イーロン・マスク『ビットコイン買いたい?』発言 ー Twitterアカウントブロックへ

by BITTIMES   

SpaceX(スペース・エックス)やTesla(テスラ)のCEOであるElon Musk(イーロン・マスク)氏は、先日ビットコイン(Bitcoin/BTC)に関するツイートをTwitter(ツイッター)上に投稿した結果、一時的にアカウントをブロックされています。仮想通貨(Cryptocurrency)に関連するつぶやきを頻繁にアップしている同氏は、暗号通貨の世界でも話題となっています。

こちらから読む:Twitter上で仮想通貨トークを繰り広げる「イーロン・マスク」

Elon Musk:ツイッターアカウント「ハッキング」か

Elon Musk(イーロン・マスク)氏は、2018年10月22日に『アニメが好きだ』と投稿しました。この投稿に対して1人のユーザーが『テスラの二段階認証はどうなっているのか?』との返信したのに対してマスク氏は、日本の仮想通貨擬人化サイト「仮想通貨革命クリプトカレンシーガールズ」の"ビットコインちゃん"画像と共に以下のように返答しました。

ー Elon Musk
ビットコインが買いたいかい?😉😉

この投稿を受けたTwitter側は、マスク氏のアカウントがハッキングを受けたと思い一時的に同氏のアカウントをブロックしました。

しかしその後はすぐにマスク氏のアニメトークの一部であったことがわかったため、同氏のアカウントは復旧しています。これによってこの騒動はすぐに収まり、マスク氏もアカウント復旧後に何が起きたのかをツイッター上で説明しました。

Twitterは私のアカウントがハッキングされたと思って、ブロックしてしまいました。ハハ。

一連の騒動によってTwitter上では「ビットコイン」や「アニメ」の話題で数時間ほどの盛り上がりも見せており、マスク氏のツイートは20,000件近くもの「いいね」を獲得しています。また最終的にマスク氏は、テスラの二段階認証に関する質問にも真剣に答えており『二段階認証に取り組む』と回答しています。

仮想通貨関連ツイートでも話題「イーロン・マスク」

Ethereum-Scammers

マスク氏の言動は一つ一つが大きな影響力を持っているため、些細なコメントなどでも大きな問題となります。今年の9月に「ジョー・ローガン・エクスペリエンス」という番組に出演した際には、番組中にマスク氏が大麻(マリファナ)を吸引したことによってテスラ社の株価が暴落するといった騒動も起きています。

マスク氏の自由な性格やコメントは多くの人々を惹きつけると共に、市場にも影響を与えています。以前は『イーサリアム(Ethereum/ETH)が欲しい』というツイートやドージコイン(Dogecoin/DOGE)の開発者と共にTwitter上に蔓延している「ETH詐欺ボット」に対抗するための方法などを話し合ったことなども報告されています。仮想通貨関連の投稿でも度々話題に上がっている同氏のつぶやきには今後も注目です。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格|2018年10月24日

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、10月15日に一時的に80万円近くまで急騰した後、72万円〜75万円の間での推移を続けており、2018年10月24日時点では「1BTC=約72,800円」で取引されています。

ビットコイン(BTC)の購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Libra(リブラ)は「ビットコインの脅威」となるのか?市場に与える影響を考察

Libra(リブラ)は「ビットコインの脅威」となるのか?市場に与える影響を考察

Trezor「ビットコイン(BTC)専用」ファームウェアのベータ版公開

Trezor「ビットコイン(BTC)専用」ファームウェアのベータ版公開

BINANCEが被災地へ5,000万円相当の寄付を正式発表|西日本豪雨災害

BINANCEが被災地へ5,000万円相当の寄付を正式発表|西日本豪雨災害

仮想通貨決済で問題解決!企業が受ける恩恵と多くの利点

仮想通貨決済で問題解決!企業が受ける恩恵と多くの利点

独大手証券取引所:ビットコイン取引サービスを「一般投資家」向けに提供開始

独大手証券取引所:ビットコイン取引サービスを「一般投資家」向けに提供開始

シンガポールのライドシェアアプリ「Ryde」ビットコイン決済対応へ

シンガポールのライドシェアアプリ「Ryde」ビットコイン決済対応へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン技術GLS開発企業「アーリーワークス」約1億円の資金調達

ブロックチェーン技術GLS開発企業「アーリーワークス」約1億円の資金調達

DMMビットコイン:BAT・QTUMの「レバレッジ取引」正式に開始

DMMビットコイン:BAT・QTUMの「レバレッジ取引」正式に開始

Twitter:暗号資産のウォレットアドレス「再び投稿可能」に

Twitter:暗号資産のウォレットアドレス「再び投稿可能」に

仮想通貨決済対応の旅行予約サイト「Travala.com」Agoda(アゴダ)と提携

仮想通貨決済対応の旅行予約サイト「Travala.com」Agoda(アゴダ)と提携

【PSGトークン価格急騰】パリ・サンジェルマン「チャンピオンズリーグ準決勝」進出へ

【PSGトークン価格急騰】パリ・サンジェルマン「チャンピオンズリーグ準決勝」進出へ

ビットコインがもらえる「Coincheckでんき・ガス新規申込キャンペーン」開催

ビットコインがもらえる「Coincheckでんき・ガス新規申込キャンペーン」開催

ビットフライヤー「NEM・Stellar」の取扱い開始|上場記念キャンペーンも開催

ビットフライヤー「NEM・Stellar」の取扱い開始|上場記念キャンペーンも開催

ビットコイン経済へと移行する「サーフィンの聖地」エルサルバドルの村でBTC決済進む

ビットコイン経済へと移行する「サーフィンの聖地」エルサルバドルの村でBTC決済進む

【Twitter乗っ取り事件】主犯格の「17歳少年」逮捕|米司法省は3人を訴追

【Twitter乗っ取り事件】主犯格の「17歳少年」逮捕|米司法省は3人を訴追

バイナンス:オーストラリア向けの暗号資産取引所「Binance Australia」立ち上げ

バイナンス:オーストラリア向けの暗号資産取引所「Binance Australia」立ち上げ

【BITMAX】LINE独自の暗号資産「リンク(LINK/LN)」8月6日から取引開始

【BITMAX】LINE独自の暗号資産「リンク(LINK/LN)」8月6日から取引開始

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年7月26日〜8月1日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年7月26日〜8月1日

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す