ブロックチェーン技術は革新的「非常に大きな可能性」がある ー 世界銀行総裁

by BITTIMES

World Bank Group(世界銀行)の総裁であるJim Yong Kim(ジム・ヨン・キム)氏は、10月11日にインドネシアのバリで開催された国際通貨基金(IMF)との年次総会の中で、『分散型台帳技術(DLT)は非常に大きな可能性を秘めている』と語り、『このような革新的な技術に追いついていく必要がある』との考えを述べました。

こちらから読む:世界銀行総裁が賞賛する「ブロックチェーン」が市場に与える影響とは?

長年の問題を解決する「革新的技術」

technology

キム総裁は以前からビットコイン(BTC)のような仮想通貨ではなく、ブロックチェーン技術に関心を持っていることを語っていました。

『テクノロジーの世界には、長い歴史の中で何世紀にも渡って続いてきた"悪い習慣"を解決することができる革新的な技術が存在する』と述べている同氏は、そのような問題をなくそうと思ったら通常なら相当な時間がかかるものの、ブロックチェーンの技術はそのような問題を大きく改善することができる大きな可能性を秘めているということを語っています。

私たちは仮想通貨についての話し合いを行った上で、分散型台帳はとても大きな可能性を秘めているという考えに至りました。8月には初めてのブロックチェーン債を発行し、ブロックチェーン技術を通じて全ての債券の作成、配分、移転、管理を行っています。

またキム総裁はこの他にも、ブロックチェーン技術の活用が銀行業務における「紙などの経費削減」にも繋がったことも語っており、ブロックチェーン技術が今後もさらに有益なものになる可能性があると述べています。

ブロックチェーン技術は目標達成に不可欠

key-blockchain

ブロックチェーン技術の活用を実際に開始した同氏は、同銀行がこれまでは技術の発展についていけていなかったということを認めています。

キム総裁は、世界銀行の今後目標について、2020年までに金融サービス全般へのアクセスを開発することだと述べており、この目標はそれらのテクノロジーなしでは達成することはできないと語っています。

数年前まではブロックチェーンや仮想通貨の技術に関する否定的な意見が数多く見られていましたが、ここ最近ではそのような考え方も大きく変化してきています。現在では大手金融機関などもブロックチェーン技術を積極的に活用しており、その大きな可能性を高く評価しています。

現時点では、そのような多くの企業や機関はブロックチェーンを活用したシステムの本格的な活用に向けて準備を進めている段階ですが、徐々に正式な製品発表なども行われてきているため、今後はブロックチェーン技術を実際に使用する時代へと移行していくことになると予想されます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Mercado Bitcoin「サッカー選手の権利」に投資できるトークン発行へ|Vasco da Gamaと協力

Mercado Bitcoin「サッカー選手の権利」に投資できるトークン発行へ|Vasco da Gamaと協力

ビットコインがナイジェリア経済破綻を救出した?

ビットコインがナイジェリア経済破綻を救出した?

リップル(Ripple/XRP)が「Coinbase.com」でも取引可能に|スマホアプリにも対応

リップル(Ripple/XRP)が「Coinbase.com」でも取引可能に|スマホアプリにも対応

国内企業7社:ブロックチェーン用いた貿易情報連携基盤「トレードワルツ」に共同出資へ

国内企業7社:ブロックチェーン用いた貿易情報連携基盤「トレードワルツ」に共同出資へ

BINANCE:チェーンリンク(Chainlink/LINK)の「先物取引」を新規追加

BINANCE:チェーンリンク(Chainlink/LINK)の「先物取引」を新規追加

電通など4社、ブロックチェーン活用を進める「コンテンツ関連企業連合」に入会

電通など4社、ブロックチェーン活用を進める「コンテンツ関連企業連合」に入会

注目度の高い仮想通貨ニュース

Cardano(ADA)スマートコントラクト実装に向け「Alonzoアップデート」のテスト開始

Cardano(ADA)スマートコントラクト実装に向け「Alonzoアップデート」のテスト開始

NFTマーケットプレイス「nanakusa」第2期公認クリプトアーティストの審査受付開始

NFTマーケットプレイス「nanakusa」第2期公認クリプトアーティストの審査受付開始

仮想通貨決済対応の鮨店、NFT「SUSHI TOP SHOT」をリリース【銀座渡利】

仮想通貨決済対応の鮨店、NFT「SUSHI TOP SHOT」をリリース【銀座渡利】

bitFlyer×Brave:仮想通貨BATがもらえる「タイアップキャンペーン第2弾」開始

bitFlyer×Brave:仮想通貨BATがもらえる「タイアップキャンペーン第2弾」開始

コインチェック:暗号資産積立で「最大1万円相当のBTCがもらえるキャンペーン」開催へ

コインチェック:暗号資産積立で「最大1万円相当のBTCがもらえるキャンペーン」開催へ

Apple:仮想通貨業界での経験有する「決済関連の事業開発マネージャー」を募集

Apple:仮想通貨業界での経験有する「決済関連の事業開発マネージャー」を募集

【JBA×BCA×BCCC】ブロックチェーン関連3団体が「NFT分科会」設立|勉強会も開催

【JBA×BCA×BCCC】ブロックチェーン関連3団体が「NFT分科会」設立|勉強会も開催

Twitter CEO:ビットコイン少額送金技術「Lightning Network」の導入を示唆

Twitter CEO:ビットコイン少額送金技術「Lightning Network」の導入を示唆

Zaif:Symbol取引で「15,000円相当のフィスココインが当たる」キャンペーン開始

Zaif:Symbol取引で「15,000円相当のフィスココインが当たる」キャンペーン開始

中南米諸国の政治家、続々と「ビットコイン支持」を表明|エルサルバドルに続く

中南米諸国の政治家、続々と「ビットコイン支持」を表明|エルサルバドルに続く

BINANCE(バイナンス)の「入金・出金方法」注意点もまとめて画像付きで解説

BINANCE(バイナンス)の「入金・出金方法」注意点もまとめて画像付きで解説

オーストリア・ポスト:NFCチップ内蔵のNFT切手「Crypto Stamp 3.0」発売へ

オーストリア・ポスト:NFCチップ内蔵のNFT切手「Crypto Stamp 3.0」発売へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す