JPモルガン:ブロックチェーン決済ネットワークが拡大 ー 75以上の銀行が参加

by BITTIMES   

ブロックチェーン(Blockchain)の技術を用いてJPMorgan(JPモルガン)が構築したクロスボーダー決済ネットワークである「Interbank Information Network(IIN)」に世界各国から75を超える銀行が参加しました。リップル(Ripple/XRP)やSWIFT(スウィフト)と競争することになる新たなソリューションに注目が集まっています。

こちらから読む:世界中の銀行が活用し始めている「ブロックチェーン」とは?

ブロックチェーン決済ネットワーク「IIN」

JP-Morgan-logo

JPMorgan(JPモルガン)
・Royal Bank of Canada(カナダロイヤル銀行)
・ANZ(オーストラリア・ニュージーランド銀行)
という3つの金融機関が過去1年間を通して実証実験を行なってきたブロックチェーン技術を用いた決済ネットワーク「Interbank Information Network(IIN)」には、現在75以上の銀行が加盟しており、その規模を拡大させています。

IINは、銀行間での取引にかかる時間やコストを削減することを目的として2017年10月から開始されています。このネットワークはJPモルガンがイーサリアム上に構築した「Quorum(クォーラム)」というブロックチェーン・ネットワーク上で機能しており、参加している銀行や企業が必要に応じてネットワークを切り離すことができるのが特徴だとされています。

「JPモルガン Treasury Services」のTakis Georgakopoulos(タキス・ジョージコプロス)氏は次のように述べています。

私たちはブロックチェーン、AI、高度なデジタルエクスペリエンスなどの新興技術を「Treasury Services」の事業に導入して、絶え間なく変化するお客様のニーズに的確に対応する方法を積極的に検討してきました。

IINの発表を皮切りにして、今後数ヶ月間にわたり堅牢なイノベーションのパイプラインを展開して市場をリードしていきます。

IINに参加する銀行リスト

network

2018年9月時点で「IIN」に参加している銀行のリストは次の通りです。

アメリカ大陸(19行)

  1. Banca Mifel
  2. Banco BICE
  3. Banco Bisa
  4. Banco Davivienda S.A.
  5. Banco de Crédito del Perú
  6. Banco de Galicia y Buenos Aires
  7. Banco Industrial
  8. Banco Mercantil del Norte
  9. Banco Mercantil Santa Cruz
  10. Banco Nacional de Bolivia
  11. Banco Popular Dominicano
  12. Banco Regional
  13. Banreservas
  14. Bank of Montreal
  15. Itau Unibanco
  16. JPMorgan Chase
  17. National Bank of Canada
  18. Royal Bank of Canada*
  19. The Toronto-Dominion Bank

ヨーロッパ(18行)

  1. Allied Irish Bank
  2. Banco de Investment Global, S.A.
  3. Banco de Sabadell
  4. Banco Santander
  5. Bankinter
  6. Banque Internationale de Commerce – BRED (Suisse) SA
  7. Banque Thaler SA
  8. CBH Compagnie Bancaire Helvétique SA
  9. CIM Banque S.A Geneve
  10. Cooperatieve Rabobank U.A.
  11. Credit Agricole S.A.
  12. Norddeutsche Landesbank Girozentrale
  13. PKO Bank Polski S.A.
  14. Privatbank IHAG Zurich AG
  15. Reyl & Cie SA
  16. Société Générale
  17. The First International Bank of Israel Ltd
  18. UniCredit (through their subsidiary UniCredit Bank Austria)

アジア太平洋地域(21行)

  1. Australia and New Zealand Banking Group Limited*
  2. BRAC Bank Limited
  3. China CITIC Bank International Limited
  4. China Guangfa Bank
  5. Chong Hing Bank Limited
  6. Ho Chi Minh City Development JS Commercial
  7. ICICI Bank Limited
  8. Indovina Bank Ltd
  9. Joint Stock Commercial Bank for Investment and Development of Vietnam
  10. KASIKORNBANK Public Company Limited
  11. KEB Hana Bank
  12. Mizuho Bank, Ltd.
  13. Prime Bank Ltd.
  14. PT Bank Central Asia Tbk
  15. PT Bank CIMB Niaga Tbk
  16. Resona Bank, Ltd.
  17. Shinhan Bank
  18. Sumitomo Mitsui Banking Corporation
  19. Union Bank Of The Philippines
  20. Vietnam Joint Stock Commercial Bank for Industry and Trade
  21. Woori Bank

中・東欧、中東、アフリカ(18行)

