仮想通貨ニュース週間まとめ|9月23日〜29日

by BITTIMES

2018年9月23日〜29日にかけて紹介した仮想通貨関連のニュースをまとめて掲載しています。この1週間で特に注目の話題を、BITTIMES編集部がピックアップしてお届けします。リップルに関する注目の発表や、Ripple社の競合となる新たな決済ネットワークの話題など、今後の動きに期待が高まる複数の記事を紹介しています。

億万長者「ティム・ドレイパー氏」の体験談

bitcoinxtim

純資産額1,000億円越えの仮想通貨投資Tim Draper(ティム・ドレイパー)氏は「TheStreet」とのインタビューの中で、自身が仮想通貨の世界に入ったきっかけや、過去に「40,000BTC」を購入した時のことなどについて詳しく語り、自身の失敗談なども交えながら多くのことを語っています。

仮想通貨への投資を長い間続けてきた同氏は、苦い経験もしているものの、ブロックチェーンや仮想通貨は世の中を大きく変えることになると信じており、『ビットコイン価格が2022年までに2,750万円になる』という予想を変わらず維持し続けています。

億万長者ティム・ドレイパー氏の体験談はこちら

XRP少額決済サービスを「Wikipedia」がテスト

Coil-logo

世界中で愛用されているオンライン百科事典「Wikipedia(ウィキペディア)」が、Ripple(リップル)社の技術を活用した少額決済サービス「Coil(コイル)」を活用して"XRPでの寄付"を受け付けるためのテストを行なっていることが明らかになりました。

「Coil」は今年の5月に立ち上げられたばかりですが、すでにYouTube(ユーチューブ)などのサービスでもコンテンツ制作者が報酬を受け取る新しい手段として利用できるようになっています。

Wikipediaがテストを開始した「Coil」の詳細はこちら

イーサリアムで「再生可能エネルギー」の提供開始

Grid-plus-logo

ブロックチェーン企業「ConsenSys(コンセンシス)」は、同社が運営している電力配電システム「Grid+(グリッド・プラス)」の取り組みを通じて、米国の消費者に「再生可能エネルギー」の提供を開始したことを発表しました。

この電力配電システムは、イーサリアム(ETH)のネットワーク上に構築されているため、電気料金の支払いなども合理的に行えるようになっており、無駄な電力を抑えながら使用量を最適化し、様々なコストを削減することができるようになっています。

「JPMorgan」の決済ネットワークに75の銀行が参加

JPMorgan

JPMorgan(JPモルガン)は、同社が提供するブロックチェーン技術を用いたクロスボーダー決済ネットワーク「Interbank Information Network(IIN)」に世界各国の75以上の銀行が参加したことを明らかにしました。

このネットワークには、日本の「三井住友銀行」「みずほ銀行」「りそな銀行」なども参加しており、リップルの新たな競争相手として注目が集まっています。

仮想通貨は「21世紀の紙幣」|ジョセフ・ルービン

Joseph Lubin

イーサリアム(ETH)の共同制作者であり「ConsenSys」の創設者でもあるJoseph Lubin(ジョセフ・ルービン)氏は『仮想通貨は進化し続けている"お金"の新しい形にしか過ぎない』と語り、仮想通貨が今後社会に普及していくことは自然なことだということを説明しています。

同氏は、マルコ・ポーロが初めて中国の"紙のお金"を見た時も、"鶏"と"紙"が同等の価値として扱われていることを受け入れることができなかったことなどを挙げ、仮想通貨が社会に受け入れられるには時間がかかると述べています。

LINEの仮想通貨「LINKトークン」の詳細が明らかに|DAppsリリースも

LINK-BITBOX

LINE(ライン)が発行する仮想通貨「LINKトークン」の詳細情報が明らかになりました。2018年10月16日には、LINEが立ち上げた仮想通貨取引所「BITBOX(ビットボックス)」での売買が開始され、LINKトークンを報酬として受け取ることができる分散型アプリケーション(DApps)も今年度中に複数リリースされる予定となっています。

今回の発表の中では、公開予定のDApps5種類の情報が明らかになっており、
・Q&A
・スポットSNS
・未来予想
・商品レビュー
・グルメレビュー
といった分野に分かれたアプリケーションを開発中であることが明かされています。

