仮想通貨はお金の「自然な進化過程」にすぎない ー ConsenSys創設者ジョセフ・ルービン

by BITTIMES

イーサリアム(Ethereum/ETH)の共同制作者であり、ブロックチェーン企業「ConsenSys(コンセンシス)」の創設者でもあるJoseph Lubin(ジョセフ・ルービン)氏は、2018年9月25日に「Quartz」で公開された記事の中で、仮想通貨(Cryptocurrency)は『進化を続けるお金の一つの形態に過ぎない』と説明しており、歴史的な背景などを踏まえながら暗号通貨に関する自身の考えを述べています。

こちらから読む:仮想通貨業界を代表するイーサリアム共同開発者「Joseph Lubin」

仮想通貨は「21世紀版の薄い紙幣」

blockchain

Joseph Lubin(ジョセフ・ルービン)氏は『仮想通貨は多くの面において"お金の自然な進化の形"であり、国家によって許可された権威よりも"真実"を支持している』と述べています。

彼はこれまでの歴史の中でも、新しい何かが誕生した際に人々が「疑うこと」から始めていたことなども考慮した上で、『実際にそれらが受け入れられるまでには時間がかかる』と述べています。

その具体的な例として同氏は『マルコ・ポーロが中国で初めて"紙のお金"を見た時に"金属ではないお金"を使用していることを受け入れきれていなかったこと』をあげています。金属のお金を一般的に利用している人々にとって「"紙"と"鶏"が同等の価値がある」という概念は簡単に納得できるものではないことは容易く理解できます。

このような歴史的背景も踏まえた上で同氏は、仮想通貨は価値を表現するための新しい形式の一つにしかすぎないと説明しており「21世紀版の薄い紙幣」だと定義しています。しかしながら『その背後にある"分散型でオープンな特徴"は、政府が運営する金融システムとは対照的である』と指摘しています。

ルービン氏は、仮想通貨を使用すれば「分散型ネットワーク」のおかげで、最終的には"富の分配"をより良くすることができると書いています。

また、発展途上国の個人情報を証明する手段を持っていない人々も仮想通貨やブロックチェーンの技術によって、低コストで"自らの個人情報を証明する手段"を手にすることができるため、少額のローンを組んだり、新しいビジネスに挑戦することができるようになると説明しています。

このようなことからルービン氏は、ネットワーク化されたオープンなプラットフォームは、最終的に企業と顧客で構成された敵対的なシステムを置き換える「集団的な良い関係の基盤」となると考えています。

ブロックチェーン業界の発展に尽力する「ジョセフ・ルービン氏」

Joseph-Lubin

ルービン氏が率いる「ConsenSys」は、イーサリアム(ETH)をベースにしたブロックチェーン開発スタジオです。

ConsenSysは、イーサリアムの持つ利点を最大限に活用した複数のプロジェクトに取り組んでおり、先日はイーサリアムを使用して「再生可能エネルギー」を低コストで効率的に供給することができる電力配電システム「Grid+(グリッド・プラス)」のプロジェクトを通じて、米国の消費者に電力供給を開始したことを発表しています。

またこの他にも、大学と協力してブロックチェーン関連の技術者の育成などにも取り組んでおり、ドイツカナダの有名大学とのプロジェクトにも取り組んでいます。

仮想通貨やブロックチェーン技術の発展に積極的に取り組んでいるルービン氏は『仮想通貨市場の成長は始まったばかり』だと述べています。

イーサリアム(ETH)の購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ソラナ(Solana/SOL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソラナ(Solana/SOL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