  1. Al Rajhi Banking & Investment Corporation
  2. Alawwal Bank
  3. Bank ABC (Arab Banking Corporation B.S.C.)
  4. Bank Al Habib Limited
  5. Barclays Bank Tanzania Limited
  6. Barclays Bank Zambia PLC
  7. Commercial Bank of Africa Limited
  8. Commercial International Bank (Egypt) S.A.E
  9. Credit Libanais SAL
  10. DenizBank A.S.
  11. Habib Metropolitan Bank Limited
  12. Joint-Stock Company BCS-Investment Bank
  13. JS Bank Limited
  14. Kuveyt Turk Katilim Bankasi A.S.
  15. MauBank Limited
  16. National Bank of Kenya Limited
  17. National Bank of Kuwait S.A.K.P.
  18. Turkiye Finans Katilim Bankasi A.S.

RippleやSWIFTとの今後の展開にも注目

ripplenet

Ripple社の国際送金ネットワークである「RippleNet」と同様に「IIN」のネットワークに参加する銀行は急速に増えてきています。それらの銀行は世界各地の点在しており、日本からは「みずほ銀行」「りそな銀行」「三井住友銀行」なども参加しています。

SWIFTのような従来の送金システムを利用している銀行も依然として多いものの、主要な銀行はブロックチェーン技術をベースとした新しいシステムに移行しつつあります。

国際送金や銀行間取引の分野において複数存在するこれらのブロックチェーン・ネットワークが、今後どのような形で世界に浸透して行くことになるのかにも大きな注目が集まります。

ブロックチェーンベースの国際送金を代表する「Ripple社」が発行する仮想通貨「XRP」は、ここ最近で大幅に価格を上昇させており、2018年9月26日の時点では1XRP=60円前後で取引されています。

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Chiliz Exchange:eスポーツチーム「OG」の公式ファントークン取扱い開始

Chiliz Exchange:eスポーツチーム「OG」の公式ファントークン取扱い開始

仮想通貨関連企業の「破産・閉鎖」相次ぐ|価格下落による資金不足が原因か?

仮想通貨関連企業の「破産・閉鎖」相次ぐ|価格下落による資金不足が原因か?

NEM Group「Symbolリリース日・スナップショット予定日」などの情報を更新

NEM Group「Symbolリリース日・スナップショット予定日」などの情報を更新

ブロックチェーン技術「学習コース」の提供開始|カナダ公立・マギル大学

ブロックチェーン技術「学習コース」の提供開始|カナダ公立・マギル大学

Paima Studios:ゲーム分野における「Cardano・ADA」の利便性を強化

Paima Studios:ゲーム分野における「Cardano・ADA」の利便性を強化

当選したら「毎月1,000ドル分のビットコイン支給」Jameson Lopp氏、大統領選出馬を検討

当選したら「毎月1,000ドル分のビットコイン支給」Jameson Lopp氏、大統領選出馬を検討

注目度の高い仮想通貨ニュース

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

ポルカドット(DOT)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ポルカドット(DOT)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

Dogwifhat(WIF)ミームコイン時価総額ランキング3位に|価格上昇率は2,560%

Dogwifhat(WIF)ミームコイン時価総額ランキング3位に|価格上昇率は2,560%

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

仮想通貨ニュース週間まとめ「Cardano・Symbol・Shiba Inu」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「Cardano・Symbol・Shiba Inu」などの注目記事

米政府「200億円相当のビットコイン」売却か|シルクロード関連のBTCを移動

米政府「200億円相当のビットコイン」売却か|シルクロード関連のBTCを移動

ビットボットとCrypto.ComのCRO:2024年の成長に注目が集まる銘柄?

ビットボットとCrypto.ComのCRO:2024年の成長に注目が集まる銘柄?

エルサルバドル「ビットコイン教育資料の最新版」を公開|公立学校などでBTC教育

エルサルバドル「ビットコイン教育資料の最新版」を公開|公立学校などでBTC教育

Opening Line:静岡県主催の人材育成プログラムで「NFT修了証の発行」をサポート【自治体初】

Opening Line:静岡県主催の人材育成プログラムで「NFT修了証の発行」をサポート【自治体初】

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

「SHIBは買い」ビットコイン初期投資家ダヴィンチ・ジェレミー氏が支持

「SHIBは買い」ビットコイン初期投資家ダヴィンチ・ジェレミー氏が支持

ミームネーターのプレセールがトークンの96%以上を販売|最終段階に突入

ミームネーターのプレセールがトークンの96%以上を販売|最終段階に突入

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す