ライトコイン(LTC)が「Facebook Messenger」で利用可能に|Lite.IM

by BITTIMES   

ライトコイン(Litecoin/LTC)の送金・保管を行うことができる「Lite.IM」が、Facebook(フェイスブック)のMessenger(メッセンジャー)で利用できるようになりました。仮想通貨広告に厳しい規制を定めていたFacebookが初めて正式に暗号通貨を採用したこともあり、LTCの価格はやや上昇しています。

こちらから読む:独自の仮想通貨発行も検討?「Facebook」関連ニュース

Lite.IMとは

lite-im

Lite.IMは、ショートメッセージサービス(SMS)を使って仮想通貨ライトコイン(Litecoin/LTC)を簡単に保管・管理・送金することができるサービスを提供しています。以前はTelegram(テレグラム)で利用できるようになったことでも話題となっています。

Lite.IMは、送金を行う際に送金用アドレスを必要としないことが大きな特徴の一つです。一般的な仮想通貨ウォレットのアドレスは複雑な数字の羅列が多いため、実際に送金を行うにはやや不便でもありましたが、Lite.IMは「メールアドレス」や「電話番号」などいった多くの人が普段から利用しているものでライトコインの送金を行うことができます。

また、Lite.IMはユーザーの秘密鍵情報を管理していないため、「Lite.IM」ユーザーは自分の資産を完全に自分自身で管理することができます。Lite.IMのサービスは「中央管理型プラットフォーム」の持つ相互運用性のメリットと、「ユーザー中心型ウォレット」の持つメリットの両方を兼ね備えています。

Facebook「初」承認

facebook-blockchain

Lite.IMの公式発表によると、Lite.IMは「Facebook」から承認を受けた初めての仮想通貨ウォレットだと伝えられています。Facebookは以前から仮想通貨関連の広告に厳しい規制を定めていることで話題となっていたため、LitecoinがFacebookのサービス内で利用できるようになったことは仮想通貨業界全体にとっても大きな前進であると言えます。

当然メッセンジャーアプリ内でライトコインの送金を行う場合にも、ライトコインのウォレットアドレスを毎回入力する必要はありません。「Lite.IM」と「メッセンジャー」の利用登録を完了しているユーザーであれば、登録されているメールアドレスや電話番号だけで簡単にLTCを送金することができます。

仮想通貨が世界中に広く普及し、実際に利用できる環境を構築していくことが重要だと言われている今の業界にとって、20億人のユーザーを持つFacebookでライトコインが利用できるようになったことは大きな意味を持ちます。すでに世界中で多くの人々に利用されているライトコインは今後もより多くの場面で利用できるようになっていくでしょう。

ライトコイン(Litecoin/LTC)の価格|2018年11月3日

ライトコイン(Litecoin/LTC)の価格は、5,500円以下にまで下落していましたが、今回の発表が行われた2018年11月1日あたりから大きく上昇しており、2018年11月3日時点では「1LTC=約5,782円」で取引されています。

2018年11月3日 ライトコインのチャート(引用:coingecko.com)2018年11月3日 ライトコインのチャート(引用:coingecko.com)

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Tron CEO落札の「バフェットランチ」にライトコイン創業者「Charlie Lee」が参加

Tron CEO落札の「バフェットランチ」にライトコイン創業者「Charlie Lee」が参加

Coinbase Wallet「BCH・ETC・XLM・XRP」のサポート終了へ

Coinbase Wallet「BCH・ETC・XLM・XRP」のサポート終了へ

Symbol活用したメールソフト「NFTDriveMail」公開|NFT・トークンの添付も可能

Symbol活用したメールソフト「NFTDriveMail」公開|NFT・トークンの添付も可能

豪州最大手コモンウェルス銀行「仮想通貨の売買・保管サービス」提供へ|BTCなど10銘柄

豪州最大手コモンウェルス銀行「仮想通貨の売買・保管サービス」提供へ|BTCなど10銘柄

ビットコインは売り切れ状態?コインチェック「大口OTC取引サービス」を一時停止

ビットコインは売り切れ状態?コインチェック「大口OTC取引サービス」を一時停止

Twitter「仮想通貨機能の追加」も計画?決済機能導入に向けソフトウェア開発=報道

Twitter「仮想通貨機能の追加」も計画?決済機能導入に向けソフトウェア開発=報道

注目度の高い仮想通貨ニュース

リップル社「米ドル連動ステーブルコイン」発行へ|XRPL・Ethereumで利用可能

リップル社「米ドル連動ステーブルコイン」発行へ|XRPL・Ethereumで利用可能

仮想通貨の時価総額「2024年末までに5兆ドルまで倍増する」リップル社CEO

仮想通貨の時価総額「2024年末までに5兆ドルまで倍増する」リップル社CEO

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

シバイヌ(SHIB)プライバシー重視のL3開発に向け「1,200万ドル」の資金調達

シバイヌ(SHIB)プライバシー重視のL3開発に向け「1,200万ドル」の資金調達

カルダノ基盤のSNS「VYRA」リリース|トークン報酬機能も追加予定

カルダノ基盤のSNS「VYRA」リリース|トークン報酬機能も追加予定

イーサリアムOS搭載スマホ「ethOS Phone」一般向け販売開始

イーサリアムOS搭載スマホ「ethOS Phone」一般向け販売開始

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

2025年までにビットボットのトークンが、新たなAI技術で飛躍する可能性

2025年までにビットボットのトークンが、新たなAI技術で飛躍する可能性

米政府「200億円相当のビットコイン」売却か|シルクロード関連のBTCを移動

米政府「200億円相当のビットコイン」売却か|シルクロード関連のBTCを移動

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

コインチェック:スマホアプリで「ビットコイン相場予想」提供開始

コインチェック:スマホアプリで「ビットコイン相場予想」提供開始

ビットボット:飛躍の可能性を秘めた注目の次世代仮想通貨?

ビットボット:飛躍の可能性を秘めた注目の次世代仮想通貨?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す