ビットコイン価格:2022年には「2,750万円」に ー 著名投資家Tim Draper予想

by BITTIMES

仮想通貨(Cryptocurrency)に投資している億万長者の一人であるTim Draper(ティム・ドレイパー)氏は「TheStreet」からのインタビューに答え、自身が暗号通貨の世界に入ることになったきっかけや当時の失敗談などについて語った上で、ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格が2022年までに25万ドル(約2,750万円)に達するという目標を現在も維持していることを明かしました。

こちらから読む:強気な予想を維持し続ける億万長者「Tim Draper」

仮想通貨業界参入からこれまでの経緯

bitcoin-people

仮想通貨やブロックチェーン技術を非常に高く評価していることでも知られているTim Draper(ティム・ドレイパー)氏は、アメリカ・カリフォルニア州で開催された「Crypto Finance Conference」で「The Street」からのインタビューを受け、ビットコインの価格目標や業界に与える変化に関するコメントを語りました。

マイニング報酬とマウントゴックス事件

まずはじめに「ドレイパー氏はどのような方法で最初に仮想通貨を手にしたのか?」という質問を受けた同氏は、ビットコインを入手したのはマイニング(採掘)を始めたことがきっかけだったことを明かしました。

早い時期にマイニングに参加したことによって大量のビットコインを手にしたという同氏は、『安全に保管するために「Mt.Gox(マウント・ゴックス)」という仮想通貨取引所にそれらのビットコインを入れた』と述べています。

しかしマウント・ゴックスでは、2014年に顧客から預かっていた多額のビットコインを消失するという「マウントゴックス事件」が起きています。この事件によってそれらのビットコインを失ったドレイパー氏は、当時相当なショックを受けたものの、それと同時に"仮想通貨は今後さらに成長する"と感じ、その時から少しづつ購入し始めた"と説明しています。

ビットコインオークションで40,000BTCを購入

bitcoin

またドレイパー氏は、2014年に米国の連邦保安局が闇サイト「シルクロード」から押収した「144,336BTC」のオークション販売に参加し大量にビットコインを購入したことでも知られています。彼はこの当時のことについて『実際にはどれほどのビットコインを購入したのか?』という質問にも答えています。

当時のビットコイン価格が今と比べると非常に安値だったことを先に語った同氏は、最終的に632ドル(約7万円)まで入札したためしばらくは辛い状態だったと説明しており、具体的に購入したビットコインの量については『40,000BTCくらいだったと思う』と述べています。これは2018年9月時点での金額に換算すると約300億円に相当します。

このような経緯から今や相当な額の利益を出していると言われているドレイパー氏は、その後ブロックチェーンや仮想通貨が世界経済にどのような影響を与えるかについて説明しました。

仮想通貨は経済全体を変える

government-blockchain

ドレイパー氏は『仮想通貨はあらゆる分野の経済を変える』と述べています。

同氏は、『仮想通貨が世の中に与える影響はインターネットよりも遥かに大きい』と述べており、あらゆる業界を変えると説明しています。

この業界は経済全体を変化させます。その中には、商取引、銀行、保険、不動産なども含まれています。もっと幅広い分野で言えば、医療とヘルスケアはスマートコントラストによって変化することになるでしょう。ディープ・ラーニングとビッグ・データは、私たちが頭痛を抱えているかどうかを判断できるようになろうとしています。

彼は、仮想通貨やブロックチェーン技術が普及することによって、政府が提供するサービスや医療保険、社会保障などの業界にも"競争"が生まれることになるため、それらのサービスの質をさらに向上させ、より良い世の中を作るきっかけになると考えています。

ブロックチェーンの技術はどのように世の中を変えるのか?

