ブロックチェーンスマートフォン「XPhone」を発表 ー PundiX

by BITTIMES   

Blockchain企業である「PundiX」は、2018年10月10日にブロックチェーン・スマートフォン「XPhone」の開発を進めていることを明らかにしました。この発表に合わせて「Function X」と呼ばれる独自開発されたプラットフォームも公表されているため、近日中に公開予定とされているこれらの詳細情報に注目が集まっています。

こちらから読む:ブロックチェーン・スマートフォンを発表した「PundiX」とは

ブロックチェーン・スマートフォン「XPhone」

XPhone

インドネシアのブロックチェーン企業である「PundiX」は、2018年10月9日〜10日にかけて開催された「XBlockchain Summit」の中で、ブロックチェーン・スマートフォンである「XPhone」を発表しました。

XPhoneは、集中型の携帯通信会社を必要とする従来の電話機とは異なり、通信会社を必要とせずに独立して動作します。このスマートフォンは、「PundiX」独自のブロックチェーンである「Function X」と呼ばれるブロックチェーン上で動作するように設計されており、分散型アプリケーション(DApps)の公開機能も備えています。

非中央集権化された「分散型ソリューション」

PundiXは、「Function X」は"単なるパブリックチェーンではない"と述べており、
・Function X Blockchain
・Function X OS
・Function X Docker
・Function X IPFX
・FXTP Protocol
と呼ばれる完全に「非中央集権化」された総括的な5つの分散型ソリューションで構成されていると説明しています。これら5つのアプリケーションは、すべてのアプリ、ウェブサイト、コミュニケーション、データを分散させることを目的として作成されています。

「Function X OS」は、現在も多くのユーザーに利用されている「Android OS 9.0」に基づいて構築されているとのことで、全てのAndroidアプリと下位互換性があると報告されています。これはAndroidに精通している開発者であれば、新しく開発された「Function X」のプラットフォームにも問題なく移行することができることを意味します。

全く新しい「通信システム」

PundiXは、分散型アプリケーションの開発に関心を持っている人々向けのサービス提供を目指しているため、これだけには留まらないほどの機能を備えています。

「Function X」のエコシステムは、従来のインターネットhttpプロトコルとは全く異なるシステムを使用しています。このシステムを使用すると、Function Xのエコシステムにおける全てのデバイスがノードとなり、それぞれの端末が「独自のアドレス」と「プライベートキー」を持つことになります。このような方式を採用しているため、通信に関する記録は「従来のような"URL"や"IPアドレス"」ではなく「ノード名」に紐付けられることになっています。

一度登録されると、誰かが自分の公開データやコンテンツにアクセスしたい場合には、従来の「https://プロトコル」の場合と同様に、「FXTP://xxx.pitt」と入力するだけでアクセスすることができるようになっています。

また、写真・データ・ファイル・ウェブサイトを共有している場合でも同様に、このパスでアクセスすることができます。友人と連絡を取りたい場合などには、
・call.pitt
・message.pitt
・mail.pitt
と入力すれば、電話やメールを送ることができます。

PundiXは、この新しいシステムについて次のように説明しています。

データの送信は、公開鍵と秘密鍵のデータと暗号化の複雑なやりとりで実行されますが、傍受なしで通信を保証し、ユーザーに他の人が共有するデータに直接アクセスできます。「Function X Blockchain」を介して送信または処理される情報もチェーンに記録されます。

XPhoneの公開予定日は?

