ブロックチェーンで再生可能エネルギーの起源を証明:スペイン・ACCIONA Energy

by BITTIMES

スペインの再生可能エネルギー事業者であるACCIONA Energy(アクシオナ・エナジー)は、ブロックチェーン技術を活用して消費者が利用しているエネルギーの起源が「クリーンエネルギー」であるかどうかをいつでも、どこからでもリアルタイムに確認することができる新しいサービスの立ち上げに取り組んでいます。

こちらから読む:再生可能エネルギーの起源を証明できる「ブロックチェーン」の仕組み

ACCIONA Energy(アクシオナ・エナジー)とは

ACCIONA Energy(アクシオナ・エナジー)は、スペイン・マドリードに本社を構える再生可能エネルギー事業者です。同社は、水力、バイオマス、太陽光、熱エネルギー、バイオ燃料などの再生可能エネルギーを販売するプロジェクトなどを手がけています。

世界5大陸の20カ国以上でプロジェクトを立ち上げている同社は、世界中の600万世帯に再生可能エネルギーを供給しています。400以上ものプロジェクトを29年間に渡って維持している「ACCIONA Energy」は、5つの再生可能エネルギー技術を用いて9,000メガワット以上の電力を供給していると伝えられています。

再生可能エネルギーを最大限に活用して地球環境に優しいクリーンエネルギーを供給し続けている同社は、供給されているエネルギーが本当にクリーンエネルギーなのかを確認することができる新しいプロジェクトを開始したことを2018年12月17日に発表しました。

ブロックチェーンが保証する「100%クリーンエネルギー」

ACCIONA-Energy

ACCIONA Energyは、電力会社向けに「デジタル化されたエネルギーサービス」を提供するためのソフトウェアを提供している「FlexiDAO(フレクシー・ダオ)」と提携を結び、ブロックチェーン技術を用いて再生可能エネルギーの起源を追跡するプロジェクトに取り組んでいます。

公式発表によると、両者はこれまでにも「スペインにある5つの風力・水力発電施設」から「ポルトガルの4つの企業」に供給する再生可能エネルギーの情報を追跡するためのソシューション作成に取り組んできたと説明されています。

このソリューションは商業用のデモンストレーションとして作成されたものであり、「Energy Web Blockchain」と呼ばれる電力セクター用の特別なブロックチェーンプラットフォームを使用していると説明されています。これによってポルトガルの4つの企業は、エネルギーがどこからきたものなのかを確認することができると説明されています。

ACCIONA Energyが供給しているエネルギーは「100%」再生可能エネルギーであるため、サービスの利用者は自分が使用しているエネルギーがクリーンエネルギーであるかどうかを確認することができるようになります。

アクシオナ・エナジーは、このサービスを同社がすでにサービスを展開しているラテンアメリカ諸国から展開していくことを予定しています。すでに多くの顧客を抱えている「ACCIONA Energy」は、再生可能エネルギーの供給において、本当にクリーンエネルギーであるのかどうかを確認することができるサービスをグローバル・スタンダードとして位置付けていくことになるでしょう。

Blockchain学習の画像 ブロックチェーン・オンライン学習プログラムはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

株式投資手段として「仮想通貨10銘柄」受け入れ:クラフトビールメーカーBrewDog

株式投資手段として「仮想通貨10銘柄」受け入れ:クラフトビールメーカーBrewDog

レアルマドリード:ブロックチェーン基盤のグッズ交換アプリ「Fantastec SWAP」に参加

レアルマドリード:ブロックチェーン基盤のグッズ交換アプリ「Fantastec SWAP」に参加

仮想通貨が使える大型ショッピングモール「BTC City」すでに100店舗が対応:スロベニア

仮想通貨が使える大型ショッピングモール「BTC City」すでに100店舗が対応:スロベニア

ビットコインが郵便局で購入可能に!【オーストリア】

ビットコインが郵便局で購入可能に!【オーストリア】

Ripple(XRP)の価格上昇が続く|SWELL 2018開催 ー「xRapid」商用化も正式に発表

Ripple(XRP)の価格上昇が続く|SWELL 2018開催 ー「xRapid」商用化も正式に発表

LG子会社が独自のブロックチェーン「Monachain(モナチェーン)」を発表

LG子会社が独自のブロックチェーン「Monachain(モナチェーン)」を発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

規制準拠した「仮想通貨デリバティブ取引所」設立を計画|米フィンテック企業trueDigital

規制準拠した「仮想通貨デリバティブ取引所」設立を計画|米フィンテック企業trueDigital

国際決済銀行:Libraなど大手IT企業の「金融進出に警鐘」急速な市場支配などを懸念

国際決済銀行:Libraなど大手IT企業の「金融進出に警鐘」急速な市場支配などを懸念

Cardano(ADA)待望の「Shelleyテストネット」公開|ステーキング報酬システムにも期待

Cardano(ADA)待望の「Shelleyテストネット」公開|ステーキング報酬システムにも期待

XRP・ADA流出事件続報:仮想通貨取引所「Bitrue」7月3日には入出金再開へ

XRP・ADA流出事件続報:仮想通貨取引所「Bitrue」7月3日には入出金再開へ

XRP(リップル)価格「10円台」まで下落か|人気のベテラントレーダーが予想

XRP(リップル)価格「10円台」まで下落か|人気のベテラントレーダーが予想

ビットポイント:仮想通貨流出に関する「記者会見」まとめ|本日15時から【随時更新】

ビットポイント:仮想通貨流出に関する「記者会見」まとめ|本日15時から【随時更新】

NEM(XEM)の報酬システムがさらに平等に|カタパルトアップデートで「PoS+」実装

NEM(XEM)の報酬システムがさらに平等に|カタパルトアップデートで「PoS+」実装

「ビットコインとリブラは競合しない」共同制作者がLibraのビジョンについて言及

「ビットコインとリブラは競合しない」共同制作者がLibraのビジョンについて言及

【東京都】LINE Payなどのスマホ決済で「水道料金」の支払いが可能に

【東京都】LINE Payなどのスマホ決済で「水道料金」の支払いが可能に

仮想通貨で「映画制作」の資金調達|トークン保有者はキャストなどに投票可能:tZERO

仮想通貨で「映画制作」の資金調達|トークン保有者はキャストなどに投票可能:tZERO

日本政府:新たな暗号技術を模索「耐量子コンピューター」を重要視|2023年導入目指す

日本政府:新たな暗号技術を模索「耐量子コンピューター」を重要視|2023年導入目指す

カルダノ(Cardano)ロードマップ「日本語版」ついに公開

カルダノ(Cardano)ロードマップ「日本語版」ついに公開

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す