ビットコイン価格予測2018年版「人工知能は220万円と考える」

by 伊良部

人工知能未来予測プログラム「ウェブ・ボット(Web Bot Project)」は、2018年のビットコイン(bitcoin/BTC)価格は「1BTC = 220万円」を記録すると予測しました。

以前、当メディアでもご紹介しましたが Web Bot Project は "元マイクロソフト技術者" である「クリフ・ハイ」氏が株価を予測するために作られたコンピュータープログラムです。

このニュースに関連する記事はこちら
>>「未来予想プログラムにビットコイン(bitcoin)の未来を聞いてみた」

このウェブ・ボットの面白いのは、SNS などに投稿される「人々の会話」を集計・分析し「感情を数値」で測定して株価を予測する部分で、株価を数値ではなく "感情" を元に予測をすることで的中率を向上させたことです。

今回、このウェブ・ボットが「2018年のビットコイン価格」の他に、その他「暗号通貨の 2018年価格」まで予測した情報をご紹介したいと思います。

ビットコイン(bitcoin/BTC)2018年秋の価格予測

ビットコイン(bitcoin)価格は 2018年秋に 20,000ドル(約 220万円)を突破、仮想通貨(暗号通貨)の中心であることは変わらない。
上昇の理由としては「ドルの価値が下がる」ためであると予測しています。

ドルは基軸通貨なので、ドルが下がるということはその他の通貨にも当然大きな影響が出てくるはずです。
それが下がることになっても、上がることになっても「価格変動率」が安定しないということなので、安定的に「上昇」しているビットコインに富が集中していけば、上記のような予測は当てはまる可能性がありますね。

暗号通貨(アルトコイン)2018年の価格予測

ウェブ・ボットは、その他の暗号通貨の価格予測も出していますので、ここでざっと見ていきましょう。

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)は、2018年 2月に価格の上昇が起きる可能性が高くなります。

その理由は、今回の「ハードフォークによる人気の獲得」「暗号通貨市場全体の上昇」によるものです。
ビットコインキャッシュは、本家のビットコイン(bitcoin)と比べて価格は低いものの、イーサリアム(Ethereum/ETH)に次ぐ時価総額をキープしており、単価ではイーサリアムを超えています。

ビットコインの対抗馬としては十分な可能性を秘めており、高い価値・通貨として安定的なポジションを獲得しつつあります。

ビットコインキャッシュに関連する記事はこちら
>>「ビットコインキャッシュとは何か?将来性と今後価格は上がるのか?」

イーサリアム(Ethereum/ETH)

イーサリアム(Ethereum)は、2018年 3月には異常とも言える価格上昇を見せる可能性が高く、2017年までの価格の動きとは全く違った価格変動を見せるはずです。

やはり、イーサリアム価格上昇のターニングポイントは、最終ハードフォークである「Serenity(セレニティ)」でしょう。イーサリアムは、その機能性の高さからビットコインを超える可能性がある唯一の暗号通貨と期待されています。
ビジネスプラットフォームとしての期待度、今後の ICO の中心的存在、新しい技術導入などなどイーサリアムがビットコインよりも優れている部分をあげればキリがありません。

最終ハードフォークの Serenity が完了したと同時に、イーサリアム価格は一気に上昇すると言われていますのでハードフォークの時期は要チェックかもしれません。
ちなみに Serenity のハードフォーク時期は 2017年予定でしたが、延期になっています。

イーサリアム(Ethereum)に関連する記事はこちら
>>「イーサリアムとは今後いくらになるのか?予想価格は100倍越え

リップル(Ripple/XRP)

リップル(Ripple)は、2018年 5月に本格的な高騰が起きるかもしれません。
1年を通して激しい上昇が巻き起きる可能性もあります。

2017年には 40倍という高騰を達成した Ripple ですが、現在価格変動は安定しじっくりと機会を伺っています。
次の高騰のキッカケとなるタイミングは「既存金融システムのダウン」の危機であるとウェブ・ボットは予測しています。

2018年に既存の金融システムに欠陥が見つかり、リップルを中心に金融システムが確立し一気に価格高騰が起きる可能性があると予測しています。

リップル(Ripple/XRP)に関連する記事はこちら
>>「リップル価格高騰で時価総額 2位に!その将来性は?

