ビットコイン(BTC)の適正価格は「156万〜168万円」Thomas Lee

by BITTIMES

仮想通貨の強気予想を数多く語ってきた投資アナリストであるThomas Lee(トーマス・リー)氏は、ビットコイン(Bitcoin/BTC)のウォレットアドレスの数や使用量などに基づいて分析を行なった結果、BTCの適正価格は現在の価値よりもはるかに高いという結論に至ったことを報告しています。

こちらから読む:底値予想は"0〜22万円"「ビットコイン価格」に対する著名人の見解

BTC保有者数がもし「3億」に達したら...

Bitcoin

ビットコイン(BTC)などの価格予想をこれまでに数多く語ってきたThomas Lee(トーマス・リー)氏は、Bloombergとのインタビューの中で、ビットコインの適正価格は13,800〜14,800ドル(約156万〜168万円)だと語りました。

同氏は、現在利用されているウォレットアドレスの数やアカウントごとの使用量、供給に影響を与える要因を考慮してこの適正価格を導き出しており、『ビットコインの適正価格は現在の価格よりもかなり高い』と述べています。

リー氏は、仮に現在のビットコイン価格が適正価格だったとするならば、現存しているウォレットの数ももっと少なくなるはずであると考えており、『現在のビットコイン価格から逆算して考えると、ビットコイン・ウォレットの数は、現存する5,000万個から1,700万個にまで減少していなければ説明がつかない』と説明しています。

さらにリー氏はこの理論に基づいた上で、もしもビットコイン・ウォレットの数がさらに増加してVisaの口座保有者数全体の"7%"に当たる「3億1,500万個」にまで増加した場合には、ビットコインの適正価格は15万ドル(約1,700万円)を容易に超えるとも語っています。

価格予想「今回は拒否」

Thomas-Lee

リー氏はこれまでにも数多くの価格予想を語ってきましたが、今回のインタビューでは『私たちは目標価格を尋ねられることに疲れてきている』と説明し、年末の価格予想を語ることを拒否しています。

同氏は今年の8月にはビットコイン価格が『2018年末までに220万円に達する』と語っているほか、ビットコインマイナーによるサポートラインが6,000ドル(約65万円)にあるとも予想していましたが、結果的にビットコインは6,000ドルを下回っており、11月には年末の価格予想を15,000ドル(約170万円)まで引き下げています。

価格上昇の要因としては、Bakkt(バックト)やFidelity Digital Assets(フィデリティ・デジタル・アセット)などのサービスが開始されることによって機関投資家の参入が見込めることなどが挙げられていましたが、それらの機関はここ最近で「サービス開始時期の延期」を発表しているため、リー氏は年内の価格回復はないと考えていると予想されます。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格|2018年12月14日

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、今月8日に36,700円近くまで下落して以降、横ばいの状態が続いており、2018年12月14日の時点では「1BTC=377,362円」で取引されています。

下落の勢いはやや弱まっているものの、ビットコイン価格がさらに下落すると予想する投資家も増えてきており、最近では22万円を下回るとの意見も出てきています。

2018年10月25日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2018年10月25日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)の購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Charles Hoskinson:人工知能(AI)を用いた未来予測プロジェクト「Endor」に参加

Charles Hoskinson:人工知能(AI)を用いた未来予測プロジェクト「Endor」に参加

ブロックチェーンで「音楽配信を効率化」Bluebox提供へ:Ditto Music

ブロックチェーンで「音楽配信を効率化」Bluebox提供へ:Ditto Music

ビットコイン取引所2社がサービス停止【ワシントン州騒動】

ビットコイン取引所2社がサービス停止【ワシントン州騒動】

BINANCE:証拠金取引に「XRP/ETH」の通貨ペアを追加

BINANCE:証拠金取引に「XRP/ETH」の通貨ペアを追加

仮想通貨ニュース週間まとめ|7月1日〜7日

仮想通貨ニュース週間まとめ|7月1日〜7日

ブロックチェーンゲーム「The Sandbox」スクウェア・エニックスなどから2億円の資金調達

ブロックチェーンゲーム「The Sandbox」スクウェア・エニックスなどから2億円の資金調達

注目度の高い仮想通貨ニュース

トレザーの新たなデスクトップアプリ「Trezor Suite」ベータ版公開:SatoshiLabs

トレザーの新たなデスクトップアプリ「Trezor Suite」ベータ版公開:SatoshiLabs

Chiliz Exchange:Trabzonsporの公式ファントークン「$TRA」取扱いへ

Chiliz Exchange:Trabzonsporの公式ファントークン「$TRA」取扱いへ

Ontology:自動車大手「Daimler Mobility AG」と提携|新サービス開発で技術活用

Ontology:自動車大手「Daimler Mobility AG」と提携|新サービス開発で技術活用

ロシア中銀:中央銀行デジタル通貨「デジタルルーブル」の発行可能性を調査

ロシア中銀:中央銀行デジタル通貨「デジタルルーブル」の発行可能性を調査

BitMEX告発問題で「取引所からのビットコイン出金」続く|2日で4.5万BTC以上が移動

BitMEX告発問題で「取引所からのビットコイン出金」続く|2日で4.5万BTC以上が移動

グローバルステーブルコイン「適切な規制まで運用してはならない」G7が表明

グローバルステーブルコイン「適切な規制まで運用してはならない」G7が表明

ブロックチェーンを基盤とした「電気自動車と電力網の接続規格」作成:MOBI

ブロックチェーンを基盤とした「電気自動車と電力網の接続規格」作成:MOBI

【日本国内初】一般個人投資家向け「不動産STO」実施:葉山の古民家宿づくりファンド

【日本国内初】一般個人投資家向け「不動産STO」実施:葉山の古民家宿づくりファンド

ファイルコイン(Filecoin/FIL)今後3週間ほどで「メインネット」開始予定

ファイルコイン(Filecoin/FIL)今後3週間ほどで「メインネット」開始予定

Apple Payと互換性のある「バーチャルVisaカード」発表:仮想通貨決済企業Crypterium

Apple Payと互換性のある「バーチャルVisaカード」発表:仮想通貨決済企業Crypterium

KuCoinハッキング事件「疑わしいアドレス」公開|各プロジェクトが続々と資金洗浄対策

KuCoinハッキング事件「疑わしいアドレス」公開|各プロジェクトが続々と資金洗浄対策

ブロックチェーンゲームの「マルチチェーン対応支援サービス」発表:double jump.tokyo

ブロックチェーンゲームの「マルチチェーン対応支援サービス」発表:double jump.tokyo

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す