Elon Musk:ビットコインの仕組みを賞賛「紙幣よりも優れた価値移転手段」

by BITTIMES   

宇宙船関連事業「SpaceX(スペースエックス)」や、電気自動車メーカー「Tesla(テスラ)」のCEOであるElon Musk(イーロン・マスク)氏は「ARK Invest」のポッドキャストで仮想通貨に関する質問に答え「ビットコイン(Bitcoin/BTC)などの暗号資産は紙幣よりも優れた価値の移転手段である」と考えていることを語りました。

こちらから読む:Twitterで"BTC少額送金"が可能に「ビットコイン」関連ニュース

仮想通貨を賞賛するも「参入の予定は無し」

Elon Musk(イーロン・マスク)氏は「ARK Invest」のポッドキャストで仮想通貨に関する質問を受け、驚きを受けつつも自身の考えを語りました。同氏はこれまでにもTwitter(ツイッター)などを通じて仮想通貨に対するコメントを語っており、以前は「ビットコイン買いたい?」と冗談でツイートしたことによって一定期間アカウントをブロックされています。

マスク氏はインタビューの中で、ビットコインの仕組みを非常に素晴らしいものだと考えていることや、それらのトークンを高く評価していることを語りました。しかし同氏は、Tesla社やマスク氏自身が仮想通貨業界に参加するつもりはないことも明かしています。

テスラがリソースを使用して仮想通貨で何かすることはないと思いますが、ビットコインの構造は非常に素晴らしいと思います。ビットコインは資本統制を迂回することができます。仮想通貨が"価値の移転手段"として紙幣よりも優れていることは間違いないと言えます。

同氏はビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などの仮想通貨が大きな可能性を秘めていることは認めているものの「仮想通貨業界への参入は自身の会社の資源を有効利用することには繋がらない」と考えており、仮想通貨業界で利益をあげたいと思っている他の人々にこの分野を任せるつもりであることを語っています。

ビットコイン唯一の問題点は「エネルギー消費量」

仮想通貨が抱えている可能性のある「欠点」に関しては、ビットコインが非常に多くのエネルギーを必要とすることをあげています。

マスク氏は、ビットコインのマイニング(採掘)を行うためには非常に多くの電気エネルギーを費やす必要があることを問題として捉えており、これが仮想通貨を発行する際の避けられない課題になると考えています。

ビットコインの消費電力を指摘する意見はその他の専門家からも出ており、現在も多くの議論が交わされています。大量の電力を消費することによって、地球環境にも深刻な影響を及ぼしているとの意見も出ており、これらの問題を解決しなければ仮想通貨の普及は難しいとも言われています。

紙幣から仮想通貨へと切り替わる可能性

マスク氏は「ビットコインの消費電力」に関しては問題が潜んでいるものの『紙幣は近いうちになくなり、仮想通貨がその替わりとして使用されるようになる可能性がある』との考えも語っています。

マスク氏はビットコイン最大の利点の一つとして「通貨の管理を容易にしつつ、流動性を保つことができること」をあげており、紙を使用するよりも簡単に価値を移動することができることを素晴らしい利点として説明しています。

インタビューの最後でマスク氏は、
・Tesla社が「ビットコインの販売」を行う予定はないこと
・Twitterで"マスク氏"から仮想通貨を購入すべきではないこと
を語りました。もしもTwitterで「ビットコインを販売しているイーロン・マスク氏」を見つけた場合、おそらくその人は詐欺師であるため注意が必要です。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ファイルコイン(FIL)マイニング「The FIL」とは?基本情報・料金プラン・登録方法などを解説

ファイルコイン(FIL)マイニング「The FIL」とは?基本情報・料金プラン・登録方法などを解説

ビットコインで退職金「元米国大統領候補Ron Paul氏がCM出演」

ビットコインで退職金「元米国大統領候補Ron Paul氏がCM出演」

イギリスのEU離脱で「ビットコイン急騰」の可能性|主要法定通貨から大規模資金流入か

イギリスのEU離脱で「ビットコイン急騰」の可能性|主要法定通貨から大規模資金流入か

日本初の地方自治体ICO計画が岡山県西粟倉村から始まる

日本初の地方自治体ICO計画が岡山県西粟倉村から始まる

独大手証券取引所:ビットコイン取引サービスを「一般投資家」向けに提供開始

独大手証券取引所:ビットコイン取引サービスを「一般投資家」向けに提供開始

CryptoAltum~レバレッジ500倍、スプレッド極小。「勝つための」デイトレ用仮想通貨FX登場

CryptoAltum~レバレッジ500倍、スプレッド極小。「勝つための」デイトレ用仮想通貨FX登場

注目度の高い仮想通貨ニュース

カルダノ(Cardano/ADA)ウォレット数「100万」を突破|半年で約5倍に増加

カルダノ(Cardano/ADA)ウォレット数「100万」を突破|半年で約5倍に増加

【Cardano/ADA】カタリスト(Catalyst)の「投票方法」プロジェクト内容の確認方法も

【Cardano/ADA】カタリスト(Catalyst)の「投票方法」プロジェクト内容の確認方法も

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年5月23日〜29日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年5月23日〜29日

Grayscale親会社「イーサリアムクラシック投資信託(ETCG)への投資計画」を発表

Grayscale親会社「イーサリアムクラシック投資信託(ETCG)への投資計画」を発表

暗号資産デリバティブ大手「Bybit」中国のIPアドレス関連アカウント停止へ

暗号資産デリバティブ大手「Bybit」中国のIPアドレス関連アカウント停止へ

Decentraland:仮想空間上で「Sotheby'sのバーチャルギャラリー」公開

Decentraland:仮想空間上で「Sotheby'sのバーチャルギャラリー」公開

米金融大手「State Street」デジタル通貨専門の新部門設立|トークン化なども視野

米金融大手「State Street」デジタル通貨専門の新部門設立|トークン化なども視野

Chiliz&Socios:トルコのサッカークラブ「Bursaspor」の公式ファントークン発行へ

Chiliz&Socios:トルコのサッカークラブ「Bursaspor」の公式ファントークン発行へ

BINANCE:Tron(TRX)保有者などに対する「APENFTエアドロップ第1弾」を完了

BINANCE:Tron(TRX)保有者などに対する「APENFTエアドロップ第1弾」を完了

日本銀行の黒田総裁「暗号資産は投機的だが、ステーブルコインは決済手段になり得る」

日本銀行の黒田総裁「暗号資産は投機的だが、ステーブルコインは決済手段になり得る」

BINANCE「スポット取引(現物取引)の使い方」を解説|スマホアプリ・パソコンでの操作方法

BINANCE「スポット取引(現物取引)の使い方」を解説|スマホアプリ・パソコンでの操作方法

ディーカレット:販売所3銘柄で「スプレッド原則固定キャンペーン」開催へ

ディーカレット:販売所3銘柄で「スプレッド原則固定キャンペーン」開催へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す