ライトコイン(Litecoin/LTC)

ライトコイン(Litecoin)は、2018年 3月から高騰するイーサリアム(Ethereum)とレースをするように、価格を高騰させると予測しています。

ライトコインの場合は Lightning Network(ライトニングネットワーク)が、市場でどこまで活用できるかが「カギ」のようですね。

ダッシュ(DASH)

ダッシュ(DASH)は、2018年 2月の暗号通貨市場の盛り上がりに比例して上昇し、新しいテクノロジーが完成することで高騰につながると予測されています。

確かに、ビットコインの Segwit(セグウィット)と Lightning Network(ライトニングネットワーク)、イーサリアムのハードフォーク「Serenity」と同様の技術が開発されれば高騰につながる可能性は高いと思われますが、現状ダッシュの新技術が開発されているというニュースは見かけていません。
どのような技術が誕生するのかこれからが楽しみですね。

ダッシュ(DASH)に関連する記事はこちら
>>「DASH を使えばAmazonの全商品が 20%OFFに!

ネオ(NEO)

ネオ(NEO)は、2018年 1月に高騰、2月に暗号通貨市場の高騰に合わせて上昇すると予測されています。

ネオの価格高騰予測で面白いのは「中国規制当局の新たな動き」によって価格が上昇すると予測されている部分で、これが一体何を意味するのかは分かりませんが、来年中国でも新たな動きが出てくるのかもしれません

今回ウェブ・ボットが予測した 2018年のビットコイン価格予測とその他暗号通貨の価格予測です。

全体的に「価格は高騰する」と予測していますが "市場は生き物" ですから、どのような変動を見せるのかは誰にもわかりませんが(もちろんウェブ・ボットにも)今後どのように価格が上昇していくのかを見守るのは面白いかもしれませんね。

話題のニュース見逃していませんか?
>>「ビットコイン時価総額が 8兆円越え「それでも株式市場の 0.1%」

ビットコイン(bitcoin)や人気の仮想通貨(暗号通貨)を購入するならこちらから
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin ビットコイン(bitcoin)や、人気の仮想通貨(暗号通貨)が購入できる仮想通貨取引所 coincheck はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BitfuryがSegWitブロックのマイニングをスタートさせる

BitfuryがSegWitブロックのマイニングをスタートさせる

米Robinhoodが手数料無料の仮想通貨取引アプリをローンチ

米Robinhoodが手数料無料の仮想通貨取引アプリをローンチ

ビットコイン仮想通貨・今後の相場予測【2018〜2021年まで】

ビットコイン仮想通貨・今後の相場予測【2018〜2021年まで】

ビットコインが金の代わりになる日も近い?

ビットコインが金の代わりになる日も近い?

プーチン大統領が暗号通貨反対を表明「深刻なリスク」を語る

プーチン大統領が暗号通貨反対を表明「深刻なリスク」を語る

ビットコインキャッシュとは何か?将来性と今後価格は上がるのか?

ビットコインキャッシュとは何か?将来性と今後価格は上がるのか?

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン技術の持つ可能性に期待|Audi(アウディ)

ブロックチェーン技術の持つ可能性に期待|Audi(アウディ)

ビットアルゴ取引所東京サービス開始は秋を予定|ヤフー公式発表

ビットアルゴ取引所東京サービス開始は秋を予定|ヤフー公式発表

韓国の首都ソウルは独自の仮想通貨を開発している

韓国の首都ソウルは独自の仮想通貨を開発している

ブロックチェーンだけではプライバシー問題を解決できない?

ブロックチェーンだけではプライバシー問題を解決できない?

イスラエル当局関係者「私たちはクリプトバレーになりたい」

イスラエル当局関係者「私たちはクリプトバレーになりたい」

日本銀行独自の仮想通貨発行の可能性は?|FinTechコンファレンス

日本銀行独自の仮想通貨発行の可能性は?|FinTechコンファレンス

インターレジャープロトコル(ILP)とは?|リップル(Ripple/XRP)

インターレジャープロトコル(ILP)とは?|リップル(Ripple/XRP)

仮想通貨広告禁止に対して共同訴訟|ロシア/中国/韓国

仮想通貨広告禁止に対して共同訴訟|ロシア/中国/韓国

仮想通貨オーブス(ORBS)とは?|特徴や購入方法と今後

仮想通貨オーブス(ORBS)とは?|特徴や購入方法と今後

AirAsia Groupで独自の仮想通貨の導入か?

AirAsia Groupで独自の仮想通貨の導入か?

ユーザー数200万人を超えたbitFlyerの今後に注目

ユーザー数200万人を超えたbitFlyerの今後に注目

仮想通貨は金融資産か?マルタの金融庁が見解を表明

仮想通貨は金融資産か?マルタの金融庁が見解を表明

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す