TRON:ブロックチェーン上の3D仮想世界「NeoWorld」にトロンタワー建設

by BITTIMES   

トロン(Tron/TRX)のCEOであるJustin Sun(ジャスティン・サン)氏は、ブロックチェーン上に「3D仮想現実世界」を構築している「NeoWorld(ネオワールド)」と提携したことを2018年11月8日に報告しました。バーチャル空間上に存在するこの都市にはすでにTRONタワーが建設されています。

こちらから読む:DAppsゲームでも人気高まる「TRON/TRX」

NeoWorld(ネオワールド)とは

NeoWorld

NeoWorld(ネオワールド)とは、ブロックチェーン上に構築された「3D仮想現実世界」で生活することができる多人数同時参加型オンラインゲーム(MMO)です。NeoWorldの世界ではコミュニティに参加している数多くのプレイヤーが生活を送っており、バーチャル空間上での仕事をこなしたり、土地を購入して建物を建築したり、世界を探索したりといった、現実世界と同じような豊富なミッションをこなしています。

プレイヤーはチャット機能などを通じて他のプレイヤーと会話することもできるようになっており、NeoWorld Cash(NASH)という専用の仮想通貨を通じて、様々なコンテンツの売買を行うことができるようになっています。

現時点では、100,000以上の土地が売却されており、仮想空間で1日に130万件もの雇用が行われています。NeoWorldが展開する仮想世界は「社交的なやり取り」や「ビジネスの管理」が重要なテーマとなっており、創造力のあるユーザーに無限の可能性もたらすように設計されています。

仮想現実世界で協力関係を強化

Justin Sun(ジャスティン・サン)氏は、NeoWorldと提携していることを報告すると共に仮想世界に建築された「TRONタワー」の画像も投稿しており、今回の提携の目的を次のように説明しています。

TRONはNeoWorldと提携しています。
両者の協力関係は「NeoWorld」への参加を軸としており、NeoWorld Exclusive Islandの企画や、コミュニティの生態系内で協力関係を強化することなどを中心に進められます。

NeoWorldは、TRONの他にも仮想通貨マイニングの大手企業であるBITMAIN(ビットメイン)などとも提携を結んでおり、仮想世界の中にはBITMAINのビルもすでに建設されていますが、新しく建築されたTRONの建物はコミュニティ内ですでに高い評価を獲得しており、「高さ」と「働きがい」の両方の面でトップにランク付けされています。今後はNeoWorldの開発を進めるための詳細な計画が発表される予定となっています。

仮想通貨TRXの採用は?

Tron

NeoWorldで利用できる仮想通貨は今のところ「NeoWorld Cash(NASH)」のみとなっています。公式サイトでも、NASHはNeoWorldで利用できる唯一の通貨であることが記されています。ゲーム内でTRXが利用できるようになるといった報告は現時点ではされていませんが、これから何らかの形で利用できるようになるのではないか?と期待する声も出ています。

TRONの公式発表では『これから"NeoWorldアイランド"の詳しい計画を立てる予定』であるとされているため、この計画にTRXを利用できる環境の構築が含まれている可能性も考えられます。TRONはすでに複数のダイスゲームなどの複数のゲームで大きな成果を上げているため、今回の提携を通じてバーチャル空間上にそのようなアプリケーションが構築されることなども考えられます。

TRONがバーチャル空間上で展開する新たなコミュニティやそれらの活動にも注目が集まります。

トロン(TRON/TRX)の価格|2018年11月9日

トロン(TRON/TRX)の価格は11月7日に大きく上昇しましたがその後はすぐに下落しており、2018年11月9日の時点では「1TRX=約2.64円」で取引されています。

2018年11月9日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)2018年11月9日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン、半減期6ヶ月後には「大幅回復」か|新規投資家も増加傾向

ビットコイン、半減期6ヶ月後には「大幅回復」か|新規投資家も増加傾向

Mastercard:暗号資産対応カードの「パートナープログラム」を強化

Mastercard:暗号資産対応カードの「パートナープログラム」を強化

ブロックチェーンベースの「ドローン通信システム」に関する特許出願:Walmart

ブロックチェーンベースの「ドローン通信システム」に関する特許出願:Walmart

BINANCE:チェーンリンク(Chainlink/LINK)の「先物取引」を新規追加

BINANCE:チェーンリンク(Chainlink/LINK)の「先物取引」を新規追加

ブロックチェーン研究で「東京大学・京都大学」がRipple社と提携|奨学金なども計画

ブロックチェーン研究で「東京大学・京都大学」がRipple社と提携|奨学金なども計画

スイスの大手銀行「Julius Baer」が仮想通貨市場に参入|デジタル資産の需要増加に対応

スイスの大手銀行「Julius Baer」が仮想通貨市場に参入|デジタル資産の需要増加に対応

注目度の高い仮想通貨ニュース

Hyperledgerメンバーに「VISA・EMURGO」など8社が新規参加

Hyperledgerメンバーに「VISA・EMURGO」など8社が新規参加

Kraken(クラーケン)「日本ユーザーの新規アカウント登録」受付開始

Kraken(クラーケン)「日本ユーザーの新規アカウント登録」受付開始

コインチェックが「Enjin」と連携|マインクラフトで利用できるデジタル資産取扱いへ

コインチェックが「Enjin」と連携|マインクラフトで利用できるデジタル資産取扱いへ

Brave:暗号資産取引所「Gemini」と提携|ブラウザ上にウィジット機能を追加

Brave:暗号資産取引所「Gemini」と提携|ブラウザ上にウィジット機能を追加

ビットポイントジャパン「独自のブロックチェーン基盤」開発へ|Stake Technologiesと協力

ビットポイントジャパン「独自のブロックチェーン基盤」開発へ|Stake Technologiesと協力

著名トレーダーが語る「ビットコインクジラ」になるための効果的な投資戦略

著名トレーダーが語る「ビットコインクジラ」になるための効果的な投資戦略

ビットポイント:XRP保有者に対する「Sparkトークンの付与」対応を検討

ビットポイント:XRP保有者に対する「Sparkトークンの付与」対応を検討

ビットコインATM設置台数、ついに「10,000台」を突破|世界71ヵ国に展開

ビットコインATM設置台数、ついに「10,000台」を突破|世界71ヵ国に展開

クラーケン:米国初の仮想通貨銀行「Kraken Financial」設立へ

クラーケン:米国初の仮想通貨銀行「Kraken Financial」設立へ

韓国3位の暗号資産取引所「コインビット」取引量の99%水増しか

韓国3位の暗号資産取引所「コインビット」取引量の99%水増しか

SBI VCトレード「B2C2 Limited」をマーケットメイカーに追加|取引所サービス拡充へ

SBI VCトレード「B2C2 Limited」をマーケットメイカーに追加|取引所サービス拡充へ

暗号資産取引所「BTCBOX(BTCボックス)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「BTCBOX(BTCボックス)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す