仮想通貨ニュース週間まとめ|12月2日〜8日

by BITTIMES

2018年12月2日〜8日にかけて紹介した仮想通貨関連のニュースをまとめて掲載しています。この1週間で特に注目の話題をBITTIMES編集部がピックアップしてお届けします。

市場下落は「健全な証」|Mohamed El-Erian

Mohamed-El-Erian

ドイツの大手金融サービス会社「Allianz(アリアンツ)」で経済アドバイザーを務めているMohamed El-Erian(モハメド・エラリアン)氏は、現在の仮想通貨市場で見られる価格の下落は"健全"なものであり、むしろ歓迎されるべきことだと述べています。

機関投資家の参入に関する報道が続いていることも良い兆候だと語る同氏は、暗号通貨は「主流な通貨」としては機能しないものの「商品」として長期的に繁栄すると語っています。

寄付されたビットコインで子供たちを支援|ベネズエラ

Charity

仮想通貨を使ってベネズエラで慈善活動に取り組んでいるTwitterユーザー「@CryptoForVzla」は、世界中から寄付されたビットコインを使って深刻なインフレ問題に苦しむ現地の子供たちを支援しています。

ビットコインやダッシュなどの仮想通貨を決済手段として受け入れる店舗が急速に増加しているベネズエラは、それらの"未来のお金"が具体的にどのようにして社会問題を解決できるのかの一つの事例を示しています。

「本当の価値」は時価総額では測れない|Joseph Lubin

Joseph-Lubin-Block

イーサリアム(ETH)の共同設立者でありながらブロックチェーン企業「ConsenSys(コンセンシス)」の創設者としても知られるJoseph Lubin(ジョセフ・ルービン)氏は、2018年12月1日に投稿したツイートの中で現在の仮想通貨時価総額はコミュニティの活動を反映したものではないと語り、"Blockchain"は市場での評価よりも優れたものであることを説明しました。

「開発者向けサービス」の利用者が着実に増加していることを報告したルービン氏は、分散型ネットワークは現在も世界中で急速に成長していると語っています。利用者が増加している製品についても簡単に説明させて頂いているので、興味のある方は利用されてみてください。

イーサリアムのインフラを支える3つの主要製品はこちら

ビットコイン先物「延期」を発表|NASDAQ

NASDAQ

NASADAQ(ナスダック)メディアチームのバイスプレジデントであるJoseph Christinat(ジョセフ・クリスティナット)氏は、以前から噂されていた「ビットコイン先物取引」の提供開始予定時期を"2019年上半期"に予定していることを正式に明かしました。

同氏は実際にサービスを開始するためには米商品先物取引委員会(CFTC)からの承認を得ることが条件となっているものの、NASDAQは5年も前からブロックチェーン関連の取り組みを続けてきており、最善の努力を尽くしてきているため、何が起きても引き下がるつもりはないとの意思を語っています。

急増する「エイダ決済」対応店舗|ADA Crypto Card

ADA-CRYPTO-CARD

カルダノエイダコイン(CARDANO/ADA)で簡単に支払いを行うことができる決済カード「ADA Crypto Card(エイダクリプトカード)」に対応する店舗が韓国で急増しています。

今週は韓国の大手コンビニエンスストアである「GS25」と「Emart24」に続き、同国で人気の飲食店である「Ashely(アシュレイ)」と「MAGNUM(マグナム)」でも利用できるようになることが発表されました。これらのお店はフランチャイズでもあるため、ADA決済に対応する店舗の数はすでに1万店舗を超えています。

謎のビットコインウォレットから「66,452BTC」送金

whale

仮想通貨を大量に保有している「クジラ」の動きを追跡しているTwitterアカウント「@whale_alert」は、今週あたりから長期間に渡って"休眠状態"が続いていたアドレスから大量の仮想通貨が移動され始めていることを報告しています。

2013年以来動きの見られていなかったBTCウォレットの1つは、最近66,452BTC(約248億円)を別のウォレットに送金しており、リップル(XRP)などの通貨でも100億円規模の送金が複数回行われていることが報告されています。

