航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

by BITTIMES   

ブロックチェーン(Blockchain)仮想通貨(Cryptocurrency)は、航空業界の様々な場面で実際に活用され始めています。膨大な数の情報を信頼できる方法で安全に記録することができるこれらの技術は、飛行機チケットや乗客の個人情報、機体のメンテナンス記録などのデータ管理にも応用されており、今後もより多くの分野に取り入れることができると考えられています。この記事ではそれらの具体的な活用事例をまとめて紹介します。

こちらから読む:航空業界でも応用が進む「ブロックチェーン」基本的知識から学ぶ

ブロックチェーン技術が航空業界に与える変化

航空業界とブロックチェーンの画像

ブロックチェーンの技術は航空業界における様々な業務を合理化することができます。航空会社では毎日膨大な数の情報を取り扱う必要があるため、それらの情報をいかに効率的に管理するかが重要な課題の一つでもあり、その一つ一つのの情報を安全に保管することが求められています。

この業界で取り扱われる情報の種類は非常に様々であり、チケット情報や予約状況、利用者に一定の条件で付与されるポイントなどの一般的にも知られている情報や、航空機のメンテナンス記録、飛行記録、乗組員の情報などといった、機密性の高い重要な情報も多いため、プライバシーをしっかりと保護した上で絶対に不正流失などが起きることのない状態での管理が特に重要となっています。

ブロックチェーンの技術はこれらの情報をより安全に効率よく管理するための様々なメリットを備えています。チケット情報や関連情報を一括管理することができるようになるため、内容の確認もスムーズに行うことができます。これまでは特定の用途しか持たない場合も多かったポイントは、様々なことに利用することができるようになり、航空機のメンテナンスや部品の管理も詳しい情報までを安全に記録して使用することができます。

このような変化によって、空港内での業務内容は格段に効率的になり、空港の利用者もよりスムーズに手続きを完了することができるようになります。本格的な導入が進めば、これまで些細なことで長い時間を取られていた複数の問題も解決されることになるでしょう

ブロックチェーンが航空業界に与える変化の詳細はこちら

ブロックチェーンで情報管理・コスト削減へ|Air France KLM

航空業界とブロックチェーンの画像

フランスの大手航空会社である「Air France KLM(エールフランスKLM)」は、ブロックチェーンを活用して旅行・航空業界の問題解決に取り組んでいる「Winding Tree(ワインディング・ツリー)」と提携を結んでいます。

Winding Treeが提供しているサービスを使用すれば、ブロックチェーン上で「ホテルの空室情報」や「航空機のチケット情報」などを管理できるだけでなく、仲介業者を削減して旅行者と航空会社を直接つなぐこともできるため、「仲介手数料の削減」や「効率的なチケット予約」ができるようになっています。

「Air France KLM」は「Winding Tree」と提携したことによって、これらの恩恵を受けることができるようになるため、従来よりもコストを抑えながら、より質の高いサービスの提供に焦点を当てて取り組んでいくことができるようになります。

この提携についてのコメント語った「Air France KLM」のSonia Barrière(ソニア・バリアー)氏は、『ブロックチェーン技術は旅行業界に革新をもたらすことができる』と述べています。

ブロックチェーンで航空機の燃料供給をスマートに|S7 Airline

航空業界とブロックチェーンの画像

ロシアの「エスセブン航空(S7 Airline)」と国営航空燃料事業を運営している「ガスプロム・ネフチ(Gazprom Neft)」は、2018年9月に燃料供給を行う際の即時決済を可能にし、様々なプロセスを自動化することができる「航空燃料スマートコントラクト(AFSC)」の開発に成功したことを発表しました。

この新しいシステムが完成したことによって、航空輸送を運営する際の業務効率を格段に向上させ、コストを大幅に削減することができるようになるため、事業全体としても飛躍的に成長できることが期待されています。

航空燃料スマートコントラクトに関する記事はこちら

ブロックチェーンでポイントの利用方法を拡張|シンガポール航空

航空業界とブロックチェーンの画像

シンガポール航空(SIA)は、同社のマイレージプログラムである「KrisFlyer(クリスフライヤー)」の一環として、ブロックチェーン技術を活用したデジタルウォレット「KrisPay(クリスペイ)」を世界で初めて導入しています。

