ボーイング:ブロックチェーン活用した空域管理プラットフォーム「SkyGrid」を発表

by BITTIMES

世界最大の航空宇宙機器開発製造会社である「Boeing(ボーイング)」は、人工知能(AI)を扱う「SparkCognition(スパークコグニション)」と協力してブロックチェーン(Blockchain)を搭載した空域管理ソフトウェアプラットフォーム「SkyGrid(スカイグリッド)」を立ち上げる計画を発表しました。

こちらから読む:ボーイングも活用する「ブロックチェーン」基本知識と活用事例

無人航空機システムのトラフィック管理を改善

Boeing-UAS

Boeing(ボーイング)は、2018年7月に人工知能(AI)などの技術を扱っている「SparkCognition(スパークコグニション)」と提携を結び、無人飛行機を追跡するためのブロックチェーン駆動型ソリューションの開発に着手しました。この取り組みでは、ボーイングが飛行機の開発に必要な専門知識を提供し、SparkCognitionはAIのインフラストラクチャの作成を担当しています。

ボーイングが今回発表した「SkyGrid(スカイグリッド)」は、空域を管理するためのソフトウェアプラットフォームであると説明されており。
・人工知能(AI)
・データ分析
・分散型元帳
・サイバーセキュリティアプリケーション
などの、複数のテクノロジーを組み合わせたソフトウェアプラットフォームだと説明されています。

このプラットフォームは、無人航空機システム(UAS)のトラフィック管理を改善することができると伝えられており、ユーザーはデータ配信、産業検査、緊急支援などの機能を使用して幅広いミッションやサービスを安全に実行することができると説明されています。

安全かつスムーズな航空輸送を実現

Air-transport

ボーイングは、長期間に渡って「自律型飛行機」の開発に取り組んでおり、最近では「ボーイング・ネクスト(Boeing NeXt)」の立ち上げも発表しています。ボーイング・ネクストは「自律型航空機」や「スマートシティ」などの次世代の推進力となる分野への研究開発と投資のほか、人とモノを実証済みの技術で輸送する方法を追求し、未来の輸送における様々な課題に取り組んでいます。

ボーイング・ネクストのSteve Nordlund(スティーブ・ノードルンド)氏は、同社とSparkCognitionの協力関係は宇宙航空業界全体で唯一のものだと語り、『SkyGridは世界中の何十億もの人々にとって安全かつシームレスな商業的・個人的な輸送を可能にするデジタルインフラを構築している』と付け加えました。

報道によると「SkyGrid」のプラットフォームは、ブロックチェーンやAIの技術を使用することによって、エラーの可能性を減らし、格納されている情報が安全であることを保証することができると伝えられているため、プロジェクトが進むにつれて航空業界の幅広い場面で使用されていくことになると予想されます。

「SparkCognition」の創業者兼CEOでありながら、SkyGridのCEOでもあるAmit Husain(アミット・フセイン)氏は、SkyGridについて次のように説明しています。

SkyGridは、AI・ブロックチェーン・セキュリティ・航空輸送分野の専門知識を統合して、急速に成長する航空宇宙産業に画期的な技術的進歩をもたらします。

単一の統合フレームワークでスケーラブルかつ堅牢な機能を提供することによって、SkyGridは大規模な航空機アプリケーションをより実用的かつ便利なものへと変えるでしょう。

フセイン氏は「SkyGrid」のプラットフォームが効率的に拡張できるように構築されていると述べており、大規模な航空機向けのアプリケーションになると説明しています。

航空業界で幅広く活用される「ブロックチェーン」

airplane

航空業界では、すでに複数の企業がブロックチェーン技術を活用していることを発表しており、ロシアの「エスセブン航空(S7 Airline)」は、今年9月に燃料供給を行う際の即時決済を可能にし、様々なプロセスを自動化することができる「航空燃料スマートコントラクト(AFSC)」の開発に成功したと発表しています。

またフランスの大手航空会社である「Air France KLM(エールフランスKLM)」は、ブロックチェーンを活用して旅行・航空業界の問題解決に取り組んでいる「Winding Tree(ワインディング・ツリー)」と提携し、「仲介手数料の削減」や「効率的なチケット予約」などに取り組んでいます。

航空業界におけるブロックチェーンの新たな活用事例である「無人飛行機」の追跡は、プロジェクトが具体的に進むにつれてさらに注目を集めていくことになるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ドイツのバーガーキングが「ビットコイン決済」に対応

ドイツのバーガーキングが「ビットコイン決済」に対応

仮想通貨企業を「非課税で支援」新たなクリプトバレー設立へ:ドバイ政府

仮想通貨企業を「非課税で支援」新たなクリプトバレー設立へ:ドバイ政府

IKEA:ブロックチェーン用いた電子マネーによる「世界初の商取引」に成功

IKEA:ブロックチェーン用いた電子マネーによる「世界初の商取引」に成功

浮動島の建設を目指す仮想通貨プロジェクト|Varyon(VAR)

浮動島の建設を目指す仮想通貨プロジェクト|Varyon(VAR)

ビットコイン取引所2社がサービス停止【ワシントン州騒動】

ビットコイン取引所2社がサービス停止【ワシントン州騒動】

John McAfee & Bitfi:セキュリティカンファレンスで「最も酷いで賞」を受賞

John McAfee & Bitfi:セキュリティカンファレンスで「最も酷いで賞」を受賞

注目度の高い仮想通貨ニュース

Cardano財団「アンバサダープログラム第2弾」を開始|認定大使にADA報酬を付与

Cardano財団「アンバサダープログラム第2弾」を開始|認定大使にADA報酬を付与

【Chiliz】ユベントスファントークン価格急騰「ロナウド選手の帰国報道」に反応

【Chiliz】ユベントスファントークン価格急騰「ロナウド選手の帰国報道」に反応

大人気ゲーム「CryptoKitties」Flowブロックチェーンでリニューアルへ:Dapper Labs

大人気ゲーム「CryptoKitties」Flowブロックチェーンでリニューアルへ:Dapper Labs

Binance Research「Libraは決済業界に革命をもたらす可能性」SpaceX社と比較

Binance Research「Libraは決済業界に革命をもたらす可能性」SpaceX社と比較

ライトコイン財団:ゲーム開発老舗「Atari(アタリ)」と提携

ライトコイン財団:ゲーム開発老舗「Atari(アタリ)」と提携

コインチェック:iOS版アプリに仮想通貨の「大口OTC取引機能」を追加

コインチェック:iOS版アプリに仮想通貨の「大口OTC取引機能」を追加

【TRON 4.0 vs Ethereum 2.0】トロンCEO、Twitter上でアンケート調査を実施

【TRON 4.0 vs Ethereum 2.0】トロンCEO、Twitter上でアンケート調査を実施

投票結果に基づき「Cardano/ADA」の購入機能追加:ハードウェアウォレットELLIPAL

投票結果に基づき「Cardano/ADA」の購入機能追加:ハードウェアウォレットELLIPAL

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年5月3日〜9日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年5月3日〜9日

量子チップ搭載の5Gブロックチェーンスマホ「Galaxy A Quantum」登場

量子チップ搭載の5Gブロックチェーンスマホ「Galaxy A Quantum」登場

テレグラム:110%払い戻しの延期提案「米国の投資家」には適用できず

テレグラム:110%払い戻しの延期提案「米国の投資家」には適用できず

Cardano企業向けバージョン作成に向けて|IOHK「Hyperledger Project」と「W3C」参加へ

Cardano企業向けバージョン作成に向けて|IOHK「Hyperledger Project」と「W3C」参加へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す