仮想通貨Pundi X(NPXS)がBinanceの人気投票で優勝!21日から取引開始

by BITTIMES

仮想通貨取引所Binance(バイナンス)のコミュニティ内で行われている第7回目の上場通貨人気投票が終了しました。今回の投票では仮想通貨Pundi X(NPXS)が優勝者に選ばれました。2018年06月21日の午前2時(UTC)には、NPXS/BTCおよびNPXS/ETHの取引ペアが追加される予定となっています。

Pundi X(NPXS)とは?

Pundi X(NPXS)は、ユーザーがいつでもどこでも仮想通貨を購入、販売、使用できるようにし、10億人のユーザーが利用できる通貨になることを目指しています。これによって、Pundi Xは世界最大の分散型オフライン仮想通貨ネットワークになります。

コンビニやレストランでクレジットカードと同様の感覚で仮想通貨を使った支払いを行うことができるようになるため、仮想通貨の普及に大きな影響を与えることが期待されています。

すでにいくつかの店舗にも導入されており、専用のデバイスを利用してQRコードを使ったキャッシュレス決算を簡単に行うことができます。

リニューアルされた決済通貨

NPXSは決済通貨としての機能性を保つためにこれまでの歴史の中でリニューアルされた通貨でもあります。

PundiXのトークンは以前は『PXS』が主流でしたが、イーサリアム(ETH)の価格が高騰したことによって、当初の予定よりも価格が高くなってしまいました。

価値が高まりすぎてしまったことによって、一般生活の中での使用に支障をきたしたPundiXは、そのような問題を回避するために、当初は1PXSを1000PXSに分割することが予定されていました。しかし利益を上げることだけを意識した一部の投資家がいたことによって"分割する"という計画は失敗に終わってしまいました。

NPXSは"分割する"ことの代わりに発行された新しいトークンです。1NPXSの価格は6月20日の時点で、約1円前後で取引されているため、日常生活での支払いに最適な価格を維持しています。

POSシステム

Pundi X(NPXS)は、販売時点情報管理(POS)システムです。
POSシステムとは『いつ、どこで、何の商品が、いくらで、いくつ売れたか』を計測するレジシステムのことであり、Pundi XのPOSシステムを導入している店舗であれば、ユーザーは仮想通貨で簡単に支払いを完了することができるようになります。

仮想通貨で支払いを行うためには、初めに取引所で仮想通貨を購入してウォレットに移す必要があるため、初めて利用する人にとっては若干利用しづらいという問題があります。

しかしPundi Xを利用した場合には、レジにQRコードをかざすだけでクレジットカードや現金で仮想通貨を購入することもできます。もちろん同じようにQRコードをかざすだけで、支払いを行うこともできるため、Apple Payなどのように簡単に仮想通貨を使い始めることができます。

実際にレジで仮想通貨決済を行う場合には、
ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
ライトコイン(LTC)
カルダノエイダコイン(ADA)
などの主要通貨を利用することもできます。

今後は日本でも利用可能に?

Pundi Xのサービスは、すでにジャカルタで500店舗で利用可能となっており、10万人以上に利用されています。また、ICOで集まった資金はインドやシンガポール、日本などのアジア各国で、Pundi XのPOSデバイスを配布するために使うことが予定されており、具体的には今後の3年間で70万台のデバイスを店舗に導入することが予定されています。

それぞれの仮想通貨の『実用性』の面にも大きく貢献し、多くの仮想通貨が抱える問題を解決できる可能性を秘めたPundi Xは、今後も対応通貨が増えて行くことが予想されます。

今回のBinance上場に伴い、Pundi Xの認知度も高まることによって今後もますますその実用性は高まっていくことになるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨決済で東京ー空港間の移動が可能に|ビットポイント「日の丸リムジン」と提携

仮想通貨決済で東京ー空港間の移動が可能に|ビットポイント「日の丸リムジン」と提携

歴史上最大!仮想通貨のイベント「Blockchain World Conference」

歴史上最大!仮想通貨のイベント「Blockchain World Conference」

日本国内の「ブロックチェーン普及促進」に向け業界団体が連携|参加企業500社を目指す

日本国内の「ブロックチェーン普及促進」に向け業界団体が連携|参加企業500社を目指す

LINE独自の仮想通貨「wizcoin」発行か

LINE独自の仮想通貨「wizcoin」発行か

ビットコイン今後の展望「危険だから消滅させる」と語る未来人

ビットコイン今後の展望「危険だから消滅させる」と語る未来人

ASUS最新の仮想通貨マイニング用マザーボードは20基ものGPU接続が可能に

ASUS最新の仮想通貨マイニング用マザーボードは20基ものGPU接続が可能に

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース週間まとめ|2018年12月30日〜2019年1月5日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2018年12月30日〜2019年1月5日

VISA:リップル社と提携する金融サービス会社「Earthport」を買収

VISA:リップル社と提携する金融サービス会社「Earthport」を買収

仮想通貨XRPは「BTC・ETH」以上に分散化されている|Ripple CEO:Brad Garlinghouse

仮想通貨XRPは「BTC・ETH」以上に分散化されている|Ripple CEO:Brad Garlinghouse

キャッシュレス化が招く「プライバシー問題」解決の鍵はビットコイン:Arthur Hayes

キャッシュレス化が招く「プライバシー問題」解決の鍵はビットコイン:Arthur Hayes

【福岡県】仮想通貨が使えるキャッシュレス対応店舗一覧

【福岡県】仮想通貨が使えるキャッシュレス対応店舗一覧

仮想通貨ウォレットアプリ「BitKeep」がTRON(TRX)に対応|トークンやDAppsもサポート

仮想通貨ウォレットアプリ「BitKeep」がTRON(TRX)に対応|トークンやDAppsもサポート

仮想通貨市場を牽引する「注目すべき」プロジェクトリーダーたち

仮想通貨市場を牽引する「注目すべき」プロジェクトリーダーたち

ブロックチェーン「遠隔医療サービス」を東アフリカに|国連機関がDoc.comと提携

ブロックチェーン「遠隔医療サービス」を東アフリカに|国連機関がDoc.comと提携

ラスベガスで進む「ブロックチェーン計画」新たなエンターテイメント都市を目指す

ラスベガスで進む「ブロックチェーン計画」新たなエンターテイメント都市を目指す

【熊本県】仮想通貨が使えるキャッシュレス対応店舗一覧

【熊本県】仮想通貨が使えるキャッシュレス対応店舗一覧

仮想通貨市場「低迷」の原因を指摘|イーサリアム共同設立者:Joseph Lubin

仮想通貨市場「低迷」の原因を指摘|イーサリアム共同設立者:Joseph Lubin

「ビットコインは順調に成長している」2018年データから読み取る将来性:Jameson Lopp

「ビットコインは順調に成長している」2018年データから読み取る将来性:Jameson Lopp

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

ブロックチェーンが「農業」の未来を変革 ー トレーサビリティで食品管理をスマートに

ブロックチェーンが「農業」の未来を変革 ー トレーサビリティで食品管理をスマートに

人気のタグから探す