ビットコイン(BTC)の適正価格は「156万〜168万円」Thomas Lee

by BITTIMES

仮想通貨の強気予想を数多く語ってきた投資アナリストであるThomas Lee(トーマス・リー)氏は、ビットコイン(Bitcoin/BTC)のウォレットアドレスの数や使用量などに基づいて分析を行なった結果、BTCの適正価格は現在の価値よりもはるかに高いという結論に至ったことを報告しています。

こちらから読む:底値予想は"0〜22万円"「ビットコイン価格」に対する著名人の見解

BTC保有者数がもし「3億」に達したら...

Bitcoin

ビットコイン(BTC)などの価格予想をこれまでに数多く語ってきたThomas Lee(トーマス・リー)氏は、Bloombergとのインタビューの中で、ビットコインの適正価格は13,800〜14,800ドル(約156万〜168万円)だと語りました。

同氏は、現在利用されているウォレットアドレスの数やアカウントごとの使用量、供給に影響を与える要因を考慮してこの適正価格を導き出しており、『ビットコインの適正価格は現在の価格よりもかなり高い』と述べています。

リー氏は、仮に現在のビットコイン価格が適正価格だったとするならば、現存しているウォレットの数ももっと少なくなるはずであると考えており、『現在のビットコイン価格から逆算して考えると、ビットコイン・ウォレットの数は、現存する5,000万個から1,700万個にまで減少していなければ説明がつかない』と説明しています。

さらにリー氏はこの理論に基づいた上で、もしもビットコイン・ウォレットの数がさらに増加してVisaの口座保有者数全体の"7%"に当たる「3億1,500万個」にまで増加した場合には、ビットコインの適正価格は15万ドル(約1,700万円)を容易に超えるとも語っています。

価格予想「今回は拒否」

Thomas-Lee

リー氏はこれまでにも数多くの価格予想を語ってきましたが、今回のインタビューでは『私たちは目標価格を尋ねられることに疲れてきている』と説明し、年末の価格予想を語ることを拒否しています。

同氏は今年の8月にはビットコイン価格が『2018年末までに220万円に達する』と語っているほか、ビットコインマイナーによるサポートラインが6,000ドル(約65万円)にあるとも予想していましたが、結果的にビットコインは6,000ドルを下回っており、11月には年末の価格予想を15,000ドル(約170万円)まで引き下げています。

価格上昇の要因としては、Bakkt(バックト)やFidelity Digital Assets(フィデリティ・デジタル・アセット)などのサービスが開始されることによって機関投資家の参入が見込めることなどが挙げられていましたが、それらの機関はここ最近で「サービス開始時期の延期」を発表しているため、リー氏は年内の価格回復はないと考えていると予想されます。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格|2018年12月14日

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、今月8日に36,700円近くまで下落して以降、横ばいの状態が続いており、2018年12月14日の時点では「1BTC=377,362円」で取引されています。

下落の勢いはやや弱まっているものの、ビットコイン価格がさらに下落すると予想する投資家も増えてきており、最近では22万円を下回るとの意見も出てきています。

2018年10月25日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2018年10月25日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)の購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

DeCurret:国内初「ビットコイン・マイニングマシンの小口販売・運用サービス」提供へ

DeCurret:国内初「ビットコイン・マイニングマシンの小口販売・運用サービス」提供へ

CARDANO:企業向けブロックチェーン製品「ATALA」を発表:IOHKとエチオピア政府が協力

CARDANO:企業向けブロックチェーン製品「ATALA」を発表:IOHKとエチオピア政府が協力

トロン(TRX)は「niTROn SUMMIT」でDAppの発展をサポートし、開発環境を再構築する

トロン(TRX)は「niTROn SUMMIT」でDAppの発展をサポートし、開発環境を再構築する

金融庁:コインベースなど3社を「暗号資産交換業者」として新規登録

金融庁:コインベースなど3社を「暗号資産交換業者」として新規登録

仮想通貨が稼げる「スペースインベーダーのアーケードゲーム」を設置:英Pixel Bar

仮想通貨が稼げる「スペースインベーダーのアーケードゲーム」を設置:英Pixel Bar

ブロックチェーンを基盤とした「電気自動車と電力網の接続規格」作成:MOBI

ブロックチェーンを基盤とした「電気自動車と電力網の接続規格」作成:MOBI

注目度の高い仮想通貨ニュース

中南米諸国の政治家、続々と「ビットコイン支持」を表明|エルサルバドルに続く

中南米諸国の政治家、続々と「ビットコイン支持」を表明|エルサルバドルに続く

ローカルビットコイン「ADA・LINK・DOGE」など複数のアルトコインをサポート

ローカルビットコイン「ADA・LINK・DOGE」など複数のアルトコインをサポート

ビットフライヤー「NHK クローズアップ現代+放映記念キャンペーン」開始

ビットフライヤー「NHK クローズアップ現代+放映記念キャンペーン」開始

ディーカレット:暗号資産取引所サービスで「Post-Only機能」提供開始

ディーカレット:暗号資産取引所サービスで「Post-Only機能」提供開始

バイナンスが支援するNFTプラットフォーム「Featured by Binance」公開

バイナンスが支援するNFTプラットフォーム「Featured by Binance」公開

日本暗号資産市場社「JPYC株式会社」に社名変更へ|ステーブルコイン事業を強化

日本暗号資産市場社「JPYC株式会社」に社名変更へ|ステーブルコイン事業を強化

Chiliz Exchange:マンチェスター・シティFCの「$CITYトークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:マンチェスター・シティFCの「$CITYトークン」本日取引開始

GMOコイン:スギちゃん出演の「新テレビCM」放映へ|記念キャンペーンも開催

GMOコイン:スギちゃん出演の「新テレビCM」放映へ|記念キャンペーンも開催

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年5月23日〜29日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年5月23日〜29日

ビットポイント:口座開設+入金で「3,000円分のTRX」がもらえるキャンペーン開始

ビットポイント:口座開設+入金で「3,000円分のTRX」がもらえるキャンペーン開始

Chiliz&Socios:サッカーアルゼンチン代表チームの「$ARGトークン販売」詳細を発表

Chiliz&Socios:サッカーアルゼンチン代表チームの「$ARGトークン販売」詳細を発表

bitFlyer×Brave:仮想通貨BATがもらえる「タイアップキャンペーン第2弾」開始

bitFlyer×Brave:仮想通貨BATがもらえる「タイアップキャンペーン第2弾」開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す