アメリカ最大級の「科学博物館」が仮想通貨済に対応|オハイオ州五大湖科学センター

by BITTIMES   

アメリカ・オハイオ州最大規模の科学博物館「五大湖科学センター(Great Lakes Science Center)」は、2018年11月13日からビットコイン決済の受け入れを開始します。同センターが位置するクリーブランドでは、仮想通貨(Cryptocurrency)やブロックチェーン(Blockchain)のさらなる普及に向けた取り組みが進められています。

こちらから読む:東京のタクシーでも導入開始「仮想通貨決済」関連ニュース

NASAも協力する人気スポット|五大湖科学センター

五大湖科学センター(Great Lakes Science Center)は、1996年に開館したアメリカ・オハイオ州クリーブランドにある科学博物館です。施設内には科学、テクノロジー、五大湖の自然環境をテーマにした400点を超える体験型の展示品が並んでいます。

博物館内部の「NASA Glenn Visitor Center(NASA・グレン・ビジター・センター)」には、宇宙での食事方法を観察したり、火星の地形のレプリカの中を歩いてみたりといった、宇宙飛行士の生活を学ぶことができる様々なスペースが用意されています。

宇宙に関する知識だけでなく、ロボットアームを操作したり、再生可能エネルギーについて学んだりといった、科学、テクノロジーといった幅広いジャンルを扱うこの博物館は、有名な観光地として世界的にも高い知名度を誇っています。

クリーブランドの「ブロックチェーン革新」を促進

technology

五大湖科学センターのCEOであるKirsten Ellenbogen(クリスティーン・エレンボーゲン)氏は、ビットコイン決済を導入する理由について、この地域におけるブロックチェーン技術の成長を促進させるためだと説明しており、『ビットコイン決済の導入は、クリーブランドにおけるブロックチェーン技術の成長を促進するための活動の一部に過ぎない』と語っています。

アメリカではすでに複数の博物館が仮想通貨決済を導入しており、テキサス州とフロリダ州の博物館も以前からビットコイン決済を導入しています。五大湖科学センターは正式には米国で3番目にビットコイン決済を導入する博物館であり、その他の博物館のようにブロックチェーン技術や仮想通貨のさらなる普及・成長を望んでいます。

五大湖科学センターを訪れた人々は、ビットコイン(BTC)を使用して入場券を購入し、「NASAグレンビジターセンター」を利用することができます。同センターは最近「拡張現実(VR)」の技術を用いたモバイルアプリもリリースしており、それらのアプリを使用して宇宙空間での様々な実験を行うことができるサービスも提供しています。ビットコイン決済の導入はこれらの新しいアプリケーションの開発に続く、2つ目の革新的プロジェクトとなります。

五大湖科学センターの詳しい情報は以下の公式サイトからどうぞ
五大湖科学センターの公式サイトはこちら

Blockchainの「中心地」を目指すオハイオ州

ohio-bockchain

オハイオ州とクリーブランドは、ブロックチェーン技術開発の中心地になることを目指しているアメリカの代表的な地域の一つでもあります。オハイオ州下院議員の議長であるRyan Smith(ライアン・スミス)氏は、今年の8月に『オハイオ州がブロックチェーン技術を扱う代表的な地域となることを望んでいる』と語っています。

クリーブランドはオハイオ州の中でも特にブロックチェーン技術の発展に力を入れている地域でもあり、仮想通貨決済を導入する動きが加速しています。米国最大の自動車販売店の1つでもあるクリーブランドの「Bernie Moreno Companies(BMC)」は、
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
での支払いを受け入れたことを今年の9月に発表しています。

BMCの創業者であるBernie Moreno(バーニー・モレノ)氏は、以前にクリーブランドは「ブロックランド(Blockland)」に生まれ変わっているとも語っており、地域全体で仮想通貨やブロックチェーン技術の発展に向けた取り組みを行なっていることを明かしています。

アメリカへの旅行を計画している方は、"ビットコイン"を持ってオハイオ州北東部に位置する観光都市「クリーブランド」や「五大湖科学センター」を訪れてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

イギリスのEU離脱で「ビットコイン急騰」の可能性|主要法定通貨から大規模資金流入か

イギリスのEU離脱で「ビットコイン急騰」の可能性|主要法定通貨から大規模資金流入か

ビットコイン決済をプリントネットが開始「小売産業に革命を!」

ビットコイン決済をプリントネットが開始「小売産業に革命を!」

大麻のDNAデータをブロックチェーン管理「製品の透明性向上」図る:TheraCann×TruTrace

大麻のDNAデータをブロックチェーン管理「製品の透明性向上」図る:TheraCann×TruTrace

ビットコイン関連書籍でも異色の「SF小説」

ビットコイン関連書籍でも異色の「SF小説」

ブロックチェーンに迫る「量子コンピュータの脅威」IBM幹部らが警告

ブロックチェーンに迫る「量子コンピュータの脅威」IBM幹部らが警告

リップル(Ripple/XRP)×スヌープ・ドッグ(Snoop Dogg)|イベント情報

リップル(Ripple/XRP)×スヌープ・ドッグ(Snoop Dogg)|イベント情報

注目度の高い仮想通貨ニュース

米国初の「ビットコイン現物先物」提供開始:LedgerX

米国初の「ビットコイン現物先物」提供開始:LedgerX

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年7月28日〜8月3日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年7月28日〜8月3日

NBAチーム「Dallas Mavericks」ビットコイン決済を受け入れ|BitPayと提携

NBAチーム「Dallas Mavericks」ビットコイン決済を受け入れ|BitPayと提携

ダイムラー:ブロックチェーンベースの「自動車向けハードウェアウォレット」を開発

ダイムラー:ブロックチェーンベースの「自動車向けハードウェアウォレット」を開発

ビットポイント台湾:ジャパン側に「約26億円相当の補償」求める|訴訟の可能性も

ビットポイント台湾:ジャパン側に「約26億円相当の補償」求める|訴訟の可能性も

ビットコイン「120万円台」で停滞|強気派・弱気派の攻防はいつまで続くのか?

ビットコイン「120万円台」で停滞|強気派・弱気派の攻防はいつまで続くのか?

ネット副業・仮想通貨投資など「モノなしマルチ商法」が増加|国民生活センターが警告

ネット副業・仮想通貨投資など「モノなしマルチ商法」が増加|国民生活センターが警告

ブロックチェーンで「情報伝達の効率化」図る|DARPAが実験・調査を開始

ブロックチェーンで「情報伝達の効率化」図る|DARPAが実験・調査を開始

ビットポイント社長:仮想通貨流出に関する「謝罪動画」を公開

ビットポイント社長:仮想通貨流出に関する「謝罪動画」を公開

TRON(TRX)アカウント数が「350万」を突破|メインネット公開から1年で急成長

TRON(TRX)アカウント数が「350万」を突破|メインネット公開から1年で急成長

アクション映画スター育成にブロックチェーン活用「Fight to Fame」設立:Mike Tyson

アクション映画スター育成にブロックチェーン活用「Fight to Fame」設立:Mike Tyson

「独自デジタル通貨、準備はできている」中国人民銀行の高官が発表

「独自デジタル通貨、準備はできている」中国人民銀行の高官が発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す