ライトコイン(LTC)が「Facebook Messenger」で利用可能に|Lite.IM

by BITTIMES

ライトコイン(Litecoin/LTC)の送金・保管を行うことができる「Lite.IM」が、Facebook(フェイスブック)のMessenger(メッセンジャー)で利用できるようになりました。仮想通貨広告に厳しい規制を定めていたFacebookが初めて正式に暗号通貨を採用したこともあり、LTCの価格はやや上昇しています。

こちらから読む:独自の仮想通貨発行も検討?「Facebook」関連ニュース

Lite.IMとは

lite-im

Lite.IMは、ショートメッセージサービス(SMS)を使って仮想通貨ライトコイン(Litecoin/LTC)を簡単に保管・管理・送金することができるサービスを提供しています。以前はTelegram(テレグラム)で利用できるようになったことでも話題となっています。

Lite.IMは、送金を行う際に送金用アドレスを必要としないことが大きな特徴の一つです。一般的な仮想通貨ウォレットのアドレスは複雑な数字の羅列が多いため、実際に送金を行うにはやや不便でもありましたが、Lite.IMは「メールアドレス」や「電話番号」などいった多くの人が普段から利用しているものでライトコインの送金を行うことができます。

また、Lite.IMはユーザーの秘密鍵情報を管理していないため、「Lite.IM」ユーザーは自分の資産を完全に自分自身で管理することができます。Lite.IMのサービスは「中央管理型プラットフォーム」の持つ相互運用性のメリットと、「ユーザー中心型ウォレット」の持つメリットの両方を兼ね備えています。

Facebook「初」承認

facebook-blockchain

Lite.IMの公式発表によると、Lite.IMは「Facebook」から承認を受けた初めての仮想通貨ウォレットだと伝えられています。Facebookは以前から仮想通貨関連の広告に厳しい規制を定めていることで話題となっていたため、LitecoinがFacebookのサービス内で利用できるようになったことは仮想通貨業界全体にとっても大きな前進であると言えます。

当然メッセンジャーアプリ内でライトコインの送金を行う場合にも、ライトコインのウォレットアドレスを毎回入力する必要はありません。「Lite.IM」と「メッセンジャー」の利用登録を完了しているユーザーであれば、登録されているメールアドレスや電話番号だけで簡単にLTCを送金することができます。

仮想通貨が世界中に広く普及し、実際に利用できる環境を構築していくことが重要だと言われている今の業界にとって、20億人のユーザーを持つFacebookでライトコインが利用できるようになったことは大きな意味を持ちます。すでに世界中で多くの人々に利用されているライトコインは今後もより多くの場面で利用できるようになっていくでしょう。

ライトコイン(Litecoin/LTC)の価格|2018年11月3日

ライトコイン(Litecoin/LTC)の価格は、5,500円以下にまで下落していましたが、今回の発表が行われた2018年11月1日あたりから大きく上昇しており、2018年11月3日時点では「1LTC=約5,782円」で取引されています。

2018年11月3日 ライトコインのチャート(引用:coingecko.com)2018年11月3日 ライトコインのチャート(引用:coingecko.com)

ライトコイン(LTC)の購入は、セキュリティ面も安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【G7会議】仮想通貨Libra「早急な規制対応」が必要|各国代表者の意見が一致

【G7会議】仮想通貨Libra「早急な規制対応」が必要|各国代表者の意見が一致

ディーカレット:仮想通貨の「現物取引サービス」本日開始|キャンペーンも継続中

ディーカレット:仮想通貨の「現物取引サービス」本日開始|キャンペーンも継続中

Libraウォレットアプリ「詐欺サイト」に要注意|プレセールなど偽の表記も

Libraウォレットアプリ「詐欺サイト」に要注意|プレセールなど偽の表記も

日銀・黒田総裁:記者会見で仮想通貨「Libra(リブラ)」に言及

日銀・黒田総裁:記者会見で仮想通貨「Libra(リブラ)」に言及

最新の格安スマホなどに「ブロックチェーン関連機能」搭載の可能性:SAMSUNG

最新の格安スマホなどに「ブロックチェーン関連機能」搭載の可能性:SAMSUNG

Googleなどへの集団訴訟団体に新たな参加者|規制暖和なるか?

Googleなどへの集団訴訟団体に新たな参加者|規制暖和なるか?

注目度の高い仮想通貨ニュース

日本暗号資産取引業協会:取引所の統計情報「2018年9月〜2020年2月版」を公開

日本暗号資産取引業協会:取引所の統計情報「2018年9月〜2020年2月版」を公開

コインチェック「NEM・QTUMの自動積立サービス」提供開始|上限金額も引き上げ

コインチェック「NEM・QTUMの自動積立サービス」提供開始|上限金額も引き上げ

bitFlyer:毎日ビットコインが当たる「アプリ限定ログインボーナスプログラム」開始

bitFlyer:毎日ビットコインが当たる「アプリ限定ログインボーナスプログラム」開始

PayPal(ペイパル)で「暗号資産の売買」が可能に?公式サイトには求人募集も掲載

PayPal(ペイパル)で「暗号資産の売買」が可能に?公式サイトには求人募集も掲載

大手暗号資産データサイトで報酬ポイント「Candy」が収集可能に【CoinGecko】

大手暗号資産データサイトで報酬ポイント「Candy」が収集可能に【CoinGecko】

イーサリアム基盤の「eスポーツプラットフォーム」を共同開発:ConsenSys×NACL

イーサリアム基盤の「eスポーツプラットフォーム」を共同開発:ConsenSys×NACL

ビットコイン、注目のサポートラインは8,700ドル?維持できれば「強気継続」の可能性

ビットコイン、注目のサポートラインは8,700ドル?維持できれば「強気継続」の可能性

仮想通貨Ghostが「香港ディズニーランド」などの自販機で利用可能に|ivendPayと提携

仮想通貨Ghostが「香港ディズニーランド」などの自販機で利用可能に|ivendPayと提携

EMURGO×ERGO:ブロックチェーン基盤の「分散型金融ソリューション」構築へ

EMURGO×ERGO:ブロックチェーン基盤の「分散型金融ソリューション」構築へ

暗号資産発行支援のGCOX「日本人向け無料オンラインセミナー」開催へ

暗号資産発行支援のGCOX「日本人向け無料オンラインセミナー」開催へ

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年6月7日〜13日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年6月7日〜13日

野村×Ledger×CoinShares:デジタル資産のカストディサービス「Komainu」立ち上げ

野村×Ledger×CoinShares:デジタル資産のカストディサービス「Komainu」立ち上げ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

人気のタグから探す