スティーブ・ウォズニアック:ブロックチェーン企業「EQUI Global」の共同設立者に就任

by BITTIMES   

Apple(アップル)社の共同設立者として知られるSteve Wozniak(スティーブ・ウォズニアック)氏が以前から関わりを持っていることを語っていたブロックチェーン(Blockchain)関連のスタートアップ企業「EQUI Global」は、正式にウォズニアック氏が共同設立者として参加したことを2018年10月16日に発表しました。

こちらから読む:EQUIとの関わりは以前から?ウォズニアック氏の強い想い

ブロックチェーンで投資業界を変える|EQUI Global

EQUI-logo

ブロックチェーン技術や仮想通貨を活用した「ベンチャーキャピタルファンド」であるEQUI Global(エクイ・グローバル)は、米Apple(アップル)社の共同設立者として知られるSteve Wozniak(スティーブ・ウォズニアック)氏を共同設立者として迎えたことを発表しました。

スティーブ・ウォズニアック氏が共同設立者としてEqui Globalに参加したことを大変嬉しく思っています。今後の具体的な取り組みとしていくつかの素晴らしい計画を立てています。新しい情報の更新を楽しみに待っていてください。

従来の投資業界を根本的に変える可能性を秘めているとも言われる「EQUI Global社」は、仮想通貨である「Equiトークン」を使用することによって、従来の投資原則とブロックチェーン技術を組み合わせた全く新しいサービスを提供します。

EQUI Globalは、投資家が「EQUIトークン」を通じてその他の仮想通貨取引所で取引できるようにすることによって、伝統的な業界のコンセプトを変えることを目指しており、Equiトークンは分散型アプリケーション(DApps)の開発者たちが使用しているイーサリアム(ETH)のブロックチェーンに基づいていると伝えられています。

また同社が投資を行う企業の80%はテクノロジー企業であるとされており、残りの20%は、芸術、ヴィンテージカー、不動産などに投資されると言われています。

Apple創業以来「初」の試み

equi

EQUI社のプロジェクトに初期の頃から関わりを持っていたというウォズニアック氏も、同社について『根本的に業界のルールを変えるものだ』と説明しており、アップル社の事業に参加することを決定して以来、新しい事業に参加することを決定したのは今回が初めてだということを語っています。

私はスティーブ・ジョブズとAppleを共同設立して以来、20年ぶりに『参加したい』と言いました。この答えを出すためには、その会社が本当に信頼できるものでなければなりませんが、私は本当に「EQUI」を信じています。

ウォズニアック氏は同社で「技術投資部門」を担当すると伝えられており、テクノロジー業界における「将来のスター」を見つけるための手助けを行うと説明されています。またウォズニアック氏は『公式には開始されていないものの、すでに同社は20社の企業と提携している』とも述べているため、今後はこれらの関連企業についての詳細情報も明らかにされて行くことになると考えられます。

ウォズニアック氏は以前からブロックチェーンや仮想通貨に大きな期待を抱いていることを語っており、『ビットコイン(BTC)が世界の単一通貨になることを純粋に望んでいる』とも語っています。これまでのウォズニアック氏は"愛好家"としての印象が強かったものの、今後は本格的に仮想通貨やブロックチェーンの技術に深く関わりを持つ"重要人物の一人"としてさらに大きな注目を集めることになっていくでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンは「虹彩認証」実用化の鍵?セキュリティ向上で身分証明も簡単に

ブロックチェーンは「虹彩認証」実用化の鍵?セキュリティ向上で身分証明も簡単に

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年9月8日〜14日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年9月8日〜14日

金融庁は「ビットコイン・Lightning Network」の支持者|Anthony Pompliano氏が報告

金融庁は「ビットコイン・Lightning Network」の支持者|Anthony Pompliano氏が報告

パナマの議員:BTC・ETHなどの決済利用を認める「仮想通貨法」の草案提出

パナマの議員:BTC・ETHなどの決済利用を認める「仮想通貨法」の草案提出

甲子園をブロックチェーンでもっと楽しく「Zacpot」で試合結果を予想しよう

甲子園をブロックチェーンでもっと楽しく「Zacpot」で試合結果を予想しよう

ブロックチェーン活用した「デジタル請求書」を導入:中国・深セン地下鉄

ブロックチェーン活用した「デジタル請求書」を導入:中国・深セン地下鉄

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCE:IOST保有者に対する「DONエアドロップ」対応へ

BINANCE:IOST保有者に対する「DONエアドロップ」対応へ

COTI:仮想通貨対応の「銀行口座・Visaデビットカード」提供へ

COTI:仮想通貨対応の「銀行口座・Visaデビットカード」提供へ

SBI:NFT事業手がける「スマートアプリ」を子会社化|SBINFT株式会社に社名変更

SBI:NFT事業手がける「スマートアプリ」を子会社化|SBINFT株式会社に社名変更

ライブチャット大手「BongaCams」ドージコイン決済に対応

ライブチャット大手「BongaCams」ドージコイン決済に対応

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

米Grayscale:バスケット型仮想通貨投資信託に「UNI・SOL」を追加

米Grayscale:バスケット型仮想通貨投資信託に「UNI・SOL」を追加

MetaMaskの機関投資家向け部門「仮想通貨カストディ企業3社」と提携

MetaMaskの機関投資家向け部門「仮想通貨カストディ企業3社」と提携

国際送金大手マネーグラム「ステラ開発財団」と提携|USDCの即時決済を提供

国際送金大手マネーグラム「ステラ開発財団」と提携|USDCの即時決済を提供

ビットポイント「ADAが当たるキャンペーン」開始|ADA決済で高級外車が購入可能に?

ビットポイント「ADAが当たるキャンペーン」開始|ADA決済で高級外車が購入可能に?

友人紹介で報酬がもらえる仮想通貨取引所まとめ|付与条件・金額なども

友人紹介で報酬がもらえる仮想通貨取引所まとめ|付与条件・金額なども

ウクライナ大統領:仮想通貨関連法案「承認せず」規制機関設立の予算不足を理由に

ウクライナ大統領:仮想通貨関連法案「承認せず」規制機関設立の予算不足を理由に

ビットバンク:1万円が当たる「逆指値注文機能提供開始記念キャンペーン」開始

ビットバンク:1万円が当たる「逆指値注文機能提供開始記念キャンペーン」開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す