SBI Ripple Asia:スマホ向け送金アプリ「Money Tap」をリリース

by BITTIMES

SBIホールディングスは、同社の子会社である「SBI Ripple Asia」が提供するスマートフォン用送金アプリ「Money Tap(マネータップ)」の提供を2018年10月4日から開始したことを発表しました。ブロックチェーン企業であるリップル社のソリューションを活用したこのアプリケーションは、銀行口座間でのお金のやり取りを365日いつでも簡単に手数料無料で行うことができる魅力的なサービスを提供しています。

こちらから読む:Money Tapのサービスを支える「Rippleソリューション」とは?

スマートフォン向け送金アプリ|Money Tap(マネータップ)

money-tap

Money Tap(マネータップ)は、SBIグループとRipple社の合弁会社である「SBI Ripple Asia」が複数の銀行と共同開発したスマートフォン向け送金アプリです。このアプリケーションには、Ripple社が提供するソリューションである「xCurrent」の技術が用いられているため、従来の方法よりも遥かに効率的に「銀行口座から銀行口座への送金」を処理することができるようになっています。

2018年10月の時点では、
・住信SBIネット銀行
・スルガ銀行
・りそな銀行
の3行がアプリに対応しており、iOS、Androidの両方の端末で利用することができるようになっています。

Money Tapの特徴

money-tap

24時間365日いつでも送金可能

「Money Tap」に対応している銀行口座であれば、同じ銀行同士ではなかったとしても24時間365日いつでも直接送金することができるようになっており、送金も数秒間で完了することができます。このアプリを利用すれば、送金に必要な情報を入力して画面を数回タップするだけで送金を完了することができるため、従来よりも遥かに簡単な方法で個人間でのお金のやりとりを行うことができるようになります。

送金先の指定は「電話番号」や「QRコード」でも

送金先の指定方法としては「銀行口座番号」だけでなく「携帯電話番号」や「QRコード」でも送金できるようになっているため、口座番号や支店名を入力する手間を省くことができます。

また発行された受け取り用の「QRコード」を印刷して店頭におけば、実質的に「QRコード決済」の手段としても利用することができるため、個人営業の店舗を経営している方などは、このアプリをダウンロードするだけで無駄な費用を抑えつつ、「MoneyTap」ユーザーに新たな決済方法を提供することもできます。

「生体認証機能」でセキュリティ面も安心

セキュリティ面の対策として、指紋などを用いた「生体認証機能」も組み合わされているため、パスワードを盗み取られることなどを心配する必要もなく、より安心してスムーズに送金を行うことができます。

戦略的な送金手数料設定

送金手数料に関してはそれぞれの銀行が個別に設定することになっているものの、現在アプリに対応している3銀行は、1回3万円、1日10万円までの送金は手数料無料となっています(*1)。
(*1)2018年10月時点

金融機関同行あて他行あて
住信SBIネット銀行0円0円
スルガ銀行0円0円
りそな銀行0円0円

「無料で送金できる金額の上限」を設定することによって、これまでは『手数料がもったいない』といった理由などから現金で取引が行われていた「少額送金」の面においてもアプリを通じて気兼ねなく送金を処理することができるようになっています。

無料で利用を開始することができる「Money Tap」は、10月4日から「App Store」及び「Google Play」でダウンロード可能となっています。より詳しい情報やアプリのダウンロードは以下のリンクからどうぞ。

Money Tapの公式サイトはこちら
iOS版のダウンロードはこちら
Android版のダウンロードはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

XRP(リップル)価格「50円付近まで高騰」トレンド転換の指標も

XRP(リップル)価格「50円付近まで高騰」トレンド転換の指標も

Ripple(リップル)南米地域での市場拡大に向け「ブラジル」に新オフィス設立

Ripple(リップル)南米地域での市場拡大に向け「ブラジル」に新オフィス設立

カンボジア中央銀行:CBDC「Bakong(バコン)」運用開始|日本企業が共同開発

カンボジア中央銀行:CBDC「Bakong(バコン)」運用開始|日本企業が共同開発

Uniswapなどの偽アプリに要注意「暗号資産200万円相当」が盗難被害

Uniswapなどの偽アプリに要注意「暗号資産200万円相当」が盗難被害

SBI北尾社長:XRPの需要拡大に向けた「今後の計画」などについて説明

SBI北尾社長:XRPの需要拡大に向けた「今後の計画」などについて説明

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年8月18日〜24日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年8月18日〜24日

注目度の高い仮想通貨ニュース

カルダノ財団「Scantrustとのサプライチェーン管理ソリューション」を発表

カルダノ財団「Scantrustとのサプライチェーン管理ソリューション」を発表

金融庁:暗号資産取引業協会に「トラベルルール早期導入のための体制整備」を要請

金融庁:暗号資産取引業協会に「トラベルルール早期導入のための体制整備」を要請

米TIMEマガジン「暗号資産の説明動画制作」でGrayscaleと提携|BTC保有の報告も

米TIMEマガジン「暗号資産の説明動画制作」でGrayscaleと提携|BTC保有の報告も

【Coincheck NFT】The Sandboxの仮想土地「LAND」発売へ|合計33個を販売予定

【Coincheck NFT】The Sandboxの仮想土地「LAND」発売へ|合計33個を販売予定

イラスト作品のNFTを発行できる「NFT Studio」3月22日公開へ|クレカ決済にも対応

イラスト作品のNFTを発行できる「NFT Studio」3月22日公開へ|クレカ決済にも対応

NFT関連企業「コインブック(coinbook)」暗号資産交換業者の登録を完了

NFT関連企業「コインブック(coinbook)」暗号資産交換業者の登録を完了

100%再生可能エネルギー化目指す「暗号資産気候協定」発足|Rippleなど27社が参画

100%再生可能エネルギー化目指す「暗号資産気候協定」発足|Rippleなど27社が参画

コインチェック「Coincheck NFT(β版)」サービス提供開始|ゲーム関連NFTから取扱い

コインチェック「Coincheck NFT(β版)」サービス提供開始|ゲーム関連NFTから取扱い

暗号資産全体の時価総額「2兆ドル」を突破|XRP価格も1ドルまで回復

暗号資産全体の時価総額「2兆ドル」を突破|XRP価格も1ドルまで回復

ビットコイン価格:過去最高値を更新し「700万円」に到達|長期的な価格上昇続く

ビットコイン価格:過去最高値を更新し「700万円」に到達|長期的な価格上昇続く

Tesla(テスラ)「ビットコイン決済」に正式対応|支払われたBTCはそのまま保有

Tesla(テスラ)「ビットコイン決済」に正式対応|支払われたBTCはそのまま保有

暗号資産使用した「オンラインスポーツ賭博」合法化へ:米ワイオミング州

暗号資産使用した「オンラインスポーツ賭博」合法化へ:米ワイオミング州

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す