仮想通貨取引を「監視可能」に|南アフリカ中央銀行が規制提案

by BITTIMES

南アフリカ準備銀行(SARB)は2019年1月16日、仮想通貨関連の問題や懸念に対処し、投資家を保護するために『早急に明確な規制を定める必要がある』との見解を示す文章を公開しました。これにより同国では暗号資産に関わる全ての取引を監視できるようにするための対策などが年内にも取られる可能性があると伝えられています。

こちらから読む:金融庁が金商法の改正を検討「仮想通貨規制」関連ニュース

暗号資産に関する政策提案

Crypto

南アフリカの中央銀行である南アフリカ準備銀行(SARB)は、2019年1月16日に「Consultation paper on policy proposals for crypto assets(暗号資産に関する政策提案の相談用紙)」を公開しました。

この提案用紙は、SARBや財務省の職員で構成された仮想通貨規制の考案団体である「Crypto Assets Regulatory Working Group(暗号資産規制ワーキンググループ)」によって作成されており、仮想通貨の需要が高まる一方で犯罪行為などの問題が起きている現状を踏まえた上で、それらの問題点や懸念点などに対処するための政策をとるべきであるとの見解が記されています。

提案の中では、仮想通貨は新しいサービスやビジネスモデルを創出し、金融業界に大きな影響を与えるものではあるものの、現在の規制枠組みでは仮想通貨に関連する様々な問題に対処できないと指摘されており、明確な仮想通貨規制を早急に定める必要があるといった内容が記されています。

明確な「仮想通貨規制」の必要性

Regulation

仮想通貨の利点としては「仮想通貨の購入者は特定の国のリスクとは無関係な投資ポートフォリオを作成できる」といった点が挙げられており、実際に金融機関や個人の仮想通貨に対する関心が高まっていることも語られていますが、適切な規制環境が構築されていなければ仮想通貨が犯罪の温床になる危険性があると懸念されています。

また一般的に仮想通貨の利点として挙げられる「取引の速度」や「手数料の安さ」などに関しては『実際のユースケースでは実証されていない』と書かれており、詐欺ハッキングの被害が増加していることやビットコイン(BTC)のような仮想通貨がマネーロンダリング(資金洗浄)などの不正行為の手助けとなる可能性があることなどが問題点として強調されています。

「暗号資産規制ワーキンググループ」は、このような複数の懸念があることから、これ以上仮想通貨規制を遅らせるべきではなく、明確な規制が必要だと説明しています。

仮想通貨取引の「監視体制」を強化

surveillance

南アフリカの規制当局は、2019年の第1四半期までにガイダンスノートやポジションペーパーなどを作成し、今後の政策を明確化する方針だと伝えられています。

対策としては、仮想通貨取引の監視などが提案されており、本人確認(KYC)やアンチマネーロンダリング(AML)などに重点を置き、仮想通貨取引所やウォレットなどの保管サービス、仮想通貨ATMなどを扱う事業者を南アフリカの金融証券法に準拠させることなどが挙げられています。

仮想通貨関連のサービスを扱う企業は、事業者として登録を終えた上で各種規制に基づいた運営を行う必要があります。またテロ資金供与などに関連する疑いのある多額の送金などに関しては特に監視を強化することが必要とされており、これらの監視を怠った場合には制裁を受ける可能性もあるとされています。

南アフリカは仮想通貨が特に広く普及していることでも知られているものの、それに伴い犯罪行為が増加していることも報告されています。昨年報告された「仮想通貨投資詐欺」の事件では28,000人以上に総額約88億円以上もの損失がもたらされたと伝えられており、この他にも複数の誘拐事件で身代金として数百万円相当の仮想通貨を支払ったというケースも報告されています。

このようなことを踏まえると仮想通貨に対する規制や政策が重要であると考えられますが、一部では厳しすぎる規制を懸念する意見も見られています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン「2万ドル回復」のタイミングはいつ?eToro CEOが過去の弱気市場から予測

ビットコイン「2万ドル回復」のタイミングはいつ?eToro CEOが過去の弱気市場から予測

世界ブロックチェーンフォーラム2018がドバイで開催

世界ブロックチェーンフォーラム2018がドバイで開催

Ripple:コマーシャル動画「2カ国」で放送開始|ブランドの認知度向上へ

Ripple:コマーシャル動画「2カ国」で放送開始|ブランドの認知度向上へ

ビットコイン初の不動産投資プロジェクトがドバイでスタート

ビットコイン初の不動産投資プロジェクトがドバイでスタート

PundiX(NPXS)の仮想通貨決済アプリが「Samsung Galaxy S10」で利用可能に

PundiX(NPXS)の仮想通貨決済アプリが「Samsung Galaxy S10」で利用可能に

Libra(リブラ)は「暗号資産に該当しない」可能性|金融庁の見解傾く

Libra(リブラ)は「暗号資産に該当しない」可能性|金融庁の見解傾く

注目度の高い仮想通貨ニュース

元UFCチャンピオン:ついにビットコインを購入「もう傍観してられない」と発言

元UFCチャンピオン:ついにビットコインを購入「もう傍観してられない」と発言

ライトコイン財団「BitGoのマルチシグウォレット」へと移行|資金管理を簡素化

ライトコイン財団「BitGoのマルチシグウォレット」へと移行|資金管理を簡素化

マイクリ開発企業:ブロックチェーンゲーム間送集客ネットワーク「MCH+ADX」公開

マイクリ開発企業:ブロックチェーンゲーム間送集客ネットワーク「MCH+ADX」公開

【動画解説あり】コインチェックの「新規登録・口座開設方法」を初心者向けに解説

【動画解説あり】コインチェックの「新規登録・口座開設方法」を初心者向けに解説

人気ロックバンドのベーシスト、仮想通貨取引アプリ開発企業「Zumo」に出資

人気ロックバンドのベーシスト、仮想通貨取引アプリ開発企業「Zumo」に出資

Squareの決済アプリCash App「ビットコイン自動定期購入機能」を追加

Squareの決済アプリCash App「ビットコイン自動定期購入機能」を追加

Libra公式ウォレット「Novi(ノヴィ)」へと名称変更

Libra公式ウォレット「Novi(ノヴィ)」へと名称変更

ビットコイン価格:再び「6,000ドル台」まで下落か|複数の著名アナリストが予想

ビットコイン価格:再び「6,000ドル台」まで下落か|複数の著名アナリストが予想

仮想通貨マイニングに「スーパーコンピューター」を悪用|不正アクセス報告相次ぐ

仮想通貨マイニングに「スーパーコンピューター」を悪用|不正アクセス報告相次ぐ

マインクラフトとブロックチェーンを繋ぐプラグイン「EnjinCraft」公開

マインクラフトとブロックチェーンを繋ぐプラグイン「EnjinCraft」公開

量子チップ搭載の5Gブロックチェーンスマホ「Galaxy A Quantum」登場

量子チップ搭載の5Gブロックチェーンスマホ「Galaxy A Quantum」登場

4年前にBitfinexで盗まれたビットコイン「数千万円相当」が再び移動開始

4年前にBitfinexで盗まれたビットコイン「数千万円相当」が再び移動開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

人気のタグから探す