NEMベネズエラチーム:ブロックチェーン学術機関とMoU締結|技術開発を支援

by BITTIMES   

ネム(NEM/XEM)のベネズエラチームは、フィンテック(Fintech)、ブロックチェーン、ビジネスの学術機関である「Uninet Business School」との了解覚書(MoU)を締結したことを発表しました。両者はこれらの協力関係を通じて「Blockchain技術センター」を創設し、これらの技術の研究開発を促進します。

こちらから読む:仮想通貨の需要高まる「ベネズエラ」注目のニュース

Uninet Business Schoolとは

Uninet-Business-School

Uninet Business Schoolは、ベネズエラやラテンアメリカの地域を中心にフィンテックブロックチェーン、ビジネスなどの分野に焦点を当てて起業家や専門家を育成するための訓練を行なっているビジネススクールです。

起業家精神、イノベーション、ファイナンス、テクノロジーなどの様々な分野を扱う「Uninet Business School」は、教育訓練プロセスを通じて人々の成長を加速させるための活動を行なっており、ラテンアメリカ地域におけるの生活の質を向上させることを目指しています。

ブロックチェーン研究センターも設立

ベネズエラのNEM大使であるCarlos Martínez(カルロス・マルティネス)氏と、「Uninet Business School」を運営している「Fundaset財団」のMarcos Santander(マルコス・サンタンデール)氏は、ベネズエラの首都カラカスでブロックチェーン技術関連の取り組みを協力して行なっていくことを約束する了解覚書(MoU)に署名しました。

フィンテック、ブロックチェーン、ビジネスの学術機関であるUninet Business SchoolとのMOUに署名してくださったNEMベネズエラチームを祝福します!

NEM財団はこの協力を通じて、NEMブロックチェーンの理解を深め、より多くの分野に適用していくことに重点を置いて、あらゆる分野の専門家教育プログラムを実施します。

覚書の中で特に注目すべき点は、ベネズエラの首都カラカスのSimon Bolivar University(サイモン・ボリバル大学)テクノロジーパークにある「Fundanet」の施設に「Blockchain Technology Center(ブロックチェーン技術センター)」を創設するという点です。

この技術センターには、ブロックチェーン技術の実装に関心を持っている人々が集まり、ブロックチェーン技術の研究開発を行います。これによりベネズエラでNEMのブロックチェーン技術がさらに発展していくことが期待されます。

ブロックチェーン先進国を支援|NEM財団

NEM-UAE

NEM財団は複数の国や地域でブロックチェーン技術開発を支援する取り組みを行なっており、2018年10月にはアラブ首長国連邦(UAE)のコミュニティ開発省(MOCD)との協力協定も締結しています。

この協力協定は「2021年までに完全にデジタル化された政府になる」という目標を掲げているUAEの取り組みを支援するためのものであるため、NEMが提供するブロックチェーン技術はアラブ首長国連邦で積極的に活用されていくことになります。

またNEMのブロックチェーン技術はウクライナの中央選挙管理委員会でも採用されており、同委員会はNEMのブロックチェーン技術を選挙プロセスにどのように活用していくことができるかについての調査を行なっています。

ベネズエラやウクライナ、UAEなどの国々は世界的に見てもブロックチェーンや仮想通貨の採用に積極的な国でもあります。このような世界各国のブロックチェーン先進国で活用されているNEMは、今後もさらに発展していくことが予想されます。

ネム(NEM/XEM)の価格|2018年11月5日

ネム(NEM/XEM)の価格は、10月30日以降は徐々に回復しており、2018年11月5日時点では「1XEM=10.79円」で取引されています。

2018年11月5日 XEMのチャート(引用:coingecko.com)2018年11月5日 XEMのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

OKExの元CEOがHuobi.pro(フォビ)に移籍していたことが発覚

OKExの元CEOがHuobi.pro(フォビ)に移籍していたことが発覚

リップル社:国際送金の管理・分析に役立つ「RippleNet Home」を発表

リップル社:国際送金の管理・分析に役立つ「RippleNet Home」を発表

Cardano・Atalaの技術活用で「ジョージア政府」とMoU締結:IOHK

Cardano・Atalaの技術活用で「ジョージア政府」とMoU締結:IOHK

真の価値は「時価総額以上」ブロックチェーン技術採用は急速に進む:Joseph Lubin

真の価値は「時価総額以上」ブロックチェーン技術採用は急速に進む:Joseph Lubin

ブロックチェーンとAIで「癌発見率」向上へ|オーストリア政府が研究所設立を支援

ブロックチェーンとAIで「癌発見率」向上へ|オーストリア政府が研究所設立を支援

アマゾン(AWS)がブロックチェーンフレームワークをリリース

アマゾン(AWS)がブロックチェーンフレームワークをリリース

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・仮想通貨業界向けの「ライター育成コース」を発表:PoL

ブロックチェーン・仮想通貨業界向けの「ライター育成コース」を発表:PoL

DeCurret:レバレッジ取引の「iOS版アプリ」公開|手数料無料キャンペーンも同時開催

DeCurret:レバレッジ取引の「iOS版アプリ」公開|手数料無料キャンペーンも同時開催

Nexus:ビットコイン派生プロジェクトに応用できる「スマートコントラクト機能」を開発

Nexus:ビットコイン派生プロジェクトに応用できる「スマートコントラクト機能」を開発

ビットコインマイニング業界に「新たな巨人」誕生|Northern Bitcoin、競合他社と合併

ビットコインマイニング業界に「新たな巨人」誕生|Northern Bitcoin、競合他社と合併

McAfeeDex「Tron関連トークン」を正式サポート|通貨ペアの追加も受付中

McAfeeDex「Tron関連トークン」を正式サポート|通貨ペアの追加も受付中

Libra:法定通貨のステーブルコイン「複数発行」の可能性も

Libra:法定通貨のステーブルコイン「複数発行」の可能性も

分散型取引所McAfeeDex:複数のバグにより「Tron/TRX」サポートに遅延

分散型取引所McAfeeDex:複数のバグにより「Tron/TRX」サポートに遅延

仮想通貨取引所「DX.Exchange」経済的理由により一時閉鎖へ|ユーザーは出金手続きを

仮想通貨取引所「DX.Exchange」経済的理由により一時閉鎖へ|ユーザーは出金手続きを

Cardano Shellyテストネット:ステークプール登録数、わずか2日で「100」を突破

Cardano Shellyテストネット:ステークプール登録数、わずか2日で「100」を突破

デビットカードによる仮想通貨購入が可能に:Binance US

デビットカードによる仮想通貨購入が可能に:Binance US

PundiX:キプロスの公共・民間部門に「ブロックチェーン技術」提供へ

PundiX:キプロスの公共・民間部門に「ブロックチェーン技術」提供へ

仮想通貨市場で悪化する「ウォッシュトレード」問題|信頼できる取引所は?

仮想通貨市場で悪化する「ウォッシュトレード」問題|信頼できる取引所は?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す