Facebook:ブロックチェーン企業「Chainspace」を買収|研究チームをさらに強化

by BITTIMES   

Facebook(フェイスブック)が初めてブロックチェーン業界の企業を買収したことが海外メディアCheddar(チェダー)の報道で明らかになりました。同社は優秀なスタッフを獲得するために、決済速度を向上させることなどを目的としたスマートコントラクトを構築している「Chainspace(チェーンスペース)」を買収したと伝えられています。

こちらから読む:Facebookが研究開発に取り組んでいる「ブロックチェーン技術」とは

Chainspace(チェーンスペース)とは

ChainSpace

Chainspace(チェーンスペース)は、イギリス・ロンドン大学の研究者らによって設立された、スマートコントラクトなどのシステムを開発している企業です。同社はブロックチェーン技術を用いて決済やその他のサービスを簡素化するためのシステムを構築しています。

同社の公式サイトには、
・Sharding(シャーディング)
・Consensus(コンセンサス)
・Fraud Proofs(フロウド・プルーフ)
・Credentials & Privacy(クレデンシャル&プライバシー)
・Consensus frameworks(コンセンサス・フレームワーク)
の論文が公開されており、Proof of stake(プルーフ・オブ・ステーク)の論文も近日公開とされています。

報道によると、同社はブロックチェーン技術を使用した「トランザクションの速度を向上させるためのプラットフォーム」を開発しているとされており、この他にも投票などのような支払い以外の分野でのブロックチェーン活用法を調査していたと説明されています。

「Chainspace」の詳しい情報は以下の公式サイトをどうぞ
>「Chainspace」の公式サイトはこちら

Facebookのブロックチェーンチームに4名が参加

今回の買収は「Acqui-hire(アクハイヤー)」と呼ばれる形式の買収となっており、Chainspaceの論文を作成した5人の研究者の中の4名が「Facebookのブロックチェーンチーム」に参加すると報じられています。現時点では、
・Alberto Sonnino(アルベルト・ソンニーノ)氏
・George Danezis(ジョージ・ダネジス)氏
という2人の研究者がビジネス特化型のSNS「LinkedIn(リンクトイン)」で、Facebookロンドンオフィスのブロックチェーン研究者として雇用ステータスを公開しています。

Cheddarの報道によると『Facebookの広報担当者は「Chainspace」から研究者を雇用したことについては認めているものの、その詳細についてはコメントを控えた』と伝えられています。また今回の買収では「Chainspaceの技術は一切取得していない」とも説明されており、Facebook広報担当者からは次のようなコメントを受けたと報じられています。

その他多くの企業と同じようにFacebookはブロックチェーン技術の利点を活用するための方法を模索しています。この新しい小規模なチームは、現在様々なアプリケーションを検討しています。これ以上共有できる情報はありません。

Facebookのブロックチェーン研究チームは、昨年設立されて以降チームメンバーの強化を続けており、
・David Marcus氏(Messenger幹部)
・James Everingham氏(Instagramエンジニアリング部長)
・Kevin Weil氏(Instagram元副社長)
・Evan Cheng氏(元Apple社)
などが携わっていることが明らかにされています。

昨年12月には、Facebookはインドの「WhatsApp」ユーザー向けにユーザー間の送金に使用できる独自の仮想通貨を開発しているとも報じられています。徐々に内容が明らかにな理つつあるFacebookのブロックチェーンプロジェクトには今後も注目です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bithumbが仮想通貨取引を一部禁止|厳し過ぎる規制の理由は?

Bithumbが仮想通貨取引を一部禁止|厳し過ぎる規制の理由は?

ブロックチェーンは「航空業界」をどのように変えるのか?

ブロックチェーンは「航空業界」をどのように変えるのか?

スペイン最大の自動車メーカー「SEAT」がブロックチェーン・コンソーシアムに参加

スペイン最大の自動車メーカー「SEAT」がブロックチェーン・コンソーシアムに参加

IOHK:Cardanoネットワークの「完全分散化」に向けたタイムラインを公開

IOHK:Cardanoネットワークの「完全分散化」に向けたタイムラインを公開

ビットコイン取引量「過去最高値」に迫る|最も重要なチャートが示す市場回復の兆し

ビットコイン取引量「過去最高値」に迫る|最も重要なチャートが示す市場回復の兆し

仮想通貨取引所「STREAMEX(ストリームEX)」とは?基本情報や特徴をわかりやすく解説

仮想通貨取引所「STREAMEX(ストリームEX)」とは?基本情報や特徴をわかりやすく解説

注目度の高い仮想通貨ニュース

Ripple社:ODL送金関連の新サービス「Line of Credit」提供開始

Ripple社:ODL送金関連の新サービス「Line of Credit」提供開始

TaoTao株式会社「SBIリクイディティ・マーケット」の完全子会社に|全ての株式を譲渡

TaoTao株式会社「SBIリクイディティ・マーケット」の完全子会社に|全ての株式を譲渡

SBI VCトレード:イメージキャラクターとして「鷲見玲奈さん」を起用

SBI VCトレード:イメージキャラクターとして「鷲見玲奈さん」を起用

暗号資産取引所「Liquid(リキッド)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Liquid(リキッド)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

世界最大級のSNSトレードeToro「ADA・TRXのステーキングサービス」提供開始

世界最大級のSNSトレードeToro「ADA・TRXのステーキングサービス」提供開始

Symbol:メインネット公開時「少なくとも2つのプロジェクト」で技術活用

Symbol:メインネット公開時「少なくとも2つのプロジェクト」で技術活用

暗号資産取引所「AMDAX」オランダ初の運営ライセンス取得

暗号資産取引所「AMDAX」オランダ初の運営ライセンス取得

中国・深セン政府:デジタル人民元「1.5億円相当」を一般市民に配布

中国・深セン政府:デジタル人民元「1.5億円相当」を一般市民に配布

暗号資産取引所で「ファイルコイン(FIL)上場発表」続く|Kraken・Geminiなど4社

暗号資産取引所で「ファイルコイン(FIL)上場発表」続く|Kraken・Geminiなど4社

eSports大会×トークンエコノミー×勝敗予想プロジェクト「iXA CUP」登場:FiNANCiE

eSports大会×トークンエコノミー×勝敗予想プロジェクト「iXA CUP」登場:FiNANCiE

Zaif:販売所取引サービスで「グループ会社発行の3通貨」取り扱い開始

Zaif:販売所取引サービスで「グループ会社発行の3通貨」取り扱い開始

ビットバンク:暗号資産の「販売所」サービス提供へ|業界最小水準のスプレッドを予定

ビットバンク:暗号資産の「販売所」サービス提供へ|業界最小水準のスプレッドを予定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す