ブロックチェーン決済は今後3〜5年で普及「利用量の増加が重要に」BitPay CEO

by BITTIMES

仮想通貨決済サービス「BitPay(ビットペイ)」のCEOであるStephan Pair(ステファン・ペア)氏は、ブロックチェーン技術を活用した様々な決済手段が今後3〜5年ほどで広く普及すると考えています。昨年までは、実際に導入が進むまでに「10年はかかる」と考えていた同氏はその予想を改めています。

こちらから読む:ベネズエラのケンタッキーはDASH決済導入「仮想通貨決済」関連ニュース

ブロックチェーン決済の「一般採用」は近い

Cashless

仮想通貨の「価格上昇」は投資家にとって嬉しいニュースですが、仮想通貨決済の導入や実用化に向けた技術開発に取り組んでいる企業は急激な価格の高騰を懸念材料の一つとして捉える場合もあります。

BitPay(ビットペイ)のCEOであるStephan Pair(ステファン・ペア)氏は、1年前にビットコイン価格が200万円を超えた時、仮想通貨決済の一般導入が進むまでには10年ほどの期間が必要になると考えていました。しかし同氏は、2018年12月13日にCNBCの番組に出演した際に、現在は「仮想通貨決済の一般普及にはそれほど時間がかからない」と考えていることを明らかにしました。

私は以前、人々がレストランや小売店に「ブロックチェーン決済」の導入を求めるようになるまでには『10年ほどかかる』と予想していましたが、今は3〜5年ほどでその時が訪れると考えています。

ペア氏が語る「ブロックチェーン決済」には、ビットコイン(BTC)のような仮想通貨業界で広く知られている通貨だけでなく、ブロックチェーン技術を用いて発行されるドルやユーロなども含まれています。ブロックチェーン技術を用いた通貨と言われれば多くの人が「仮想通貨」を思い浮かべますが、ペア氏は『仮想通貨は一つのアプリケーションであり、ドルなどの法定通貨をブロックチェーン上で発行することもできる』と説明しています。

2018年に入って以降、仮想通貨市場で下落が続いたことによって、現在では非常に多くの企業や政府がブロックチェーンや仮想通貨関連のプロジェクトに取り組んでいるとも伝えられているため、同氏の予想時期が大幅に短縮されたのもこのようなことが影響していると考えられます。

現在価格の決定要因は「投機」

bitcoin-chart

ビットコインの価格について尋ねられたペア氏は、仮想通貨に対する投機的な考えが実際の"実用性"よりも大きく価格に影響を及しているため、正当な評価を下すのが難しくなっているとも語っています。

同氏は、下落が続いている現在の仮想通貨価格について『間違いなく投資家による投機が大きな要因となっている』と指摘しており、『現在の価格変動はこれらの技術の将来的な使用方法や導入率を予測する投資家たちによるものであり、"実際の実用性"は現在の価格を決定する小さな要因にすぎない』と語っています。

仮想通貨業界では「ビットコインETF」の開始が市場に大きな影響を及ぼすとの考え方が広まっていますが、ペア氏は仮想通貨の採用促進や価格変動に影響を与えるのは"ETF"だけではないと指摘しており、BitPayのような決済サービスの普及も今後の価格変動に影響をあたえる要因となることを説明しています。

ペア氏は、現在のビットペイの年間取引高は10億ドル(約1,125億円)ほどであるものの、ビットコインETFの採用や仮想通貨決済の普及などの要因によって、今後はその額が10〜100倍になるほど需要が高まり、価格を押し上げることになるとの見通しを立てています。

仮想通貨「実際の価値」はもっと高い?

coin-check

仮想通貨には現在価格よりもはるかに高い価値があると語っているのはペア氏だけではありません。仮想通貨決済技術会社Circle (サークル)の共同設立者兼CEOであるジェレミー・アレール(Jeremy Allaire)氏も、最近行われたCNBCとのインタビューの中で『ビットコインの価格は今後3年間で大きく上昇するだろう』との考えを語り、ビットコインの重要性を強調しています。