この新しいサービスでは、旅行者が貯めたマイルをデジタル化して「KrisPayマイル」に変換することによって、それらのポイントを小売店などでの支払いでも利用できるようになっています。ユーザーは、0.1シンガポールドル(約8.16円)に相当する「15 KrisPay」マイルから支払いを行うことができるようになっており、KrisPayマイルは複数の小売店で受け入れられています。これらの支払いに対応した加盟店は徐々に拡大していくことが計画されています。

情報管理を根本から変える「ブロックチェーン技術」

blockchain-sogo

ブロックチェーン技術は航空業界だけなく、宇宙開発自動車建設小売音楽スポーツなどのあらゆる業界で取り入れられています。情報の記録・管理方法を根本から変えることができるブロックチェーン技術は、日常生活の様々な場面に応用することができます。

当メディアでは、世界中の様々な地域や企業が取り組んでいるブロックチェーン技術を活用したプロジェクトを数多く紹介しているので、それらの記事も合わせて読みながら「ブロックチェーン技術」が築き上げていく地球の未来を想像してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン企業Moonwalk:ウクライナのサッカークラブ「FCディナモ・キエフ」と提携

ブロックチェーン企業Moonwalk:ウクライナのサッカークラブ「FCディナモ・キエフ」と提携

Coinbase:Unstoppable Domainsの「ブロックチェーンドメイン」をサポート

Coinbase:Unstoppable Domainsの「ブロックチェーンドメイン」をサポート

仮想通貨サービス事業者の「国際規制団体」設立へ|V20サミットで覚書締結

仮想通貨サービス事業者の「国際規制団体」設立へ|V20サミットで覚書締結

Cardano:商用インフラ「CCCI」近日発表へ|京都イベントはオンライン開催の可能性

Cardano:商用インフラ「CCCI」近日発表へ|京都イベントはオンライン開催の可能性

EOS関連の分散型ソーシャルメディア「Voice」公開予定日を早め7月リリースへ

EOS関連の分散型ソーシャルメディア「Voice」公開予定日を早め7月リリースへ

G20サミット2018|仮想通貨の各国の規制状況まとめ

G20サミット2018|仮想通貨の各国の規制状況まとめ

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコイン価格:2021年1月「420万円超え」の可能性も?Peter Brandt氏予想

ビットコイン価格:2021年1月「420万円超え」の可能性も?Peter Brandt氏予想

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月27日〜2021年1月2日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月27日〜2021年1月2日

Kraken:米国居住者向けのXRP取引サービス「一時停止」へ|リップル訴訟問題受け

Kraken:米国居住者向けのXRP取引サービス「一時停止」へ|リップル訴訟問題受け

韓国向け暗号資産取引所「Binance KR」2021年1月でサービス終了へ

韓国向け暗号資産取引所「Binance KR」2021年1月でサービス終了へ

米大手投資企業Bitwise「全てのXRPポジション」を清算|リップル社訴訟問題受け

米大手投資企業Bitwise「全てのXRPポジション」を清算|リップル社訴訟問題受け

OKCoinJapan「ビットコインがもらえる!お友達紹介プログラム」開始

OKCoinJapan「ビットコインがもらえる!お友達紹介プログラム」開始

イーサリアム価格「10万円台」に到達|アルトコインシーズン到来か

イーサリアム価格「10万円台」に到達|アルトコインシーズン到来か

ギャラクシーデジタル:マイニング専門のビジネスユニット「Galaxy Digital Mining」立ち上げ

ギャラクシーデジタル:マイニング専門のビジネスユニット「Galaxy Digital Mining」立ち上げ

ビットポイント:取扱う暗号資産全6種類で「即時出金」に対応|送金手数料も無料

ビットポイント:取扱う暗号資産全6種類で「即時出金」に対応|送金手数料も無料

ステラ(XLM)の価格上昇続く|リップル訴訟問題に伴う下落トレンドを脱出

ステラ(XLM)の価格上昇続く|リップル訴訟問題に伴う下落トレンドを脱出

大手マーケットメーカーB2C2「米国企業とのXRP取引」を停止|リップル訴訟問題で

大手マーケットメーカーB2C2「米国企業とのXRP取引」を停止|リップル訴訟問題で

韓国大手投資会社NXC:暗号資産取引所「Bithumb(ビッサム)」買収へ

韓国大手投資会社NXC:暗号資産取引所「Bithumb(ビッサム)」買収へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す