「1,000ZAIFトークン」送付!ザイフが事業譲渡の承諾者に謝礼|価格上昇も

by BITTIMES

暗号通貨取引所Zaif(ザイフ)は、2018年11月22日に予定されている「フィスコ仮想通貨取引所」への事業譲渡に承諾したユーザーに対して、謝礼として「1,000ZAIFトークン」を送付することを発表しました。これに伴いトークンの価格も上昇しています。

こちらから読む:フィスコ仮想通貨取引所への「Zaif」事業譲渡が決定

事業譲渡に承諾した「全ユーザー」対象

仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)を運営しているテックビューロは、「フィスコ仮想通貨取引所」への事業譲渡を承認したことを10月22日に発表しています。

事業譲渡は2018年11月22日に行われる予定となっているため、現在Zaifはサービス利用者との間で交わされた契約、両者間の権利義務を「フィスコ仮想通貨取引所」に継承するための承諾を求めています。

Zaifは2018年10月31日、事業譲渡に承諾したユーザーに対して謝礼として「1,000ZAIFトークン」を送付することを発表しました。具体的な送付日に関しては明かされていないものの、このトークンはすでに承諾を行なっていたユーザーにも送付すると説明されています。

拒否するとどうなるのか?

Zaifは先日の発表の中で、『事業譲渡を承諾しなかったユーザーが「Zaif」に預託している仮想通貨の返還請求やその他の請求を行った場合には、それらの請求に対応できない可能性がある』と説明しています。

つまり、承諾していなかった場合にはZaifに預けている資産が返還されなくこともあり得るため、今までにZaifを利用していた方は忘れず承諾作業を行なっておくべきだと考えられます。

承諾作業は数分もあれば簡単に完了するため、Zaifに資産を預けている方は早めに承諾の確認を行うようにしましょう。

ZAIFトークンの価格|2018年11月3日

ZAIFトークンの価格は、発表が行われた2018年10月31日時点では「1ZAIF=0.14円」ほどだったため、Zaifが配布する「1,000ZAIFトークン(約140円)」は"ささやかすぎる"という批判の意見も複数みられていますが、2018年11月3日の時点では「1ZAIF=約0.26円」まで上昇しているため、現在価格では約260円ほどの価値があることになります。

2018年11月3日 ZAIF/JPYのチャート(引用:Zaif)2018年11月3日 ZAIF/JPYのチャート(引用:Zaif)

2018年10月30日には、仮想通貨取引所Coincheck(コインチェック)が新規口座開設と一部暗号通貨の入金・購入を再開したことを発表しており、最近新たに公開された仮想通貨取引所Liqid(リキッド)は新規口座開設キャンペーンも開催しています。

フィスコ仮想通貨取引所の新しいサービスとともに、その他の仮想通貨取引所の新サービスにも期待が高まります。

ビットコイン(BTC)などの購入は、キャッシュバックキャンペーン開催中の仮想通貨取引所Liquid(リキッド)からどうぞ。

仮想通貨取引所 Liquid の画像 仮想通貨取引所Liquidの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

TaoTao株式会社「SBIリクイディティ・マーケット」の完全子会社に|全ての株式を譲渡

TaoTao株式会社「SBIリクイディティ・マーケット」の完全子会社に|全ての株式を譲渡

ビットフライヤー「NHK クローズアップ現代+放映記念キャンペーン」開始

ビットフライヤー「NHK クローズアップ現代+放映記念キャンペーン」開始

BINANCE:暗号資産の「証拠金取引」開始は近い|バグの可能性調査など最終テストへ

BINANCE:暗号資産の「証拠金取引」開始は近い|バグの可能性調査など最終テストへ

BINANCE CEO:リップル(XRP)を「基軸通貨」として取り扱うことを発表

BINANCE CEO:リップル(XRP)を「基軸通貨」として取り扱うことを発表

BINANCE:カイバーネットワーク(Kyber Network/KNC)の「永久先物取引」提供へ

BINANCE:カイバーネットワーク(Kyber Network/KNC)の「永久先物取引」提供へ

Winklevoss兄弟:安定仮想通貨「ジェミニドル(GUSD)」を発表

Winklevoss兄弟:安定仮想通貨「ジェミニドル(GUSD)」を発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

パラグアイの議員:話題の仮想通貨法案は「BTCを法定通貨化するものではない」と説明

パラグアイの議員:話題の仮想通貨法案は「BTCを法定通貨化するものではない」と説明

資産裏付型STOで「SBI証券・野村證券・三菱UFJ信託銀行・ケネディクス」の4社が協業

資産裏付型STOで「SBI証券・野村證券・三菱UFJ信託銀行・ケネディクス」の4社が協業

アジアのNFTアート祭典「Crypto Art Week Asia(CAWA)」東京・大阪で初開催へ

アジアのNFTアート祭典「Crypto Art Week Asia(CAWA)」東京・大阪で初開催へ

韓国・新韓銀行「Klaytn(クレイトン)のガバナンス評議会」に参加

韓国・新韓銀行「Klaytn(クレイトン)のガバナンス評議会」に参加

PrimeXBT「証拠金口座の暗号資産を別通貨に交換できる新機能」追加

PrimeXBT「証拠金口座の暗号資産を別通貨に交換できる新機能」追加

ブラジル証券取引委員会:ラテンアメリカ初のイーサリアムETF「QETH11」を承認

ブラジル証券取引委員会:ラテンアメリカ初のイーサリアムETF「QETH11」を承認

Cardano(ADA)米eToroユーザー間で「最も人気の暗号資産」に=調査報告

Cardano(ADA)米eToroユーザー間で「最も人気の暗号資産」に=調査報告

Liquid(リキッド)クイック入金サービス「2021年7月30日」に提供終了へ

Liquid(リキッド)クイック入金サービス「2021年7月30日」に提供終了へ

ポーランド金融監督庁「Binance Group」について消費者に警告

ポーランド金融監督庁「Binance Group」について消費者に警告

【Chiliz&Socios】強豪eスポーツチーム「Team Vitality」のファントークン販売本日開始

【Chiliz&Socios】強豪eスポーツチーム「Team Vitality」のファントークン販売本日開始

Amazon(アマゾン)2021年内に「仮想通貨決済」対応か?ETH・ADA・BCHなども検討

Amazon(アマゾン)2021年内に「仮想通貨決済」対応か?ETH・ADA・BCHなども検討

カルダノ(ADA)のステーキングアドレス数「下落期間中に約10%増加」

カルダノ(ADA)のステーキングアドレス数「下落期間中に約10%増加」

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す