アメリカ最大級の「科学博物館」が仮想通貨済に対応|オハイオ州五大湖科学センター

by BITTIMES   

アメリカ・オハイオ州最大規模の科学博物館「五大湖科学センター(Great Lakes Science Center)」は、2018年11月13日からビットコイン決済の受け入れを開始します。同センターが位置するクリーブランドでは、仮想通貨(Cryptocurrency)やブロックチェーン(Blockchain)のさらなる普及に向けた取り組みが進められています。

こちらから読む:東京のタクシーでも導入開始「仮想通貨決済」関連ニュース

NASAも協力する人気スポット|五大湖科学センター

五大湖科学センター(Great Lakes Science Center)は、1996年に開館したアメリカ・オハイオ州クリーブランドにある科学博物館です。施設内には科学、テクノロジー、五大湖の自然環境をテーマにした400点を超える体験型の展示品が並んでいます。

博物館内部の「NASA Glenn Visitor Center(NASA・グレン・ビジター・センター)」には、宇宙での食事方法を観察したり、火星の地形のレプリカの中を歩いてみたりといった、宇宙飛行士の生活を学ぶことができる様々なスペースが用意されています。

宇宙に関する知識だけでなく、ロボットアームを操作したり、再生可能エネルギーについて学んだりといった、科学、テクノロジーといった幅広いジャンルを扱うこの博物館は、有名な観光地として世界的にも高い知名度を誇っています。

クリーブランドの「ブロックチェーン革新」を促進

technology

五大湖科学センターのCEOであるKirsten Ellenbogen(クリスティーン・エレンボーゲン)氏は、ビットコイン決済を導入する理由について、この地域におけるブロックチェーン技術の成長を促進させるためだと説明しており、『ビットコイン決済の導入は、クリーブランドにおけるブロックチェーン技術の成長を促進するための活動の一部に過ぎない』と語っています。

アメリカではすでに複数の博物館が仮想通貨決済を導入しており、テキサス州とフロリダ州の博物館も以前からビットコイン決済を導入しています。五大湖科学センターは正式には米国で3番目にビットコイン決済を導入する博物館であり、その他の博物館のようにブロックチェーン技術や仮想通貨のさらなる普及・成長を望んでいます。

五大湖科学センターを訪れた人々は、ビットコイン(BTC)を使用して入場券を購入し、「NASAグレンビジターセンター」を利用することができます。同センターは最近「拡張現実(VR)」の技術を用いたモバイルアプリもリリースしており、それらのアプリを使用して宇宙空間での様々な実験を行うことができるサービスも提供しています。ビットコイン決済の導入はこれらの新しいアプリケーションの開発に続く、2つ目の革新的プロジェクトとなります。

五大湖科学センターの詳しい情報は以下の公式サイトからどうぞ
五大湖科学センターの公式サイトはこちら

Blockchainの「中心地」を目指すオハイオ州

ohio-bockchain

オハイオ州とクリーブランドは、ブロックチェーン技術開発の中心地になることを目指しているアメリカの代表的な地域の一つでもあります。オハイオ州下院議員の議長であるRyan Smith(ライアン・スミス)氏は、今年の8月に『オハイオ州がブロックチェーン技術を扱う代表的な地域となることを望んでいる』と語っています。

クリーブランドはオハイオ州の中でも特にブロックチェーン技術の発展に力を入れている地域でもあり、仮想通貨決済を導入する動きが加速しています。米国最大の自動車販売店の1つでもあるクリーブランドの「Bernie Moreno Companies(BMC)」は、
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
での支払いを受け入れたことを今年の9月に発表しています。

BMCの創業者であるBernie Moreno(バーニー・モレノ)氏は、以前にクリーブランドは「ブロックランド(Blockland)」に生まれ変わっているとも語っており、地域全体で仮想通貨やブロックチェーン技術の発展に向けた取り組みを行なっていることを明かしています。

アメリカへの旅行を計画している方は、"ビットコイン"を持ってオハイオ州北東部に位置する観光都市「クリーブランド」や「五大湖科学センター」を訪れてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ジャスミー(Jasmy/JMY)「2022年ロードマップ最新版」を公開

ジャスミー(Jasmy/JMY)「2022年ロードマップ最新版」を公開

ビットコインETF否決2つの理由と新事実

ビットコインETF否決2つの理由と新事実

日本国内の「ブロックチェーン普及促進」に向け業界団体が連携|参加企業500社を目指す

日本国内の「ブロックチェーン普及促進」に向け業界団体が連携|参加企業500社を目指す

仮想通貨楽天コインをつくる構想を語った三木谷社長

仮想通貨楽天コインをつくる構想を語った三木谷社長

仮想通貨、決済手段としての使用率は「1%未満」オーストラリア中央銀行が報告

仮想通貨、決済手段としての使用率は「1%未満」オーストラリア中央銀行が報告

P2Eゲーム「De:Lithe Φ」国内初のゲームトークンIEO実施へ|Huobi Japan・HashPaletteと協力

P2Eゲーム「De:Lithe Φ」国内初のゲームトークンIEO実施へ|Huobi Japan・HashPaletteと協力

注目度の高い仮想通貨ニュース

Instagram:SparkAR用いた「ストーリーズでのNFTテスト」実施へ

Instagram:SparkAR用いた「ストーリーズでのNFTテスト」実施へ

BTCBOX:かんたん売買サービスで「ポルカドット(Polkadot/DOT)」取扱開始

BTCBOX:かんたん売買サービスで「ポルカドット(Polkadot/DOT)」取扱開始

GMOコイン:取引所(現物取引)サービスに「暗号資産5銘柄」追加へ

GMOコイン:取引所(現物取引)サービスに「暗号資産5銘柄」追加へ

ビットコイン・ハッシュレートレンタルサービス「FUELMINING」提供開始:FUELHASH

ビットコイン・ハッシュレートレンタルサービス「FUELMINING」提供開始:FUELHASH

ビットポイント:BTC・DEP・ADAがもらえる「口座開設キャンペーン」開始

ビットポイント:BTC・DEP・ADAがもらえる「口座開設キャンペーン」開始

Three Arrows Capital:ビットコイン価格下落でポジション強制清算か=報道

Three Arrows Capital:ビットコイン価格下落でポジション強制清算か=報道

OpenSea:新たなNFT売買プロトコル「Seaport」に移行へ

OpenSea:新たなNFT売買プロトコル「Seaport」に移行へ

米ニューヨーク州上院「PoWマイニング禁止法案」を可決

米ニューヨーク州上院「PoWマイニング禁止法案」を可決

ビットポイント:ディープコイン(DEP)の入金が可能に「Play to Earnの日」の登録申請も

ビットポイント:ディープコイン(DEP)の入金が可能に「Play to Earnの日」の登録申請も

Huobi Japan:取扱い銘柄数国内No.1記念「3つのキャンペーン」を同時開催

Huobi Japan:取扱い銘柄数国内No.1記念「3つのキャンペーン」を同時開催

Zaif:最大3,000円相当のCICCがもらえる「新規口座開設キャンペーン」開催へ

Zaif:最大3,000円相当のCICCがもらえる「新規口座開設キャンペーン」開催へ

Bitget:賞金総額2BTCを山分けプレゼントする取引大会を開催

Bitget:賞金総額2BTCを山分けプレゼントする取引大会を開催

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す