ブロックチェーンで再生可能エネルギーの起源を証明:スペイン・ACCIONA Energy

by BITTIMES

スペインの再生可能エネルギー事業者であるACCIONA Energy(アクシオナ・エナジー)は、ブロックチェーン技術を活用して消費者が利用しているエネルギーの起源が「クリーンエネルギー」であるかどうかをいつでも、どこからでもリアルタイムに確認することができる新しいサービスの立ち上げに取り組んでいます。

こちらから読む:再生可能エネルギーの起源を証明できる「ブロックチェーン」の仕組み

ACCIONA Energy(アクシオナ・エナジー)とは

ACCIONA Energy(アクシオナ・エナジー)は、スペイン・マドリードに本社を構える再生可能エネルギー事業者です。同社は、水力、バイオマス、太陽光、熱エネルギー、バイオ燃料などの再生可能エネルギーを販売するプロジェクトなどを手がけています。

世界5大陸の20カ国以上でプロジェクトを立ち上げている同社は、世界中の600万世帯に再生可能エネルギーを供給しています。400以上ものプロジェクトを29年間に渡って維持している「ACCIONA Energy」は、5つの再生可能エネルギー技術を用いて9,000メガワット以上の電力を供給していると伝えられています。

再生可能エネルギーを最大限に活用して地球環境に優しいクリーンエネルギーを供給し続けている同社は、供給されているエネルギーが本当にクリーンエネルギーなのかを確認することができる新しいプロジェクトを開始したことを2018年12月17日に発表しました。

ブロックチェーンが保証する「100%クリーンエネルギー」

ACCIONA-Energy

ACCIONA Energyは、電力会社向けに「デジタル化されたエネルギーサービス」を提供するためのソフトウェアを提供している「FlexiDAO(フレクシー・ダオ)」と提携を結び、ブロックチェーン技術を用いて再生可能エネルギーの起源を追跡するプロジェクトに取り組んでいます。

公式発表によると、両者はこれまでにも「スペインにある5つの風力・水力発電施設」から「ポルトガルの4つの企業」に供給する再生可能エネルギーの情報を追跡するためのソシューション作成に取り組んできたと説明されています。

このソリューションは商業用のデモンストレーションとして作成されたものであり、「Energy Web Blockchain」と呼ばれる電力セクター用の特別なブロックチェーンプラットフォームを使用していると説明されています。これによってポルトガルの4つの企業は、エネルギーがどこからきたものなのかを確認することができると説明されています。

ACCIONA Energyが供給しているエネルギーは「100%」再生可能エネルギーであるため、サービスの利用者は自分が使用しているエネルギーがクリーンエネルギーであるかどうかを確認することができるようになります。

アクシオナ・エナジーは、このサービスを同社がすでにサービスを展開しているラテンアメリカ諸国から展開していくことを予定しています。すでに多くの顧客を抱えている「ACCIONA Energy」は、再生可能エネルギーの供給において、本当にクリーンエネルギーであるのかどうかを確認することができるサービスをグローバル・スタンダードとして位置付けていくことになるでしょう。

Blockchain学習の画像 ブロックチェーン・オンライン学習プログラムはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Chiliz&Socios:イタリア・プロサッカーリーグ「セリエA」と提携

Chiliz&Socios:イタリア・プロサッカーリーグ「セリエA」と提携

次世代金融アプリ「Revolut」ETH・ADA・DOT・XTZのステーキング機能提供へ

次世代金融アプリ「Revolut」ETH・ADA・DOT・XTZのステーキング機能提供へ

ビットコインドキュメンタリー映画が完成

ビットコインドキュメンタリー映画が完成

eToro:米国向けサービスで「ADA・TRX」のサポート終了へ

eToro:米国向けサービスで「ADA・TRX」のサポート終了へ

MEXC Global:上場予定銘柄を投票で決める「MEXC入金コンテスト~日本の輪~」開催

MEXC Global:上場予定銘柄を投票で決める「MEXC入金コンテスト~日本の輪~」開催

【速報】ハッキングでXRP・EOS「約21億円相当」が流出:韓国大手仮想通貨取引所Bithumb

【速報】ハッキングでXRP・EOS「約21億円相当」が流出:韓国大手仮想通貨取引所Bithumb

注目度の高い仮想通貨ニュース

マイクロストラテジー:ビットコインの分散型IDプラットフォーム「MicroStrategy Orange」を発表

マイクロストラテジー:ビットコインの分散型IDプラットフォーム「MicroStrategy Orange」を発表

ビットボットへの早期投資が成功につながる可能性

ビットボットへの早期投資が成功につながる可能性

AI取引の可能性を見出した投資家がビットボット仮想通貨プレセールに注目

AI取引の可能性を見出した投資家がビットボット仮想通貨プレセールに注目

東京都「デジタル証券の発行支援で補助金」対象事業者の募集開始

東京都「デジタル証券の発行支援で補助金」対象事業者の募集開始

カルダノ(ADA)のエコシステムをさらに強化|EMURGOが「GSR」と提携

カルダノ(ADA)のエコシステムをさらに強化|EMURGOが「GSR」と提携

ビットボットプレセールが320万ドルを調達|イーサリアムETF承認への可能性が影響?

ビットボットプレセールが320万ドルを調達|イーサリアムETF承認への可能性が影響?

コインチェック:ブリリアンクリプトトークン(BRIL)のIEO詳細を発表

コインチェック:ブリリアンクリプトトークン(BRIL)のIEO詳細を発表

裁判所が「米SECの職権濫用」を指摘|仮想通貨関連訴訟で180万ドルの支払い命令

裁判所が「米SECの職権濫用」を指摘|仮想通貨関連訴訟で180万ドルの支払い命令

シバイヌのネットフローが3,015%急増|新たなミームコイン「Milei Moneda(MEDA)」が今年の爆発的成長を目指す

シバイヌのネットフローが3,015%急増|新たなミームコイン「Milei Moneda(MEDA)」が今年の爆発的成長を目指す

学んで稼げるLearn-to-Earn型BRC-20トークン、99Bitcoinsのプレセールが150万ドルを突破

学んで稼げるLearn-to-Earn型BRC-20トークン、99Bitcoinsのプレセールが150万ドルを突破

米金融大手も「現物ビットコインETF」を保有|JPモルガン、ウェルズ・ファーゴの保有銘柄

米金融大手も「現物ビットコインETF」を保有|JPモルガン、ウェルズ・ファーゴの保有銘柄

香港証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」が正式上場

香港証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」が正式上場

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す