ビットコインの価格目標は「2,750万円」

ビットコイン価格目標

以前から変わらず一貫して仮想通貨やブロックチェーン技術を高く評価しているドレイパー氏は、以前に彼が設定した「2022年に25万ドル(約2,750万円)」というビットコインの価格目標を今も保っているのか?という質問に対しても、以前と変わらず「2022年に2,750万円」という価格目標を維持していると述べています。

ティム・ドレイパー氏のような巨額の資産を所有している仮想通貨投資家たちは、以前から一貫してビットコインの価格がさらに高値を更新すると予測しています。

その額にはそれぞれで違いがあるものの「最終的に1,000万円を超える」という点ではどれも同じであり、中には「1億円を超える」との予想も出ています。半年以上に渡って続いた下落相場が落ち着きつつある今、これまでに語られてきたそれらの予想には再度注目する価値があると言えるでしょう。

Bitcoin(BTC)の価格|2018年9月23日

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、今年に入ってから続いている下落で650,000円近くまで下落していましたが、そのサポートラインは維持し続けており、2018年9月23日の時点では750,000円まで回復しています。

ティム・ドレイパー氏が2,750万円にまで価値が上昇すると語るビットコイン(BTC)の購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Fidelity Investments「ブロックチェーン関連商品」年末までの公開目指す

Fidelity Investments「ブロックチェーン関連商品」年末までの公開目指す

ビットコインマイニング協議会(BMC)発足|イーロン・マスク氏は関与せず

ビットコインマイニング協議会(BMC)発足|イーロン・マスク氏は関与せず

ドローン用いた「荷物盗難防止」にブロックチェーン活用|IBMが特許を取得

ドローン用いた「荷物盗難防止」にブロックチェーン活用|IBMが特許を取得

「ビットコインについて教えて」ハリー・ポッター作者の質問に業界著名人が回答

「ビットコインについて教えて」ハリー・ポッター作者の質問に業界著名人が回答

リップル(XRP)の実用化進む|サンタンデール銀行が「19カ国」への国際送金に活用

リップル(XRP)の実用化進む|サンタンデール銀行が「19カ国」への国際送金に活用

牛乳・乳製品の「生産・流通情報」をブロックチェーン管理|フランス小売大手Carrefour

牛乳・乳製品の「生産・流通情報」をブロックチェーン管理|フランス小売大手Carrefour

注目度の高い仮想通貨ニュース

Socios.com:NBAチーム「Cleveland Cavaliers」とパートナーシップ契約

Socios.com:NBAチーム「Cleveland Cavaliers」とパートナーシップ契約

c0ban取引所「RYO総購入量の最大5%がもらえる」購入キャンペーン開始

c0ban取引所「RYO総購入量の最大5%がもらえる」購入キャンペーン開始

Chiliz&Socios「Arsenal FC(アーセナルFC)」と提携|$AFCファントークン発行へ

Chiliz&Socios「Arsenal FC(アーセナルFC)」と提携|$AFCファントークン発行へ

DeFiのための独自デフレメカニズムを持つ「EverRise(エバーライズ)」とは

DeFiのための独自デフレメカニズムを持つ「EverRise(エバーライズ)」とは

Mercoin(メルコイン)「日本暗号資産ビジネス協会」に正会員として入会

Mercoin(メルコイン)「日本暗号資産ビジネス協会」に正会員として入会

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年7月11日〜17日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年7月11日〜17日

「NFP」プラットフォームのRarepornが9月にICOを実施|プライベートセールでVC等から約5.5億円の資金調達に成功

「NFP」プラットフォームのRarepornが9月にICOを実施|プライベートセールでVC等から約5.5億円の資金調達に成功

BINANCE CEO「地域ごとの本部設立」を計画|規制準拠に向けた5つの取り組みも

BINANCE CEO「地域ごとの本部設立」を計画|規制準拠に向けた5つの取り組みも

EMURGO:カルダノDAppsとYoroi Walletを繋ぐ「dApp Connector」提供へ

EMURGO:カルダノDAppsとYoroi Walletを繋ぐ「dApp Connector」提供へ

コカ・コーラ「4種類のNFT作品」オークション販売へ|Decentralandでも利用可能

コカ・コーラ「4種類のNFT作品」オークション販売へ|Decentralandでも利用可能

Amazon「デジタル通貨・ブロックチェーンのプロダクト責任者」を募集

Amazon「デジタル通貨・ブロックチェーンのプロダクト責任者」を募集

NiziU所属の韓国大手芸能事務所「NFT事業」参入へ|暗号資産取引所運営会社と提携

NiziU所属の韓国大手芸能事務所「NFT事業」参入へ|暗号資産取引所運営会社と提携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す