マイニングだけでは稼げない!中国人マイナーの「新手法」

Short-miner

仮想通貨市場で続く価格下落によって、中国人マイナーの手法に変化が見られていることが報告されています。これまではマイニングで獲得した仮想通貨をホールド(保持)し続けていることで利益を得ることができたものの、現在の市場ではそれが通用しないため人々はリスクヘッジとして"空売り(ショート)"していると伝えられています。

このことを明かした一人の中国人マイナーは、このような動きによって仮想通貨の価格はさらに下落する可能性があると語っています。

中国の次世代マイナーが導き出した「新手法」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

眠っていた「クジラ」が活動開始|BTC・XRPなど複数の仮想通貨で大量の資金移動

眠っていた「クジラ」が活動開始|BTC・XRPなど複数の仮想通貨で大量の資金移動

仮想通貨取引所「FCoinJP」の登録が開始!取引マイニングなど特徴や登録方法など解説

仮想通貨取引所「FCoinJP」の登録が開始!取引マイニングなど特徴や登録方法など解説

BINANCE:新たな仮想通貨取引所「韓国」で新設か?ステーブルコイン発行企業と協力

BINANCE:新たな仮想通貨取引所「韓国」で新設か?ステーブルコイン発行企業と協力

ベネズエラ最大の百貨店が「ビットコイン決済」導入|BCH・ETHなどにも対応

ベネズエラ最大の百貨店が「ビットコイン決済」導入|BCH・ETHなどにも対応

アナリスト予想は嘘だらけ?BTC「〇〇万円の壁」は幻想:John McAfee

アナリスト予想は嘘だらけ?BTC「〇〇万円の壁」は幻想:John McAfee

イーサリアム、今後5年で「仮想通貨の王」に ー 格付け機関Weiss Ratings予想

イーサリアム、今後5年で「仮想通貨の王」に ー 格付け機関Weiss Ratings予想

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCE:仮想通貨「先物取引プラットフォーム」公開へ|レバレッジ最大20倍

BINANCE:仮想通貨「先物取引プラットフォーム」公開へ|レバレッジ最大20倍

Libraブロックチェーン活用した「トークン化資産」のテスト発行に成功:eToroX

Libraブロックチェーン活用した「トークン化資産」のテスト発行に成功:eToroX

ドイツ大手製造会社「Siemens」ブロックチェーンでカーシェアリングの問題解決へ

ドイツ大手製造会社「Siemens」ブロックチェーンでカーシェアリングの問題解決へ

イーサリアムブロックチェーン用いたスニーカー「Satoshi_one」発売:フランス・パリ

イーサリアムブロックチェーン用いたスニーカー「Satoshi_one」発売:フランス・パリ

適正時価総額は「760兆円」ビットコインはまだ過小評価されている:Tyler Winklevoss

適正時価総額は「760兆円」ビットコインはまだ過小評価されている:Tyler Winklevoss

未登録の仮想通貨取引所に「業務停止・資金返還」を命令:マレーシア規制当局

未登録の仮想通貨取引所に「業務停止・資金返還」を命令:マレーシア規制当局

注目の「1万ドル」目前に迫る|ビットコイン価格、2019年最高値を更新

注目の「1万ドル」目前に迫る|ビットコイン価格、2019年最高値を更新

Tron(トロン)のメインネット「Odyssey 3.6」へのアップグレード迫る

Tron(トロン)のメインネット「Odyssey 3.6」へのアップグレード迫る

ビットコイン注文価格「800万円」を突破|ジンバブエで起きた急騰の原因とは?

ビットコイン注文価格「800万円」を突破|ジンバブエで起きた急騰の原因とは?

【DMM Bitcoin】XRP入金でもれなく「1,000円」もらえる|ダブル記念キャンペーン開催

【DMM Bitcoin】XRP入金でもれなく「1,000円」もらえる|ダブル記念キャンペーン開催

ハッキングで「XRP・ADA」5億円相当が流出:仮想通貨取引所Bitrue

ハッキングで「XRP・ADA」5億円相当が流出:仮想通貨取引所Bitrue

仮想通貨決済の「消費税」を免税に|税金制度の草案を公開:シンガポール内国歳入庁

仮想通貨決済の「消費税」を免税に|税金制度の草案を公開:シンガポール内国歳入庁

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す