンは自動車産業をどのように変えるのか?

仮想通貨×スポーツまとめ:ブロックチェーンで激変する業界とビジネス

仮想通貨×スポーツまとめ:ブロックチェーンで激変する業界とビジネス

Cardano「技術開発が最も活発なブロックチェーン」ランキング1位を獲得

Cardano「技術開発が最も活発なブロックチェーン」ランキング1位を獲得

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年6月21日〜27日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年6月21日〜27日

サービス・商品購入でビットコインがもらえる「BTC還元プログラム」提供へ:Bitrefill

サービス・商品購入でビットコインがもらえる「BTC還元プログラム」提供へ:Bitrefill

日本暗号資産市場社:ステーブルコイン「ICHIBAコイン(ICB)」発行へ

日本暗号資産市場社:ステーブルコイン「ICHIBAコイン(ICB)」発行へ

日本銀行「中央銀行デジタル通貨の課題」などまとめたレポート公開|実証実験も視野に

日本銀行「中央銀行デジタル通貨の課題」などまとめたレポート公開|実証実験も視野に

GMOコイン:現金がもらえる「暗号資産FXデビューキャンペーン」開催

GMOコイン:現金がもらえる「暗号資産FXデビューキャンペーン」開催

BINANCE:アルゴランド(Algorand/ALGO)の「永久先物取引」提供へ

BINANCE:アルゴランド(Algorand/ALGO)の「永久先物取引」提供へ

イオス(EOS)開発企業の分散型ソーシャルメディア「Voice(ボイス)」公開

イオス(EOS)開発企業の分散型ソーシャルメディア「Voice(ボイス)」公開

カザフスタン:暗号資産マイニング関連で「約790億円」の投資誘致を計画

カザフスタン:暗号資産マイニング関連で「約790億円」の投資誘致を計画

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年7月5日〜11日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年7月5日〜11日

仮想通貨Ghostが「香港ディズニーランド」などの自販機で利用可能に|ivendPayと提携

仮想通貨Ghostが「香港ディズニーランド」などの自販機で利用可能に|ivendPayと提携

暗号資産決済で予約できる「ホテル・宿泊施設」を大幅拡大:Travala×Expedia

暗号資産決済で予約できる「ホテル・宿泊施設」を大幅拡大:Travala×Expedia

ダークウェブ上に「150億以上のアカウント認証情報」が流出|暗号資産保有者も要注意

ダークウェブ上に「150億以上のアカウント認証情報」が流出|暗号資産保有者も要注意

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す