トロントの大学「ブロックチェーン技術者」育成コース提供へ|業界のリーダーを目指す

by BITTIMES

ブロックチェーン技術の有用性が世界中で認知されるようになり、最近では多くの企業や団体が実際の導入に向けた取り組みを開始しています。しかしその一方では"専門的な知識"を有している技術者が少ないことによる「人材不足」の問題なども目立ってきています。カナダ(Canada)最大の都市トロントにある大学「George Brown College(ジョージ・ブラウン・カレッジ)」は、世界に先駆けて「Blockchain」を学べる新しい学習コースを開始します。

こちらから読む:カナダ有名大学も取り扱う「ブロックチェーン」基礎知識を"5分"で

George Brown College

George-Brown-College

カナダ最大の都市であるトロントに1967年に設立された"全米で3番目に優れた研究大学"にランク付けされたこともある「George Brown College(ジョージ・ブラウン・カレッジ)」は、ブロックチェーン技術に焦点を当てた新しいコースを今年の秋から開始します。

カナダ経済の商都としても知られ、金融や経済、航空宇宙、運輸、医療、観光、スポーツなどのあらゆる産業基盤が発達しているトロントにとって、この決定は今後のさらなる発展を促進するための「重要な一歩」でもあります。

同大学でコンピューター技術学部の教授を務めているアルバート・ダンソン(Albert Danison)氏は、「Walmart」や「FedEx」などをはじめとした多くの大手企業が"分散型台帳技術"に注目していたことを知り、「ブロックチェーン技術者」の育成の重要性に気付いたことを語っています。

世界に革命をもたらすとも言われる「分散型台帳技術」に世界を代表する数々の大手企業が着手しているという事実について真剣に考えたダンソン氏は、ブロックチェーン技術について次のように述べています。

大手企業の人々は、私に「人材が不足している」と言いました。
そのような企業の多くは"必要なスキル"を持つ人材が不足しているため、100万ドルもの価値がある未完成のプロジェクトを抱えています。

私たちはこのような状況の中で"フォロワー"ではなく"リーダー"でなければなりません。

ブロックチェーン業界からの支援も

ConsenSys-logo

「George Brown College」が開始する今回の取り組みは、ブロックチェーン業界からの大きな支持を得ています。

イーサリアム(Ethereum/ETH)の共同創設者であるJoseph Lubin(ジョセフ・ルービン)氏が率いる「ConsenSys」や「ChainsSafe Systems」といったブロックチェーン業界を代表する企業は、カリキュラムの開発のために協力しています。

「ブロックチェーン・コース」は今年の秋に開始される予定となっており、分散型アプリケーション(Dapps)の作成」や「ブロックチェーンプラットフォームの設計」などについての授業が行われるとされています。

ブロックチェーンのコースは2つのクラスが用意されており、3学期目の学生は実際にブロックチェーン企業から提供されたプロジェクトを開発するために「共同学習」または「統合学習」のどちらかを選択することができます。

仮想通貨ではなく「ブロックチェーン」に焦点

blockchain

スタンフォード大学(Stanford University)やマサチューセッツ工科大学(MIT)などの名門大学はすでにブロックチェーン技術に関する授業を開始していますが、「George Brown College」で教えられるコースの内容は、それらの大学の授業とは『大きな違いがある』とダンソン氏は述べています。

彼ら(MITなど)は既にそのようなコースを提供していますが、それらのクラスは主に仮想通貨を愛している熱狂的な教授によって提供されているため、そのほとんどが"仮想通貨"の授業になっています。

「ブロックチェーン技術を導入する」という発表はここ数ヶ月間で急速に増えており、そのような発表は企業のみならず金融機関や政府機関などでも行われています。

技術の需要が高まるにつれて「開発者」や「技術者」が求められているものの、それらの技術を理解している人や実際にシステムを実装できる人は非常に限られているため、暗号化技術関連の「教育」が非常に重要になってきています。

「ブロックチェーン技術」は現代社会の数多くの業界に変化を与えるように設計されていますが、これらの技術が本格的に実用化されるために必要な「技術者」や「専門家」の数は依然として不足しています。

「George Brown College」などのようにブロックチェーン技術を基礎から学ぶことができる大学が増えることは、これからの市場の発展にとっても特に重要なことの一つであると言えるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

CARDANO財団の新会長「IOHKの顧問弁護士」に決定|審議会もさらに強化

CARDANO財団の新会長「IOHKの顧問弁護士」に決定|審議会もさらに強化

仮想通貨投資ができるリヒテンシュタインの銀行

仮想通貨投資ができるリヒテンシュタインの銀行

ブロックチェーンは自動車産業をどのように変えるのか?

ブロックチェーンは自動車産業をどのように変えるのか?

2019年:ビットコイン価格は「220万円」を超える|ウォール街の重鎮が強気な理由

2019年:ビットコイン価格は「220万円」を超える|ウォール街の重鎮が強気な理由

SportyCo:ブロックチェーンで「スポーツファイナンス」に革命を|クラブや選手を支援

SportyCo:ブロックチェーンで「スポーツファイナンス」に革命を|クラブや選手を支援

タイの仮想通貨取引所「TOK Exchange」リップル(Ripple/XRP)取扱いへ|11月14日から

タイの仮想通貨取引所「TOK Exchange」リップル(Ripple/XRP)取扱いへ|11月14日から

注目度の高い仮想通貨ニュース

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ビットコイン取引量:日本円が再び「世界一」に|仮想通貨市場に変化

ビットコイン取引量:日本円が再び「世界一」に|仮想通貨市場に変化

仮想通貨ウォレット「Ledger・Trezor」はハッキング可能?研究者が脆弱性を指摘

仮想通貨ウォレット「Ledger・Trezor」はハッキング可能?研究者が脆弱性を指摘

【福岡県】仮想通貨が使えるキャッシュレス対応店舗一覧

【福岡県】仮想通貨が使えるキャッシュレス対応店舗一覧

Bakkt:ビットコイン先物はさらに延期?開始日「2019年初頭に明かす」と発表

Bakkt:ビットコイン先物はさらに延期?開始日「2019年初頭に明かす」と発表

仮想通貨報酬を貰って健康に!トレーニングアプリ「Lympo Squat」公開【日本利用可能】

仮想通貨報酬を貰って健康に!トレーニングアプリ「Lympo Squat」公開【日本利用可能】

ビットコイン価格は今後どうなるのか?市場回復の目処は?専門家の予想をまとめ読み

ビットコイン価格は今後どうなるのか?市場回復の目処は?専門家の予想をまとめ読み

仮想通貨は将来、金を超える「価値の保存手段」に:Nick Szabo

仮想通貨は将来、金を超える「価値の保存手段」に:Nick Szabo

「ビットコインは順調に成長している」2018年データから読み取る将来性:Jameson Lopp

「ビットコインは順調に成長している」2018年データから読み取る将来性:Jameson Lopp

ビットバンク:仮想通貨レバレッジ取引の「サービス終了」を発表|bitbank Trade

ビットバンク:仮想通貨レバレッジ取引の「サービス終了」を発表|bitbank Trade

【熊本県】仮想通貨が使えるキャッシュレス対応店舗一覧

【熊本県】仮想通貨が使えるキャッシュレス対応店舗一覧

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年1月6日〜12日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年1月6日〜12日

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

ブロックチェーンが「農業」の未来を変革 ー トレーサビリティで食品管理をスマートに

ブロックチェーンが「農業」の未来を変革 ー トレーサビリティで食品管理をスマートに

人気のタグから探す