SBI Ripple Asia:スマホ向け送金アプリ「Money Tap」をリリース

by BITTIMES

SBIホールディングスは、同社の子会社である「SBI Ripple Asia」が提供するスマートフォン用送金アプリ「Money Tap(マネータップ)」の提供を2018年10月4日から開始したことを発表しました。ブロックチェーン企業であるリップル社のソリューションを活用したこのアプリケーションは、銀行口座間でのお金のやり取りを365日いつでも簡単に手数料無料で行うことができる魅力的なサービスを提供しています。

こちらから読む:Money Tapのサービスを支える「Rippleソリューション」とは?

スマートフォン向け送金アプリ|Money Tap(マネータップ)

money-tap

Money Tap(マネータップ)は、SBIグループとRipple社の合弁会社である「SBI Ripple Asia」が複数の銀行と共同開発したスマートフォン向け送金アプリです。このアプリケーションには、Ripple社が提供するソリューションである「xCurrent」の技術が用いられているため、従来の方法よりも遥かに効率的に「銀行口座から銀行口座への送金」を処理することができるようになっています。

2018年10月の時点では、
・住信SBIネット銀行
・スルガ銀行
・りそな銀行
の3行がアプリに対応しており、iOS、Androidの両方の端末で利用することができるようになっています。

Money Tapの特徴

money-tap

24時間365日いつでも送金可能

「Money Tap」に対応している銀行口座であれば、同じ銀行同士ではなかったとしても24時間365日いつでも直接送金することができるようになっており、送金も数秒間で完了することができます。このアプリを利用すれば、送金に必要な情報を入力して画面を数回タップするだけで送金を完了することができるため、従来よりも遥かに簡単な方法で個人間でのお金のやりとりを行うことができるようになります。

送金先の指定は「電話番号」や「QRコード」でも

送金先の指定方法としては「銀行口座番号」だけでなく「携帯電話番号」や「QRコード」でも送金できるようになっているため、口座番号や支店名を入力する手間を省くことができます。

また発行された受け取り用の「QRコード」を印刷して店頭におけば、実質的に「QRコード決済」の手段としても利用することができるため、個人営業の店舗を経営している方などは、このアプリをダウンロードするだけで無駄な費用を抑えつつ、「MoneyTap」ユーザーに新たな決済方法を提供することもできます。

「生体認証機能」でセキュリティ面も安心

セキュリティ面の対策として、指紋などを用いた「生体認証機能」も組み合わされているため、パスワードを盗み取られることなどを心配する必要もなく、より安心してスムーズに送金を行うことができます。

戦略的な送金手数料設定

送金手数料に関してはそれぞれの銀行が個別に設定することになっているものの、現在アプリに対応している3銀行は、1回3万円、1日10万円までの送金は手数料無料となっています(*1)。
(*1)2018年10月時点

金融機関同行あて他行あて
住信SBIネット銀行0円0円
スルガ銀行0円0円
りそな銀行0円0円

「無料で送金できる金額の上限」を設定することによって、これまでは『手数料がもったいない』といった理由などから現金で取引が行われていた「少額送金」の面においてもアプリを通じて気兼ねなく送金を処理することができるようになっています。

無料で利用を開始することができる「Money Tap」は、10月4日から「App Store」及び「Google Play」でダウンロード可能となっています。より詳しい情報やアプリのダウンロードは以下のリンクからどうぞ。

Money Tapの公式サイトはこちら
iOS版のダウンロードはこちら
Android版のダウンロードはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

イギリスの国際送金会社「Xendpay」RippleNetで対応地域を拡大

イギリスの国際送金会社「Xendpay」RippleNetで対応地域を拡大

カタパルト実装に前進!NEM財団「最新ウォレットアプリ」開発パートナー企業を発表

カタパルト実装に前進!NEM財団「最新ウォレットアプリ」開発パートナー企業を発表

RippleのILP活用した新技術「Switch」を発表|仮想通貨の即時交換が可能に:Kava Labs

RippleのILP活用した新技術「Switch」を発表|仮想通貨の即時交換が可能に:Kava Labs

仮想通貨ニュース週間まとめ|4月15日〜21日

仮想通貨ニュース週間まとめ|4月15日〜21日

SBIホールディングスがHuobiグループとの業務提携を解消

SBIホールディングスがHuobiグループとの業務提携を解消

2019年末、ライトコイン(LTC)がリップル(XRP)を上回る?Forbesアナリスト予想

2019年末、ライトコイン(LTC)がリップル(XRP)を上回る?Forbesアナリスト予想

注目度の高い仮想通貨ニュース

TelegramのTON公式チャンネル「一時休止」を発表|米SECの声明後、全ての投稿を削除

TelegramのTON公式チャンネル「一時休止」を発表|米SECの声明後、全ての投稿を削除

違法行為に使用されるビットコインは「2%」=Elliptic調査

違法行為に使用されるビットコインは「2%」=Elliptic調査

金融庁「仮想通貨関連の投資信託」に慎重姿勢|懸念を示す改正案を公表

金融庁「仮想通貨関連の投資信託」に慎重姿勢|懸念を示す改正案を公表

仮想通貨Gramは「未登録証券」米SECがテレグラム関連で緊急声明

仮想通貨Gramは「未登録証券」米SECがテレグラム関連で緊急声明

仮想通貨マイニングに「オーディオファイル」を悪用|埋め込み型マルウェアに要注意

仮想通貨マイニングに「オーディオファイル」を悪用|埋め込み型マルウェアに要注意

イーサリアムトークンで予測ゲームに「報酬機能」追加へ:NBAサクラメントキングス

イーサリアムトークンで予測ゲームに「報酬機能」追加へ:NBAサクラメントキングス

Cardano商業化部門、EMURGOが「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」に参加

Cardano商業化部門、EMURGOが「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」に参加

BINANCE:仮想通貨8銘柄対応の「ステーキングプラットフォーム」を公開

BINANCE:仮想通貨8銘柄対応の「ステーキングプラットフォーム」を公開

税金徴収に向け仮想通貨「合法化」へ:ウクライナ政府

税金徴収に向け仮想通貨「合法化」へ:ウクライナ政府

Zaif:NEMアップデートに伴い「カタパルトトークン」付与へ|XEM価格は13%急騰

Zaif:NEMアップデートに伴い「カタパルトトークン」付与へ|XEM価格は13%急騰

PepsiCoの報酬サービス「Pepcoin」仮想通貨業界からの反応は?

PepsiCoの報酬サービス「Pepcoin」仮想通貨業界からの反応は?

中国向け仮想通貨取引サービスで「Alipay・WeChat Pay」をサポート:BINANCE

中国向け仮想通貨取引サービスで「Alipay・WeChat Pay」をサポート:BINANCE

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す