ビットコイン下落相場は今後も続く「回復するには時期尚早」Willy Woo

by BITTIMES   

仮想通貨市場では現在「価格下落」の勢いが収まってきており、近日中には上向きの傾向が見られるのではないかと期待が高まっていますが、著名アナリストであるWilly Woo(ウィリー・ウー)氏は、現在の上昇は一時的なものであり、長期的には再び「弱気相場」に突入する可能性が高いと述べています。

こちらから読む:今後市場は回復に向かうのか?格付け機関や専門家の「価格予想」

Willy Woo(ウィリー・ウー)氏とは

Willy Woo(ウィリー・ウー)氏は、仮想通貨市場の分析を行っていることで知られる著名なアナリストです。Forbes、CoinDesk、BraveNewCoinといった有名なメディアでも定期的に記事を書いており、的確な予測を語ることでも知られています。

2018年5月時点では多くの著名投資家や専門家が「ビットコイン価格の上昇」を予想していましたが、ウー氏はその一方で「ビットコイン価格は6,000ドル(約65万円)を下回る」と予想しています。

自身が考案した仮想通貨の"実際の価値"を図る指標である「NVT(Network Value to Transactions Ratio)」などに基づいて相場を予測しているウー氏は、昨年11月に仮想通貨市場で続いている弱気相場が『2019年後半まで続く』とも語っていました。

ビットコイン価格は昨年末からやや回復傾向が続いており、この動きは今後も続く可能があるとの見方も見られ始めていますが、ウー氏は依然として『下落相場が続く』と予想しています。

上昇するには「ボリューム不足」

BTC

2018年末にビットコインの出来高が増加したことによって、弱気相場が早い段階で終了する可能性があると期待が高まっていましたが、ウー氏はそのような動きは『実際にはボラティリティの副作用だった』と述べています。

同氏はビットコイン価格が6,000ドル(約65万円)から3,000ドル(約32.5万円)にまで下落したことによって膨大な取引量が記録されたものの、その取引量が継続して増加することはなく一時的なものであったことを指摘しています。

ウー氏は、今回の上昇幅は限られており、弱気トレンドはそのままであるため長期的には下落が続くことになると述べており「上昇を続けるためにはボリュームが少なすぎる」と説明しています。

独自に考案した指標に基づいて「ビットコインの現在価格は実際の価値よりも高く設定されている」と判断している同氏は、『短期的に価格が跳ね上がることはあり得るが、200日変動平均線を超えることはない』としており、『下落相場から抜け出すには時期尚早である』と述べています。

2019年「価格低迷」を予想|中国のアナリストたち

2019

下落相場が今後も継続すると語っているのはウー氏だけではありません。中国のアナリストであるXiao Lei(シャオ・レイ)氏は、2017年に記録した20倍もの価格上昇は、当然持続するようなものではないと語っており、『2019年はビットコインが適正価格を探す1年になる』と述べています。

また、Huang Liang(ファン・リャン)と名乗っている匿名の仮想通貨アナリストは『仮想通貨市場は取引主導の"ゼロサムゲーム(*1)"だ』と述べており、高値を維持するためには新規参入者が必要だと説明しています。
(*1)ゼロサムゲーム:参加者全員の得点の合計が常にゼロになる得点方式のゲーム。片方が得点するともう片方が失点するため、全部の持ち点の和が必ずゼロになるというゲーム理論

同氏は、仮想通貨取引で利益を上げるためには自分が購入した金額よりも高値でコインを購入する人を見つける必要があることを理由に『新規参入者が必要である』と述べており、2017年の価格高騰は、ブロックチェーンスマートコントラクトICOといった新しい概念が注目を集めて多くの人々が市場に参入したことによってもたらされたと説明しています。

彼らは、価格がさらに大幅に下落するとは予想していないものの、2017年末のような価格高騰が起きる可能性は極めて低いと考えています。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格|2019年1月7日

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、過去30日間で見ると「12.3%」上昇していますが、過去2ヶ月間のチャートで見ると横ばいの状態となっています。

2019年1月7日時点では上昇傾向が続いており「1BTC=437,579円」となっているため、最近の高値である「47万円」のラインを抜けることができるかどうかにも注目です。

2018年12月8日〜2019年1月7日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2018年12月8日〜2019年1月7日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE:カイバーネットワーク(Kyber Network/KNC)の「永久先物取引」提供へ

BINANCE:カイバーネットワーク(Kyber Network/KNC)の「永久先物取引」提供へ

BINANCE:先物取引「9月中」に開始予定|新たな紹介プログラムも発表

BINANCE:先物取引「9月中」に開始予定|新たな紹介プログラムも発表

Cash App:ビットコイン売買機能に続き「株の無料取引」も提供か=Bloomberg報道

Cash App:ビットコイン売買機能に続き「株の無料取引」も提供か=Bloomberg報道

ブロックチェーン投票システムを用いた「米中間選挙」結果発表|ウェストバージニア州

ブロックチェーン投票システムを用いた「米中間選挙」結果発表|ウェストバージニア州

サムスンの家電・電化製品購入者に「最大1.5%のビットコイン還元」Lolli(ロリー)

サムスンの家電・電化製品購入者に「最大1.5%のビットコイン還元」Lolli(ロリー)

ステラ(XLM)「プロトコル16へのアップグレード」を完了|ノードのオフライン問題に対処

ステラ(XLM)「プロトコル16へのアップグレード」を完了|ノードのオフライン問題に対処

注目度の高い仮想通貨ニュース

Anifie「XRPレジャー活用したメタバース」をローンチ

Anifie「XRPレジャー活用したメタバース」をローンチ

経済産業省「NFT活用したメタバース実証事業イベント」実施へ

経済産業省「NFT活用したメタバース実証事業イベント」実施へ

コイントレード「XTZのステーキング」が可能に|1万円相当の暗号資産がもらえるキャンペーンも

コイントレード「XTZのステーキング」が可能に|1万円相当の暗号資産がもらえるキャンペーンも

Coincheck Labs「UnUniFi Protocol」運営する事業会社に出資

Coincheck Labs「UnUniFi Protocol」運営する事業会社に出資

FTX Japanの顧客資産は「米破産法の対象財産には含まれない」サービス復旧関連で続報

FTX Japanの顧客資産は「米破産法の対象財産には含まれない」サービス復旧関連で続報

Chiliz「テスト用CHZのステーキング」などが可能に|テストネット第5フェーズに突入

Chiliz「テスト用CHZのステーキング」などが可能に|テストネット第5フェーズに突入

コインチェック:BTCがもらえる「ビットコインあげちゃうキャンペーン」開始

コインチェック:BTCがもらえる「ビットコインあげちゃうキャンペーン」開始

LINE BITMAX:ステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)取扱開始

LINE BITMAX:ステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)取扱開始

ゲーム専門NFTローンチパッド「Zaif INO」公開|第1回販売は2022年11月21日から

ゲーム専門NFTローンチパッド「Zaif INO」公開|第1回販売は2022年11月21日から

社会貢献型Web3アプリ「TEKKON」位置情報のみを登録できる新機能追加

社会貢献型Web3アプリ「TEKKON」位置情報のみを登録できる新機能追加

FTX Japan:顧客資産「年内の出金再開」に向けて準備=報道

FTX Japan:顧客資産「年内の出金再開」に向けて準備=報道

暗号資産業界大手「FTXグループ」が破産法適用を申請|FTX Japanは出金対応中

暗号資産業界大手「FTXグループ」が破産法適用を申請|FTX Japanは出金対応中

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す