仮想通貨はお金の「自然な進化過程」にすぎない ー ConsenSys創設者ジョセフ・ルービン

by BITTIMES

イーサリアム(Ethereum/ETH)の共同制作者であり、ブロックチェーン企業「ConsenSys(コンセンシス)」の創設者でもあるJoseph Lubin(ジョセフ・ルービン)氏は、2018年9月25日に「Quartz」で公開された記事の中で、仮想通貨(Cryptocurrency)は『進化を続けるお金の一つの形態に過ぎない』と説明しており、歴史的な背景などを踏まえながら暗号通貨に関する自身の考えを述べています。

こちらから読む:仮想通貨業界を代表するイーサリアム共同開発者「Joseph Lubin」

仮想通貨は「21世紀版の薄い紙幣」

blockchain

Joseph Lubin(ジョセフ・ルービン)氏は『仮想通貨は多くの面において"お金の自然な進化の形"であり、国家によって許可された権威よりも"真実"を支持している』と述べています。

彼はこれまでの歴史の中でも、新しい何かが誕生した際に人々が「疑うこと」から始めていたことなども考慮した上で、『実際にそれらが受け入れられるまでには時間がかかる』と述べています。

その具体的な例として同氏は『マルコ・ポーロが中国で初めて"紙のお金"を見た時に"金属ではないお金"を使用していることを受け入れきれていなかったこと』をあげています。金属のお金を一般的に利用している人々にとって「"紙"と"鶏"が同等の価値がある」という概念は簡単に納得できるものではないことは容易く理解できます。

このような歴史的背景も踏まえた上で同氏は、仮想通貨は価値を表現するための新しい形式の一つにしかすぎないと説明しており「21世紀版の薄い紙幣」だと定義しています。しかしながら『その背後にある"分散型でオープンな特徴"は、政府が運営する金融システムとは対照的である』と指摘しています。

ルービン氏は、仮想通貨を使用すれば「分散型ネットワーク」のおかげで、最終的には"富の分配"をより良くすることができると書いています。

また、発展途上国の個人情報を証明する手段を持っていない人々も仮想通貨やブロックチェーンの技術によって、低コストで"自らの個人情報を証明する手段"を手にすることができるため、少額のローンを組んだり、新しいビジネスに挑戦することができるようになると説明しています。

このようなことからルービン氏は、ネットワーク化されたオープンなプラットフォームは、最終的に企業と顧客で構成された敵対的なシステムを置き換える「集団的な良い関係の基盤」となると考えています。

ブロックチェーン業界の発展に尽力する「ジョセフ・ルービン氏」

Joseph-Lubin

ルービン氏が率いる「ConsenSys」は、イーサリアム(ETH)をベースにしたブロックチェーン開発スタジオです。

ConsenSysは、イーサリアムの持つ利点を最大限に活用した複数のプロジェクトに取り組んでおり、先日はイーサリアムを使用して「再生可能エネルギー」を低コストで効率的に供給することができる電力配電システム「Grid+(グリッド・プラス)」のプロジェクトを通じて、米国の消費者に電力供給を開始したことを発表しています。

またこの他にも、大学と協力してブロックチェーン関連の技術者の育成などにも取り組んでおり、ドイツカナダの有名大学とのプロジェクトにも取り組んでいます。

仮想通貨やブロックチェーン技術の発展に積極的に取り組んでいるルービン氏は『仮想通貨市場の成長は始まったばかり』だと述べています。

イーサリアム(ETH)の購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

スペイン最大の自動車メーカー「SEAT」がブロックチェーン・コンソーシアムに参加

スペイン最大の自動車メーカー「SEAT」がブロックチェーン・コンソーシアムに参加

イラン独自の仮想通貨は「Hyperledger Fabric」を活用|経済制裁の迂回なるか?

イラン独自の仮想通貨は「Hyperledger Fabric」を活用|経済制裁の迂回なるか?

サトシ・ナカモトが「ビットコインの神」を痛烈批判|BCHハードフォークで戦争勃発か

サトシ・ナカモトが「ビットコインの神」を痛烈批判|BCHハードフォークで戦争勃発か

長期保有が逆効果に?仮想通貨プロジェクトの「死亡原因」LONGHASHが調査報告

長期保有が逆効果に?仮想通貨プロジェクトの「死亡原因」LONGHASHが調査報告

ブロックチェーンベースの「ドローン通信システム」に関する特許出願:Walmart

ブロックチェーンベースの「ドローン通信システム」に関する特許出願:Walmart

TRON(TRX)アカウント数が「350万」を突破|メインネット公開から1年で急成長

TRON(TRX)アカウント数が「350万」を突破|メインネット公開から1年で急成長

注目度の高い仮想通貨ニュース

ChiliZ:Socios.comアプリで「仮想通貨CHZ&ファントークン」を無料配布

ChiliZ:Socios.comアプリで「仮想通貨CHZ&ファントークン」を無料配布

IBM「RippleNet・XRPの活用」検討中か?概念実証(PoC)進行中の可能性

IBM「RippleNet・XRPの活用」検討中か?概念実証(PoC)進行中の可能性

ビットコインは時代遅れ「1BTC=1億円予想」を取り下げ:ジョン・マカフィー

ビットコインは時代遅れ「1BTC=1億円予想」を取り下げ:ジョン・マカフィー

Disney:仮想通貨「Tron/TRX」関連の商標登録を却下|SF映画トロンとの重複を指摘

Disney:仮想通貨「Tron/TRX」関連の商標登録を却下|SF映画トロンとの重複を指摘

Tron(TRX)「最も革新的なパブリックチェーン賞」を受賞

Tron(TRX)「最も革新的なパブリックチェーン賞」を受賞

日本円連動型のステーブルコイン「GMO Japanese YEN/GYEN」実証実験を開始

日本円連動型のステーブルコイン「GMO Japanese YEN/GYEN」実証実験を開始

2019年、主要仮想通貨の「投資収益率」は?その他金融商品との比較も

2019年、主要仮想通貨の「投資収益率」は?その他金融商品との比較も

ゲーム大手Ubisoft:支援を希望する「ブロックチェーンスタートアップ」を募集

ゲーム大手Ubisoft:支援を希望する「ブロックチェーンスタートアップ」を募集

東海東京:仮想通貨取引所「Huobi Japan」に5億円出資|IEO関連でも支援

東海東京:仮想通貨取引所「Huobi Japan」に5億円出資|IEO関連でも支援

eスポーツプラットフォーム「Luckbox」ビットコインなど仮想通貨4銘柄に対応

eスポーツプラットフォーム「Luckbox」ビットコインなど仮想通貨4銘柄に対応

bitFlyer「最大5万円相当のビットコインが当たる」キャンペーン開催

bitFlyer「最大5万円相当のビットコインが当たる」キャンペーン開催

三菱UFJ銀行:ブロックチェーン貿易金融基盤で「信用状発行」を効率化

三菱UFJ銀行:ブロックチェーン貿易金融基盤で「信用状発行」を効率化

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す