ブロックチェーン技術は革新的「非常に大きな可能性」がある ー 世界銀行総裁

by BITTIMES

World Bank Group(世界銀行)の総裁であるJim Yong Kim(ジム・ヨン・キム)氏は、10月11日にインドネシアのバリで開催された国際通貨基金(IMF)との年次総会の中で、『分散型台帳技術(DLT)は非常に大きな可能性を秘めている』と語り、『このような革新的な技術に追いついていく必要がある』との考えを述べました。

こちらから読む:世界銀行総裁が賞賛する「ブロックチェーン」が市場に与える影響とは?

長年の問題を解決する「革新的技術」

technology

キム総裁は以前からビットコイン(BTC)のような仮想通貨ではなく、ブロックチェーン技術に関心を持っていることを語っていました。

『テクノロジーの世界には、長い歴史の中で何世紀にも渡って続いてきた"悪い習慣"を解決することができる革新的な技術が存在する』と述べている同氏は、そのような問題をなくそうと思ったら通常なら相当な時間がかかるものの、ブロックチェーンの技術はそのような問題を大きく改善することができる大きな可能性を秘めているということを語っています。

私たちは仮想通貨についての話し合いを行った上で、分散型台帳はとても大きな可能性を秘めているという考えに至りました。8月には初めてのブロックチェーン債を発行し、ブロックチェーン技術を通じて全ての債券の作成、配分、移転、管理を行っています。

またキム総裁はこの他にも、ブロックチェーン技術の活用が銀行業務における「紙などの経費削減」にも繋がったことも語っており、ブロックチェーン技術が今後もさらに有益なものになる可能性があると述べています。

ブロックチェーン技術は目標達成に不可欠

key-blockchain

ブロックチェーン技術の活用を実際に開始した同氏は、同銀行がこれまでは技術の発展についていけていなかったということを認めています。

キム総裁は、世界銀行の今後目標について、2020年までに金融サービス全般へのアクセスを開発することだと述べており、この目標はそれらのテクノロジーなしでは達成することはできないと語っています。

数年前まではブロックチェーンや仮想通貨の技術に関する否定的な意見が数多く見られていましたが、ここ最近ではそのような考え方も大きく変化してきています。現在では大手金融機関などもブロックチェーン技術を積極的に活用しており、その大きな可能性を高く評価しています。

現時点では、そのような多くの企業や機関はブロックチェーンを活用したシステムの本格的な活用に向けて準備を進めている段階ですが、徐々に正式な製品発表なども行われてきているため、今後はブロックチェーン技術を実際に使用する時代へと移行していくことになると予想されます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ロシアインターネット監督機関:BINANCEを「ブラックリスト」に追加

ロシアインターネット監督機関:BINANCEを「ブラックリスト」に追加

仮想通貨の寄付を受入れ「慈善活動の輪」を拡大 ー ユニセフ・フランス

仮想通貨の寄付を受入れ「慈善活動の輪」を拡大 ー ユニセフ・フランス

仮想通貨ニュース週間まとめ|11月25日〜12月1日

仮想通貨ニュース週間まとめ|11月25日〜12月1日

銀行に仮想通貨取引を許可するように強制|イスラエル最高裁

銀行に仮想通貨取引を許可するように強制|イスラエル最高裁

BINANCE:コスモス(Cosmos/ATOM)の「先物取引」提供へ

BINANCE:コスモス(Cosmos/ATOM)の「先物取引」提供へ

BINANCE:カザフスタン・ペルー・ケニアなど「5カ国の法定通貨」をサポート

BINANCE:カザフスタン・ペルー・ケニアなど「5カ国の法定通貨」をサポート

注目度の高い仮想通貨ニュース

カルダノ(Cardano/ADA)価格急騰で「1ドル」突破|過去最高値更新も視野に

カルダノ(Cardano/ADA)価格急騰で「1ドル」突破|過去最高値更新も視野に

ビットコイン価格「500万円」突破|今後注目の価格帯は時価総額100兆円ライン?

ビットコイン価格「500万円」突破|今後注目の価格帯は時価総額100兆円ライン?

カルダノ開発企業「Input Output Global(IOG)」に名称変更|アフリカ事業で進展も

カルダノ開発企業「Input Output Global(IOG)」に名称変更|アフリカ事業で進展も

暗号資産取次所運営のXtheta「サクラエクスチェンジビットコイン」に商号変更へ

暗号資産取次所運営のXtheta「サクラエクスチェンジビットコイン」に商号変更へ

ブレイブ:プライバシー重視の検索エンジン「Brave Search」提供へ|Tailcatを買収

ブレイブ:プライバシー重視の検索エンジン「Brave Search」提供へ|Tailcatを買収

Square:ビットコイン「1億7,000万ドル相当」を追加購入|合計投資額は2.2億ドルに

Square:ビットコイン「1億7,000万ドル相当」を追加購入|合計投資額は2.2億ドルに

マスターカード「2021年内に暗号資産を直接サポートする」と発表

マスターカード「2021年内に暗号資産を直接サポートする」と発表

大手金融顧問会社The Motley Fool「約5億円分のビットコイン投資」を予定

大手金融顧問会社The Motley Fool「約5億円分のビットコイン投資」を予定

Chiliz:トルコのサッカークラブ「Goztepe SK」と提携|CHZ価格は1年で10倍に上昇

Chiliz:トルコのサッカークラブ「Goztepe SK」と提携|CHZ価格は1年で10倍に上昇

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コインチェック×ハッシュポート×慶應大「暗号資産研究プロジェクト」発足

コインチェック×ハッシュポート×慶應大「暗号資産研究プロジェクト」発足

OLB Group:決済基盤で「仮想通貨決済」に対応|8,500店以上でBTCなどが利用可能に

OLB Group:決済基盤で「仮想通貨決済」に対応|8,500店以上でBTCなどが利用可能に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クアンタム(QTUM)保有者に対する「QIトークンエアドロップ」取引所の対応まとめ

クアンタム(QTUM)保有者に対する「QIトークンエアドロップ」取引所の対応まとめ

暗号資産「ドージコイン(Dogecoin/DOGE)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ドージコイン(Dogecoin/DOGE)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す