XPhone

「XPhone」は現在、テストのために携帯電話メーカーに提供されているとのことで、「Function X」のプラットフォームに関する詳しい情報は、10月15日に公開される予定となっています。

また「Function X Blockchain」と「XPhone」が一般向けに公開される時期としては、2019年の第2四半期を予定していると伝えられています。

PundiXと同様に「ブロックチェーン・スマートフォン」を早い時期から開発している「SirinLabs」は、今年中には「FINNEY Phone」を発売することを発表しているため、先に世の中に登場するのは「FINNEY Phone」になるかと考えられますが、来年「XPhone」が販売されることになれば、今後もさらにその他の企業からブロックチェーン・スマートフォンが発表される可能性も十分に考えられます。

まだ開発が始まったばかりであるこれらの新しいデバイスの今後の発展には大きな注目が集まります。

SirinLabsに関する記事はこちら

PundiX(NPXS)の価格|2018年10月11日

PundiX(NPXS)の価格は、2018年10月11日の時点では「1NPXS=約0.16円」となっています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Socios.com「Minnesota Timberwolves&Lynx」と提携|初のWNBAパートナーシップ

Socios.com「Minnesota Timberwolves&Lynx」と提携|初のWNBAパートナーシップ

オハイオ州:ビットコインによる税金支払いサービスの「一時停止」を発表

オハイオ州:ビットコインによる税金支払いサービスの「一時停止」を発表

ポルトガル:ブロックチェーンなどの技術開発促進に向け「フリーゾーン」立ち上げへ

ポルトガル:ブロックチェーンなどの技術開発促進に向け「フリーゾーン」立ち上げへ

カルダノ財団:仮想通貨業界の規制ガイドライン策定団体「GDF」に参加

カルダノ財団:仮想通貨業界の規制ガイドライン策定団体「GDF」に参加

バイナンス:オーストラリア向けの暗号資産取引所「Binance Australia」立ち上げ

バイナンス:オーストラリア向けの暗号資産取引所「Binance Australia」立ち上げ

仮想通貨決済企業Circle社CEO「バフェットランチ」参加へ

仮想通貨決済企業Circle社CEO「バフェットランチ」参加へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

ディーカレットのスマホで本人確認(eKYC)「5種類の本人確認書類」が利用可能に

ディーカレットのスマホで本人確認(eKYC)「5種類の本人確認書類」が利用可能に

総合格闘技RIZIN:IOST活用のNFTマーケット「RIZIN FIGHTING COLLECTION」公開へ

総合格闘技RIZIN:IOST活用のNFTマーケット「RIZIN FIGHTING COLLECTION」公開へ

エルサルバドル政府:ビットコイン法定通貨化に向けた「動画広告」を公開

エルサルバドル政府:ビットコイン法定通貨化に向けた「動画広告」を公開

ウクライナ:暗号資産の取引・保有・交換などを「合法化」議会で法案可決

ウクライナ:暗号資産の取引・保有・交換などを「合法化」議会で法案可決

エルサルバドルで法定通貨化控えるビットコイン「5万ドル突破」価格変動にも要注意

エルサルバドルで法定通貨化控えるビットコイン「5万ドル突破」価格変動にも要注意

住宅ローンの支払いで「仮想通貨決済」受け入れへ:米United Wholesale Mortgage

住宅ローンの支払いで「仮想通貨決済」受け入れへ:米United Wholesale Mortgage

gumi:1億ドル規模の暗号資産関連ファンド「gumi Cryptos Capital Fund II」組成へ

gumi:1億ドル規模の暗号資産関連ファンド「gumi Cryptos Capital Fund II」組成へ

【重要】BINANCE:全取引ユーザーが「本人確認必須」に|KYCなしで取引・入金は不可

【重要】BINANCE:全取引ユーザーが「本人確認必須」に|KYCなしで取引・入金は不可

カルダノ財団:セキュリティ強化に向けブロックチェーン分析企業「Coinfirm」と提携

カルダノ財団:セキュリティ強化に向けブロックチェーン分析企業「Coinfirm」と提携

エルサルバドル最大手銀行「ビットコイン決済」に対応|Flexaと提携

エルサルバドル最大手銀行「ビットコイン決済」に対応|Flexaと提携

コインチェック:松田翔太さんが出演する「新テレビCM」38都道府県で放送へ

コインチェック:松田翔太さんが出演する「新テレビCM」38都道府県で放送へ

チリーズ(Chiliz)2021年第2四半期に「合計8,888,888CHZ」をバーン

チリーズ(Chiliz)2021年第2四半期に「合計8,888,888CHZ」をバーン

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す