イスラエルの貨物運送会社:ブロックチェーン「船荷証券取引」プラットフォームを公開

by BITTIMES

イスラエル最大の貨物運送会社「Zim」は、電子船荷証券(*1)をより効率的に取引できるようにすることができるブロックチェーンプラットフォームを公開しました。長期間に渡って研究開発が続けられてきたこのプラットフォームは、従来の業務プロセスを大幅に改善できると報告されています。
(*1)船荷証券:船会社などの運送業者が発行する船積書類。貨物の引き受けを証明し、当該貨物を受け取る際の依拠とする

こちらから読む:スムーズな船荷証券取引を実現する「ブロックチェーン技術」とは

ブロックチェーンで「貨物輸送」を効率化

ZIM

貨物輸送の年間取引量が世界で11番目に多いことでも知られるイスラエル最大のコンテナ運航会社「Zim」は、ブロックチェーン技術を活用した"紙"を必要としない効率的な「電子船荷証券プラットフォーム」の開発に取り組んできました。

1年以上に渡ってテストが続けられたというこのブロックチェーン・プラットフォームは、現在使用されている紙ベースの作業を置き換えることができるだけでなく、電子メールやファックスなどを介して行われる業務に活用して、さらなる改善を図ることもできると伝えられています。

プラットフォームの公開を報じた「TradeWinds」が公開したレポートでは、このプラットフォーム上で最近行われた2つの取引は、通常ならば数日から数週間ほどの時間を必要とする取引を「2時間以内」で完了させることに成功していると伝えられています。

世界各国の「デジタル化」を先導

ship

「Zim」が開発したブロックチェーン・プラットフォームは、新しい取り組みの一環として第1四半期中にアジア、南アフリカ、北アメリカ、地中海の国々を中心とした全てのクライアント向けに公開される予定となっています。

Zimの最高情報責任者であるEyal Ben-Amram氏は、このブロックチェーン・プラットフォームについて『最大限のデジタル化に取り組むとともに、顧客サービスレベルを向上させ、クライアントとの関係を築くために進めている当社の戦略の一部である』と語っています。

デジタル化への取り組みを先導することを目指している「Zim」は、「知識の交換」や「業界標準の作成」に取り組んでいくにあたり、他の業界関係者を巻き込んでいくことも目指しています。

海上輸送で活用が進む「ブロックチェーン技術」

trade

ブロックチェーン技術は貨物輸送や物流、貿易などの業界でも幅広く活用されています。

昨年は、アラブ首長国連邦(UAE)の大手港湾会社である「Abu Dhabi Ports」の子会社が、ベルギーのアントワープ港と協力して国際的なブロックチェーンネットワークのテストを行い、貨物の監視能力やサプライチェーンの改善を行なっています。

また、イギリスを代表する港湾グループである「Associated British Ports」は、物流技術会社である「Marine Transport International」との間で、港湾物流のデータ管理を効率化するためのブロックチェーン・プラットフォームの開発を行う契約を交わしています。

物流貿易の分野ではこれまでにも数多くのブロックチェーンプロジェクトが発表されており、実証実験も複数の国や地域で進められてきました。今後はそれらのプロジェクトやプラットフォームなどが本格的に実用化されていくことになるでしょう。

Blockchain学習の画像 ブロックチェーン・オンライン学習プログラムはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨取引所「STREAMEX(ストリームEX)」とは?基本情報や特徴をわかりやすく解説

仮想通貨取引所「STREAMEX(ストリームEX)」とは?基本情報や特徴をわかりやすく解説

カナダ政府機関が「Blockchain Explorer」を発表|イーサリアムの技術を活用

カナダ政府機関が「Blockchain Explorer」を発表|イーサリアムの技術を活用

Anique(アニーク)とは?ブロックチェーンで人気アニメの「アートワーク所有権」取引

Anique(アニーク)とは?ブロックチェーンで人気アニメの「アートワーク所有権」取引

HONDA×GM:ブロックチェーン活用した「電気自動車・スマートグリッド」を共同研究

HONDA×GM:ブロックチェーン活用した「電気自動車・スマートグリッド」を共同研究

ビットコインは「アマゾン」のような存在|将来的には金を超える:Lou Kerner

ビットコインは「アマゾン」のような存在|将来的には金を超える:Lou Kerner

リップル(XRP)価格高騰!Coinbase「規制厳しい」NY州で取引サービス提供へ

リップル(XRP)価格高騰!Coinbase「規制厳しい」NY州で取引サービス提供へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

BSV価格100%高騰|クレイグ・ライト氏「110万BTCの鍵情報」入手か

BSV価格100%高騰|クレイグ・ライト氏「110万BTCの鍵情報」入手か

ビットコインの「オプション取引」提供開始:仮想通貨デリバティブ取引所FTX

ビットコインの「オプション取引」提供開始:仮想通貨デリバティブ取引所FTX

仮想通貨取引所Huobi「ジャパンネット銀行」からのクイック入金に対応

仮想通貨取引所Huobi「ジャパンネット銀行」からのクイック入金に対応

ロシア連邦中央銀行「ステーブルコイン」のテスト開始|独自通貨発行の可能性も調査

ロシア連邦中央銀行「ステーブルコイン」のテスト開始|独自通貨発行の可能性も調査

Tron財団:2020年元旦「330億TRX」ロック解除へ

Tron財団:2020年元旦「330億TRX」ロック解除へ

フランス規制当局:デジタル資産関連事業に「ライセンス制度」導入

フランス規制当局:デジタル資産関連事業に「ライセンス制度」導入

XRP通貨ペアを「合計77銘柄」に拡大:仮想通貨取引所Bitrue

XRP通貨ペアを「合計77銘柄」に拡大:仮想通貨取引所Bitrue

二酸化炭素・温室効果ガス削減へ|ブロックチェーン企業「Bitfury」が国連と提携

二酸化炭素・温室効果ガス削減へ|ブロックチェーン企業「Bitfury」が国連と提携

ビットコイン、大幅反発で「80万円」まで回復|長期的な上昇トレンドを維持

ビットコイン、大幅反発で「80万円」まで回復|長期的な上昇トレンドを維持

東京都:独自通貨活用で長期戦略|2025年、キャッシュレス決済比率「50%」目指す

東京都:独自通貨活用で長期戦略|2025年、キャッシュレス決済比率「50%」目指す

Cardanoステークプール、運用ADA総数は「80億」を突破|予想を遥かに上回る結果に

Cardanoステークプール、運用ADA総数は「80億」を突破|予想を遥かに上回る結果に

Cardano:テストネット用「報酬ウォレット」公開【ステーキングの委任・参加方法】

Cardano:テストネット用「報酬ウォレット」公開【ステーキングの委任・参加方法】

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す