ブロックチェーン技術を「統一国家試験」に活用|ロシア連邦教育・科学監督庁

by BITTIMES   

ロシア連邦教育・科学監督庁(Rosobrnadzor)は、2019年から統一国家試験にブロックチェーン技術を導入することを予定している伝えられています。ロシアでは近年、Blockchain技術を取り入れていく動きが強まってきています。

こちらから読む:ロシアが統一国家試験への活用を検討する「ブロックチェーン技術」とは

ロシア連邦教育・科学監督庁(Rosobrnadzor)は、2019年度から同国の「統一国家試験(ЕГЭ)」にブロックチェーン技術を導入する予定であると伝えられています。この試験は、ロシアにおける「高校の卒業資格試験」のようなものであり、大学の予備試験の主な形態となっています。

同国のニュースメディアである「TASS」は、この決定は国家機関がブロックチェーン技術について議論を行った末に決定されたと報じています。詳しい情報は明らかにされていないもの、ブロックチェーン技術は「試験内容の印刷・スキャン」に適用される予定であると伝えられています。

ロシアからはここ最近でブロックチェーン技術に関連するプロジェクトが複数報告されており、ロシアの教育科学省は約1週間ほど前に「天然のダイヤモンドを追跡するためのブロックチェーン・プラットフォーム」も発表しています。

これまで「仮想通貨やブロックチェーン技術に関する明確な規制」が定められていなかったロシアでは、より具体的な法律や規制を作成するための取り組みが進められているため、これから環境が整うことによって、今後はロシアでも仮想通貨やブロックチェーン技術の採用がさらに加速する可能性があるともいわれています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Chiliz&Socios:NBA所属のバスケチーム「Chicago Bulls(シカゴ・ブルズ)」と提携

Chiliz&Socios:NBA所属のバスケチーム「Chicago Bulls(シカゴ・ブルズ)」と提携

Decentraland×UNXD:仮想空間で「メタバース・ファッション・ウィーク」開催へ

Decentraland×UNXD:仮想空間で「メタバース・ファッション・ウィーク」開催へ

メキシコ3位の億万長者:Twitterプロフィールに「ビットコイン」のハッシュタグ追加

メキシコ3位の億万長者:Twitterプロフィールに「ビットコイン」のハッシュタグ追加

安全な「ブロックチェーン通信基盤」導入へ|米海軍、SIMBA Chainに10億円の資金提供

安全な「ブロックチェーン通信基盤」導入へ|米海軍、SIMBA Chainに10億円の資金提供

ブロックチェーンが「フランチャイズ業界」にもたらすメリットを議論 ー イタリア

ブロックチェーンが「フランチャイズ業界」にもたらすメリットを議論 ー イタリア

ブラジルの仮想通貨取引所「NovaDAX」リップル(Ripple/XRP)の取り扱い開始

ブラジルの仮想通貨取引所「NovaDAX」リップル(Ripple/XRP)の取り扱い開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説