米国証券取引委員会:CBOEの「ビットコインETF」判断期日の延期を発表

by BITTIMES

SEC(米国証券取引委員会)は2018年12月6日、最有力候補とも言われていたVanEck(ヴァンエック)、シカゴ・オプション取引所(CBOE)、SolidX(ソリッドX)によって提案されていたビットコインETFに基づいた規制改正案に対する承認判断期日を2019年2月27日まで延期することを発表しました。Bitcoin(BTC)の価格は現在もさらに安値を更新しており、40万円を下回っています。

こちらから読む:仮想通貨市場で重要視される「ビットコインETF」とは

最終判断は「2019年2月27日」

2019

VanEck社のビットコインETFは、現物をベースとしたものとなっており、米国証券取引委員会の(SEC)から承認を受ける可能性が最も高いとも言われていました。この規制改正案に関する「最終延期決定日」は2018年12月29日に予定されていたため、予想されていたよりも早く延期が発表されています。

SECはこの改正案の公開日である7月2日から180日後である12月29日までに回答する必要がありましたが、審査にさらに日数が必要とされる場合には、追加で60日間の審査期間を追加することができました。今回の発表はこの期間延長を発表するものであり、最終的な判断は2019年2月27日までに発表される予定となっています。

SECは実際に承認の判断を下すためにはさらに審議を重ねる必要があるとの考えから今回の延期を発表しています。SECは今年の8月にもProShares、Direxion、GraniteSharesが提出した合計9件の提案を却下しており、現時点では承認は決定されていません。

CBOEの「ビットコインETF」とは

Bitcoin-ETF

今回延期が発表された規則改正案は、資金管理会社であるVanEck(ヴァンエック)、シカゴ・オプション取引所(CBOE)、ブロックチェーン・スタートアップSolidX(ソリッドX)によって2018年6月20日に提出されており、7月2日には一般公開されました。

このビットコインETFは、値段が先物市場ではなく「現物のビットコイン」に依存しているという点でその他の提案されたものとは異なっています。

SECはこれまでにも「市場操作」や「仮想通貨市場の未熟さ」などを主な理由として合計3回の延期判断を下しています。ビットコインETFの承認は仮想通貨市場の価格回復に大きな影響を及ぼす好材料の一つとして捉えられているため、以前から期待が高まっていましたが、現時点では承認を決定するような傾向は見られておらず、専門家たちは今回の決定に対しても"予想通り"との見解を示しています。

今回は延期されることとなったものの、2019年にはNASDAQ(ナスダック)Bakkt(バックト)の「ビットコイン先物取引」開始も予定されており、VanEckのビットコインETFに関してもこれ以上延期することはできないため、2019年2月27日の最終的な判断期日には注目が集まっています。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格|2018年12月5日

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、現在もさらに価格を下げており最近の最安値である40万円を下回っています。2018年12月7日時点でのBTC価格は「1BTC=387,220円」となっていますが、今後もさらに価格は下落することになると予想されます。

一部の専門家たちはビットコインの底値は22万円ほどであると予想しており、最近では1,500ドル(約17万円)にまで下落するとの予想も出ています。

2018年11月7日〜12月7日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2018年11月7日〜12月7日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインスキル有するフリーランサー「時給20,000円」超え=UpWork調査

ビットコインスキル有するフリーランサー「時給20,000円」超え=UpWork調査

イタリアの自動車メーカー「Fiat」EVドライバーに仮想通貨報酬を付与

イタリアの自動車メーカー「Fiat」EVドライバーに仮想通貨報酬を付与

暗号資産4銘柄で「売り圧力」強まる可能性|PlusToken関連で数百億円規模の資金移動

暗号資産4銘柄で「売り圧力」強まる可能性|PlusToken関連で数百億円規模の資金移動

米投資家ティム・ドレイパー:仮想通貨ラップ「BITCOIN HUSTLE」をリリース

米投資家ティム・ドレイパー:仮想通貨ラップ「BITCOIN HUSTLE」をリリース

沖縄県首里城火災の復旧支援「ビットコイン・XRPの寄付」受付開始:Huobi Japan

沖縄県首里城火災の復旧支援「ビットコイン・XRPの寄付」受付開始:Huobi Japan

【Chiliz&Socios】チリ初「Universidad de Chile」の$UCHファントークン発行へ

【Chiliz&Socios】チリ初「Universidad de Chile」の$UCHファントークン発行へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコインの価格上昇「1,000万円では止まらない」強気相場継続を予想:PlanB

ビットコインの価格上昇「1,000万円では止まらない」強気相場継続を予想:PlanB

BITMAX:暗号資産購入金額に応じた「現金プレゼントキャンペーン」開始【最大10万円】

BITMAX:暗号資産購入金額に応じた「現金プレゼントキャンペーン」開始【最大10万円】

360°VRのNFTギャラリー「PROJECT EMOTION」開催へ|参加クリエイターも募集

360°VRのNFTギャラリー「PROJECT EMOTION」開催へ|参加クリエイターも募集

MicroStrategy:取締役の役員報酬「ビットコイン」で支払いへ|米上場企業で初

MicroStrategy:取締役の役員報酬「ビットコイン」で支払いへ|米上場企業で初

ブラジル証券取引委員会「2つの暗号資産ETF」を承認【南アメリカ初】

ブラジル証券取引委員会「2つの暗号資産ETF」を承認【南アメリカ初】

スイスの暗号資産取引所Lykke「XRP取引サービスの再開」を決定

スイスの暗号資産取引所Lykke「XRP取引サービスの再開」を決定

Morgan Stanley:韓国大手暗号資産取引所「Bithumb」買収に向けて交渉か=報道

Morgan Stanley:韓国大手暗号資産取引所「Bithumb」買収に向けて交渉か=報道

Jリーグチーム「Y.S.C.C.」FiNANCiEでクラブトークン発行型ファンディング開始

Jリーグチーム「Y.S.C.C.」FiNANCiEでクラブトークン発行型ファンディング開始

マクドナルド・フランス「McDoNFT」発行へ|ビッグマック・フライドポテトなど4種類

マクドナルド・フランス「McDoNFT」発行へ|ビッグマック・フライドポテトなど4種類

暗号資産全体の時価総額「2兆ドル」を突破|XRP価格も1ドルまで回復

暗号資産全体の時価総額「2兆ドル」を突破|XRP価格も1ドルまで回復

日本銀行「中央銀行デジタル通貨の実証実験」開始|CBDCの基本機能を検証

日本銀行「中央銀行デジタル通貨の実証実験」開始|CBDCの基本機能を検証

Morgan Stanley:富裕層向けの「ビットコイン投資商品」提供へ|米大手銀行で初

Morgan Stanley:富裕層向けの「ビットコイン投資商品」提供へ|米大手銀行で初

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す