仮想通貨はお金の「自然な進化過程」にすぎない ー ConsenSys創設者ジョセフ・ルービン

by BITTIMES   

イーサリアム(Ethereum/ETH)の共同制作者であり、ブロックチェーン企業「ConsenSys(コンセンシス)」の創設者でもあるJoseph Lubin(ジョセフ・ルービン)氏は、2018年9月25日に「Quartz」で公開された記事の中で、仮想通貨(Cryptocurrency)は『進化を続けるお金の一つの形態に過ぎない』と説明しており、歴史的な背景などを踏まえながら暗号通貨に関する自身の考えを述べています。

こちらから読む:仮想通貨業界を代表するイーサリアム共同開発者「Joseph Lubin」

仮想通貨は「21世紀版の薄い紙幣」

blockchain

Joseph Lubin(ジョセフ・ルービン)氏は『仮想通貨は多くの面において"お金の自然な進化の形"であり、国家によって許可された権威よりも"真実"を支持している』と述べています。

彼はこれまでの歴史の中でも、新しい何かが誕生した際に人々が「疑うこと」から始めていたことなども考慮した上で、『実際にそれらが受け入れられるまでには時間がかかる』と述べています。

その具体的な例として同氏は『マルコ・ポーロが中国で初めて"紙のお金"を見た時に"金属ではないお金"を使用していることを受け入れきれていなかったこと』をあげています。金属のお金を一般的に利用している人々にとって「"紙"と"鶏"が同等の価値がある」という概念は簡単に納得できるものではないことは容易く理解できます。

このような歴史的背景も踏まえた上で同氏は、仮想通貨は価値を表現するための新しい形式の一つにしかすぎないと説明しており「21世紀版の薄い紙幣」だと定義しています。しかしながら『その背後にある"分散型でオープンな特徴"は、政府が運営する金融システムとは対照的である』と指摘しています。

ルービン氏は、仮想通貨を使用すれば「分散型ネットワーク」のおかげで、最終的には"富の分配"をより良くすることができると書いています。

また、発展途上国の個人情報を証明する手段を持っていない人々も仮想通貨やブロックチェーンの技術によって、低コストで"自らの個人情報を証明する手段"を手にすることができるため、少額のローンを組んだり、新しいビジネスに挑戦することができるようになると説明しています。

このようなことからルービン氏は、ネットワーク化されたオープンなプラットフォームは、最終的に企業と顧客で構成された敵対的なシステムを置き換える「集団的な良い関係の基盤」となると考えています。

ブロックチェーン業界の発展に尽力する「ジョセフ・ルービン氏」

Joseph-Lubin

ルービン氏が率いる「ConsenSys」は、イーサリアム(ETH)をベースにしたブロックチェーン開発スタジオです。

ConsenSysは、イーサリアムの持つ利点を最大限に活用した複数のプロジェクトに取り組んでおり、先日はイーサリアムを使用して「再生可能エネルギー」を低コストで効率的に供給することができる電力配電システム「Grid+(グリッド・プラス)」のプロジェクトを通じて、米国の消費者に電力供給を開始したことを発表しています。

またこの他にも、大学と協力してブロックチェーン関連の技術者の育成などにも取り組んでおり、ドイツカナダの有名大学とのプロジェクトにも取り組んでいます。

仮想通貨やブロックチェーン技術の発展に積極的に取り組んでいるルービン氏は『仮想通貨市場の成長は始まったばかり』だと述べています。

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

アマゾン(AWS)がブロックチェーンフレームワークをリリース

アマゾン(AWS)がブロックチェーンフレームワークをリリース

暗号資産の取引情報、世界各国で共有へ「課税逃れ防止」に向け枠組み構築=日経報道

暗号資産の取引情報、世界各国で共有へ「課税逃れ防止」に向け枠組み構築=日経報道

BINANCE:ADA・LINKの「四半期先物取引サービス」拡大へ

BINANCE:ADA・LINKの「四半期先物取引サービス」拡大へ

大手暗号資産取引所KuCoin「Non-Fungible Token(NFT)取引サービス」提供へ

大手暗号資産取引所KuCoin「Non-Fungible Token(NFT)取引サービス」提供へ

Bitstamp × ZEBEDEE:ビットコイン賞金付きの「カウンターストライク試合」開催へ

Bitstamp × ZEBEDEE:ビットコイン賞金付きの「カウンターストライク試合」開催へ

仮想通貨決済で日本商品を世界へ「ゼンマーケット」合計50銘柄に対応

仮想通貨決済で日本商品を世界へ「ゼンマーケット」合計50銘柄に対応

注目度の高い仮想通貨ニュース

カード型ウォレット提供するTangem、柴犬レイヤー2「Shibarium」に対応

カード型ウォレット提供するTangem、柴犬レイヤー2「Shibarium」に対応

Bybit:過小評価された仮想通貨探しに役立つ「無料分析ツールキット」公開

Bybit:過小評価された仮想通貨探しに役立つ「無料分析ツールキット」公開

半減期前のラリーでKaspaとSolanaが調整か、Bitcoin Minetrixは上昇傾向

半減期前のラリーでKaspaとSolanaが調整か、Bitcoin Minetrixは上昇傾向

柴犬(SHIB)の新NFT「Sheboshis」待望のお披露目|販売分は即完売

柴犬(SHIB)の新NFT「Sheboshis」待望のお披露目|販売分は即完売

人気のP2Eゲーム「Gods Unchained」スマホアプリ公開|iOS・Androidに対応

人気のP2Eゲーム「Gods Unchained」スマホアプリ公開|iOS・Androidに対応

SHIBで新たなNFTコレクションが登場?「SHEBOSHI」の公式Xアカウント公開

SHIBで新たなNFTコレクションが登場?「SHEBOSHI」の公式Xアカウント公開

エアドロップに焦点を当てた新しいミームコイン「SMOG」がSOLでフェアローンチ、開始1時間で1,400%の急騰

エアドロップに焦点を当てた新しいミームコイン「SMOG」がSOLでフェアローンチ、開始1時間で1,400%の急騰

ビットコインドック、史上初のBRC-20のICOを開始

ビットコインドック、史上初のBRC-20のICOを開始

コインチェック:米ドルステーブルコイン「USDC」取扱いへ|米Circle社と提携

コインチェック:米ドルステーブルコイン「USDC」取扱いへ|米Circle社と提携

盗まれた仮想通貨も回収可能?XRP Ledgerで実装予定の「クローバック機能」とは

盗まれた仮想通貨も回収可能?XRP Ledgerで実装予定の「クローバック機能」とは

BlastUP:DAppsの立ち上げと資金調達に革命を起こすBlastでライブ配信開始

BlastUP:DAppsの立ち上げと資金調達に革命を起こすBlastでライブ配信開始

あの人が保有する仮想通貨をのぞき見|Phantom「ウォレットウォッチャー機能」追加

あの人が保有する仮想通貨をのぞき見|Phantom「ウォレットウォッチャー機能」追加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す