BINANCE「LUNA・USTの現物取引・入出金」を再開|CEOからは注意喚起も

BINANCE「LUNA・USTの現物取引・入出金」を再開|CEOからは注意喚起も

Lamborghini×Bitstamp:ブロックチェーン用いた「デジタルスタンプ」を発行

Lamborghini×Bitstamp:ブロックチェーン用いた「デジタルスタンプ」を発行

Chiliz&Socios:スペインの「Sevilla FC」と提携|$SEVILLAファントークン発行へ

Chiliz&Socios:スペインの「Sevilla FC」と提携|$SEVILLAファントークン発行へ

Coinbase Commerce:仮想通貨決済の処理総額「200億円」を突破

Coinbase Commerce:仮想通貨決済の処理総額「200億円」を突破

中国自撮りアプリ大手「ビットコイン11億円相当」を追加購入|投資計画の上限に到達

中国自撮りアプリ大手「ビットコイン11億円相当」を追加購入|投資計画の上限に到達

注目度の高い仮想通貨ニュース

シリコンバレー銀行破綻の影響でステーブルコイン「USDC」がデペグ|DAI価格も0.90ドルに

シリコンバレー銀行破綻の影響でステーブルコイン「USDC」がデペグ|DAI価格も0.90ドルに

RSTAKINGのセキュリティ部門責任者Lee Kohn氏が語る、WEB3・ステーキング・暗号通貨

RSTAKINGのセキュリティ部門責任者Lee Kohn氏が語る、WEB3・ステーキング・暗号通貨

NASDAQ「仮想通貨保管サービス」第2四半期末までに提供へ|BTC・ETHから

NASDAQ「仮想通貨保管サービス」第2四半期末までに提供へ|BTC・ETHから

ビットコイン価格予想「2025年に300,000ドル」の可能性:著名トレーダーTone Vays氏

ビットコイン価格予想「2025年に300,000ドル」の可能性:著名トレーダーTone Vays氏

日産自動車:Web3・NFT・メタバース関連で商標出願「NISSAN HYPE LAB」の実証実験も開始

日産自動車:Web3・NFT・メタバース関連で商標出願「NISSAN HYPE LAB」の実証実験も開始

エルサルバドル:ビットコイン関連の教育プログラム「CUBO+」開始|優れた開発者を養成

エルサルバドル:ビットコイン関連の教育プログラム「CUBO+」開始|優れた開発者を養成

山梨県が「NEO TOKYO PUNKS」とコラボ|NFTを活用したユーザー参加型PR実施へ【自治体として全国初】

山梨県が「NEO TOKYO PUNKS」とコラボ|NFTを活用したユーザー参加型PR実施へ【自治体として全国初】

BINANCE:法執行機関と連携して「共同詐欺防止キャンペーン」開始|香港警察とも協力

BINANCE:法執行機関と連携して「共同詐欺防止キャンペーン」開始|香港警察とも協力

Amazon独自のNFTマーケットプレイス「Amazon Digital Marketplace」来月公開か=報道

Amazon独自のNFTマーケットプレイス「Amazon Digital Marketplace」来月公開か=報道

仮想通貨の冬の雪解けに伴い、オンライン取引コミュニティAltSignals(アルトシグナル)がプレセール開始

仮想通貨の冬の雪解けに伴い、オンライン取引コミュニティAltSignals(アルトシグナル)がプレセール開始

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2023年3月19日〜25日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2023年3月19日〜25日

M2E採用のペット育成ゲーム「LOOTaDOG」DOGPASSが3時間で完売|第2弾ミントも予定

M2E採用のペット育成ゲーム「LOOTaDOG」DOGPASSが3時間で完売|第2弾ミントも予定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

トミ(tomiNet/TOMI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

トミ(tomiNet/TOMI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ガラ(Gala/GALA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ガラ(Gala/GALA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Nippon Idol Token(NIDT)とは?基本情報・特徴・取扱う暗号資産取引所など

Nippon Idol Token(NIDT)とは?基本情報・特徴・取扱う暗号資産取引所など

米ドル連動ステーブルコインのリアルタイム価格・チャート一覧

米ドル連動ステーブルコインのリアルタイム価格・チャート一覧

エイプコイン(ApeCoin/APE)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エイプコイン(ApeCoin/APE)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FiNANCiEのフィナンシェトークン(FNCT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FiNANCiEのフィナンシェトークン(FNCT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す