成長を続ける「モバイル決済市場」2023年には517兆円規模に

Square-logo

グローバル市場の調査を行なっている「Allied Market Research(アライドマーケットリサーチ)」は、モバイル決済市場の価値が2023年までには、4兆5,740億ドル(約517兆円)にまで成長するという予測を発表しています。

2016年時点の「モバイル決済市場価値」は、6,100億ドル(約69兆円)と報告されていることなどを踏まえて考えると、この今後5年間で飛躍的な成長がもたらされる可能性があることがわかります。

モバイル決済を代表する企業である「Square.Inc」は、仮想通貨の売買を行うことができるアプリもリリースしており、企業の株価もここ数ヶ月で飛躍的な成長を遂げています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース週間まとめ|4月8日〜14日

仮想通貨ニュース週間まとめ|4月8日〜14日

三菱UFJなどがリップルの国際送金を実証実験|今月中に開始

三菱UFJなどがリップルの国際送金を実証実験|今月中に開始

ADA XRPなど5銘柄上場:仮想通貨取引所「OKCoin」で取り扱い開始

ADA XRPなど5銘柄上場:仮想通貨取引所「OKCoin」で取り扱い開始

リップル(XRP)基軸の取引所「Bitrue」新たに3種類の通貨ペアを追加

リップル(XRP)基軸の取引所「Bitrue」新たに3種類の通貨ペアを追加

チャールズ・ホスキンソン「イーサリアムが成功するとは思わなかった」

チャールズ・ホスキンソン「イーサリアムが成功するとは思わなかった」

DMM Bitcoin:仮想通貨リップル(XRP)の「現物取引」提供へ|本日18時から

DMM Bitcoin:仮想通貨リップル(XRP)の「現物取引」提供へ|本日18時から

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコイン、FOMO発動ライン「1万ドル」をついに突破|予想される次の動きは?

ビットコイン、FOMO発動ライン「1万ドル」をついに突破|予想される次の動きは?

ブロックチェーン活用した「電子マネー」アイスランドで合法化=ヨーロッパ初

ブロックチェーン活用した「電子マネー」アイスランドで合法化=ヨーロッパ初

カルダノエイダ(Cardano/ADA)インドの仮想通貨取引所「WazirX」に上場

カルダノエイダ(Cardano/ADA)インドの仮想通貨取引所「WazirX」に上場

「通信業界向け」ブロックチェーン基盤の構築でOrbs・ConsenSys・IBMなどが協力

「通信業界向け」ブロックチェーン基盤の構築でOrbs・ConsenSys・IBMなどが協力

Libraブロックチェーン活用した「トークン化資産」のテスト発行に成功:eToroX

Libraブロックチェーン活用した「トークン化資産」のテスト発行に成功:eToroX

おでかけ写真投稿アプリ「LINE STEP」リリース|最大20万円相当の報酬ポイントも

おでかけ写真投稿アプリ「LINE STEP」リリース|最大20万円相当の報酬ポイントも

ビットコインは「唯一無二のヘッジ手段」金融市場のリスク対策に最適:Social Capital CEO

ビットコインは「唯一無二のヘッジ手段」金融市場のリスク対策に最適:Social Capital CEO

環境問題へのブロックチェーン活用に向け「若者のスキル」を育成:ドバイ電気・水道局

環境問題へのブロックチェーン活用に向け「若者のスキル」を育成:ドバイ電気・水道局

仮想通貨取引所ビットフライヤー「新規口座開設」受付再開へ|7月3日から

仮想通貨取引所ビットフライヤー「新規口座開設」受付再開へ|7月3日から

未登録の仮想通貨取引所に「業務停止・資金返還」を命令:マレーシア規制当局

未登録の仮想通貨取引所に「業務停止・資金返還」を命令:マレーシア規制当局

ブロックチェーンで「学校給食」の安全性を保証|生産情報などが確認可能に:韓国

ブロックチェーンで「学校給食」の安全性を保証|生産情報などが確認可能に:韓国

TiedCo社:初の日本円ステーブルコイン「タイドコイン」を発表

TiedCo社:初の日本円ステーブルコイン「タイドコイン」を発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す