またビットコイン強気派として知られるThomas Lee(トーマス・リー)氏は、仮想通貨の価格予想を語るのをやめ、ビットコインの現在価格は間違っているとの見解を示した上で、現在の適正価格は156万〜168万円だと語っています。

現在の価格下落に対しては、「これまでの投機的な価格上昇に伴う代償である」との意見も出ており、一定の下落後には再び上昇が始まるとの意見も多く見られています。下落が続いていることによって『ビットコインはすでに崩壊している』といった意見も出始めていますが、実際に今後の価格がどのように変化するかについては、未だに意見が分かれています。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格|2018年12月18日

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、「1BTC=約37万円」で取引されていた先日17日の21時頃から大きく上昇しており、2018年12月18日15時の時点では「1BTC=約398,000円」まで回復しています。

現在はやや価格が下がり始めていますが下落幅もここ最近で徐々に狭まってきているため、今後の動きには注目が集まります。

2018年12月17日〜18日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2018年12月17日〜18日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)の購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

富士通がベルギーにブロックチェーン研究センターを開設

富士通がベルギーにブロックチェーン研究センターを開設

【速報】BINANCE:仮想通貨「証拠金取引サービス」を開始

【速報】BINANCE:仮想通貨「証拠金取引サービス」を開始

ブロックチェーンゲーム「ブレヒロ」専用アプリ公開【先着1万人にETHプレゼント】

ブロックチェーンゲーム「ブレヒロ」専用アプリ公開【先着1万人にETHプレゼント】

Binance JEX:独自仮想通貨の「エアドロップ開催」を発表|合計2億トークンを配布

Binance JEX:独自仮想通貨の「エアドロップ開催」を発表|合計2億トークンを配布

Cardanoステークプール、運用ADA総数は「80億」を突破|予想を遥かに上回る結果に

Cardanoステークプール、運用ADA総数は「80億」を突破|予想を遥かに上回る結果に

ブロックチェーンで再生可能エネルギーの起源を証明:スペイン・ACCIONA Energy

ブロックチェーンで再生可能エネルギーの起源を証明:スペイン・ACCIONA Energy

注目度の高い仮想通貨ニュース

【30万口座突破記念】GMOコイン:仮想通貨購入で「現金1万円」が当たるキャンペーン開催

【30万口座突破記念】GMOコイン:仮想通貨購入で「現金1万円」が当たるキャンペーン開催

CME・Bakktの「ビットコインオプション」をサポート:マネックス子会社TradeStation

CME・Bakktの「ビットコインオプション」をサポート:マネックス子会社TradeStation

コインチェック:スマホアプリのダウンロード数で「国内1位」獲得

コインチェック:スマホアプリのダウンロード数で「国内1位」獲得

仮想通貨用いた「違法ギャンブル」アジアのサッカー業界で増加傾向

仮想通貨用いた「違法ギャンブル」アジアのサッカー業界で増加傾向

BINANCE:ダッシュ(DASH)の「先物取引」提供へ

BINANCE:ダッシュ(DASH)の「先物取引」提供へ

BINANCE:モネロ(XMR)の「先物取引」提供へ

BINANCE:モネロ(XMR)の「先物取引」提供へ

Liquid by QUOINE「ビットコインSV相当の日本円」対象ユーザーに付与へ

Liquid by QUOINE「ビットコインSV相当の日本円」対象ユーザーに付与へ

XRP Ledger基盤のバンキングアプリ「XUMM」プライベートβ版公開へ

XRP Ledger基盤のバンキングアプリ「XUMM」プライベートβ版公開へ

Chiliz:仮想通貨の自動トレードサービス「Paratica」と提携

Chiliz:仮想通貨の自動トレードサービス「Paratica」と提携

日本銀行などの中銀6行「デジタル通貨」関連で会合開催へ

日本銀行などの中銀6行「デジタル通貨」関連で会合開催へ

BINANCE:クアンタム(QTUM)の「先物取引」提供へ

BINANCE:クアンタム(QTUM)の「先物取引」提供へ

Tron(TRX)が仮想通貨対応プリペイドカード「Bitsa」で利用可能に

Tron(TRX)が仮想通貨対応プリペイドカード「Bitsa」で利用可能に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

人気のタグから探す