ロシア民間商業銀行:ブロックチェーン活用した「公共料金決済システム」を開発

by BITTIMES

ロシア最大の民間商業銀行の1つであるAlfa Bank(アルファバンク)は、クラウドベースのソリューションを開発している「Kvartplata」と協力して、公共料金の支払いをより迅速に処理し、透明性を確保するためのブロックチェーンプラットフォームを構築しています。

こちらから読む:ロシア最大級の金融機関で活用される「ブロックチェーン技術」とは

公共料金支払いに「スピードと透明性」を

Alfa Bank(アルファバンク)とKvartplataが開発している「公共料金支払いのためのブロックチェーンプラットフォーム」は、公益事業部門の透明性を高め、未払い請求書を削減することを目的として構築されています。

このプラットフォームが稼働することによって、低所得世帯に補助金を提供するロシアの社会保障機関は公共料金の請求書情報に即座にアクセスすることができるようになります。また、支払いはリアルタイムで処理されるため、従来の方法よりもはるかに早く支払いを完了し、遅延をなくすことができると説明されています。

新しいブロックチェーンプラットフォームでは、すべての取引が異なるサービスプロバイダ間のブロックチェーンで行われるため、ユーザーは公共料金の支払いや支払いに関する信頼性の高い情報にリアルタイムでアクセスすることができるようになります。

その他金融機関も容易に参加可能

Alfa Bankは、このシステムを「地元の決済プロバイダー」や「公共料金決済サービスプロバイダー」でも使用できるようにすることを予定しており、それらの金融機関がこのシステムに参加することを歓迎しています。

Alfa Bankは2018年3月に「R3のブロックチェーンコンソーシアム」に参加しており、ブロックチェーンベースの本人確認(KYC)ソリューションのテストにも成功しています。今回のプラットフォームもR3が提供している金融機関向けの分散型台帳技術Corda(コーダ)を用いて開発されており、開発には約6ヶ月が費やされたと報じられています。

プラットフォームの主な利点は「低コストと利便性」であると強調されており、参加する銀行は新しいソフトウェアをインストールする必要もないと説明されています。実際に使用する際には、既存のITシステムに「ブロックチェーンとデータを交換できるようにするための修正」を加える必要があるとのことです。

今回発表された新しい「公共料金決済プラットフォーム」は、ロシアの公共料金支払いシステムの改正が予定されている4月に、世帯が独立系サービスプロバイダーと契約を交わすことができるようになることによって大きく需要が高まると予想されています。

ロシアでは近年ブロックチェーン技術の活用が進められてきており、最近では日本の"センター試験"に当たる「統一国家試験」にブロックチェーン技術を活用することも明らかにされています。2019年はロシアでもより本格的にブロックチェーン技術の導入が進められることが予想されます。

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Braveブラウザ「Bitcoin.comのウィジェット」を追加|BCHなどが購入可能に

Braveブラウザ「Bitcoin.comのウィジェット」を追加|BCHなどが購入可能に

CARDANO財団の新会長「IOHKの顧問弁護士」に決定|審議会もさらに強化

CARDANO財団の新会長「IOHKの顧問弁護士」に決定|審議会もさらに強化

リップル社:国際送金の管理・分析に役立つ「RippleNet Home」を発表

リップル社:国際送金の管理・分析に役立つ「RippleNet Home」を発表

Cardano:テストネット用「報酬ウォレット」公開【ステーキングの委任・参加方法】

Cardano:テストネット用「報酬ウォレット」公開【ステーキングの委任・参加方法】

Crypto.com:日本市場のゼネラルマネージャーに「ナガハマ ノブユキ氏」を任命

Crypto.com:日本市場のゼネラルマネージャーに「ナガハマ ノブユキ氏」を任命

ウォレットではない?XRP銀行口座アプリ「Xumm」開発:XRPL Labs

ウォレットではない?XRP銀行口座アプリ「Xumm」開発:XRPL Labs

注目度の高い仮想通貨ニュース

バイデン政権移行チーム:暗号資産に詳しいゲンスラー氏を「米SEC委員長」に正式指名

バイデン政権移行チーム:暗号資産に詳しいゲンスラー氏を「米SEC委員長」に正式指名

【速報】ビットコイン価格「300万円ライン」到達|今後予想される動きは?

【速報】ビットコイン価格「300万円ライン」到達|今後予想される動きは?

大手マーケットメーカーB2C2「米国企業とのXRP取引」を停止|リップル訴訟問題で

大手マーケットメーカーB2C2「米国企業とのXRP取引」を停止|リップル訴訟問題で

韓国大手投資会社NXC:暗号資産取引所「Bithumb(ビッサム)」買収へ

韓国大手投資会社NXC:暗号資産取引所「Bithumb(ビッサム)」買収へ

Kraken:米国居住者向けのXRP取引サービス「一時停止」へ|リップル訴訟問題受け

Kraken:米国居住者向けのXRP取引サービス「一時停止」へ|リップル訴訟問題受け

ブロックチェーン用いた「賃貸入居プロセスのワンストップ化サービス」開始:NEXCHAIN

ブロックチェーン用いた「賃貸入居プロセスのワンストップ化サービス」開始:NEXCHAIN

ロシアの暗号資産取引所で「大規模ハッキング被害」制御不能でサイトもアクセス不可に

ロシアの暗号資産取引所で「大規模ハッキング被害」制御不能でサイトもアクセス不可に

GMO:日本円・米ドル連動のステーブルコイン「GYEN・ZUSD」発行へ

GMO:日本円・米ドル連動のステーブルコイン「GYEN・ZUSD」発行へ

イオス開発企業「Block.one」のCTO、Daniel Larimer氏が辞任|新プロジェクトに注力

イオス開発企業「Block.one」のCTO、Daniel Larimer氏が辞任|新プロジェクトに注力

ゴールド連動のステーブルコイン「x-Gold」発行開始1ヶ月で発行残高1億円を突破

ゴールド連動のステーブルコイン「x-Gold」発行開始1ヶ月で発行残高1億円を突破

コインチェック:Symbolスナップショットに伴う「サービス一時停止」を発表

コインチェック:Symbolスナップショットに伴う「サービス一時停止」を発表

バイデン政権:元Ripple社役員マイケル・バー氏を「米通貨監督庁長官」に指名か=報道

バイデン政権:元Ripple社役員マイケル・バー氏を「米通貨監督庁長官」に指名か=報道

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す