ベンツ:ブロックチェーン技術で「サプライチェーン管理」透明性の向上図る

by BITTIMES

ドイツの大手自動車メーカーである「Mercedes-Benz(メルセデス・ベンツ)」は、複雑なサプライチェーンの透明性を高めるためにブロックチェーン技術をベースとしたプラットフォームを開発したことを発表しました。ベンツの代表者は「Blockchain技術は、同社の調達プロセスに根本的な革命をもたらす可能性がある」と語っています。

こちらから読む:ベンツのサプライチェーンに革命をもたらす「ブロックチェーン技術」とは

サプライチェーン用ブロックチェーン開発会社と提携

Mercedes-Benz(メルセデス・ベンツ)の親会社にあたるドイツの大手自動車メーカー「Daimler AG(ダイムラー)」は、2019年2月25日に公開したプレスリリースで、ベンツが「サプライチェーンの透明性を高めるためのブロックチェーンプラットフォーム」を開発したことを発表しました。

このプラットフォームは、サプライチェーン用のブロックチェーン技術を開発している米国のソフトウェア会社「Icertis」との提携によって共同開発されています。

ダイムラーは供給業者に対して、労働条件、人権、環境保護、安全性、企業倫理や、サプライチェーン内で公平に業務を行うための基準および契約上の義務を精力的に引き渡し、管理することを要求しており、今回発表されたブロックチェーンのプロトタイプを導入することによって、サプライチェーン全体の透明性を高めることができると説明されています。

このプラットフォームではサプライチェーンで必要とされる契約条項をブロックチェーン上で管理することができるようになっており「サプライヤーが契約上の義務から逸脱した場合には、安全な会計システムと同様にその変更がブロックチェーン上に反映される」と説明されています。

ブロックチェーンは「根本的な革命」をもたらす

メルセデス・ベンツの調達・サプライヤー部門取締役会メンバーであるWilko Stark(ウィルコ・スターク)氏は「ブロックチェーン技術は、ほぼ全てのバリューチェーンに影響を与える可能性がある」と語っています。

ブロックチェーン技術は、当社の調達プロセスに"根本的な革命"をもたらす可能性を秘めています。私たちは最初のステップとして、ますます複雑化するサプライチェーンの分野で「ブロックチェーンのプロトタイプ」を活用し、直接取引を行うサプライヤーだけでなく、サプライチェーン全体の透明性を向上させるためのテストを行なっています。

具体的な取り組みとしては、自動車の製造に使用される部品や原材料を追跡するためにブロックチェーン技術を使用していくと報じられています。

自動車業界の「グローバルスタンダード」

自動車業界の大手メーカーでは、サプライチェーン管理にブロックチェーン技術を取り入れる動きが急速に進んできており、今やそれらの技術が「グローバルスタンダード」なものになりつつあります。

ここ最近では、世界各国の大手自動車メーカーからも「ブロックチェーン技術採用」の発表が行われており、
・スペイン最大の自動車メーカー:SEAT(セアト)
・韓国の大手自動車メーカー:現代(ヒュンダイ)
などもブロックチェーン技術を活用していくことを発表しています。

その他多くの自動車メーカーは「自動運転車両」や「交通渋滞の問題解決」など、様々な分野でもブロックチェーンや仮想通貨を活用していく取り組みを進めているため、今後の新しい発表にも期待が高まります。

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

アメリカ空軍(USAF)ブロックチェーン企業「Constellation Network」と提携

アメリカ空軍(USAF)ブロックチェーン企業「Constellation Network」と提携

ゲーム中に「仮想通貨マイニングイベント」を開催|NBAチーム:ヒューストン・ロケッツ

ゲーム中に「仮想通貨マイニングイベント」を開催|NBAチーム:ヒューストン・ロケッツ

【Bakkt公式発表】ビットコイン先物「2019年9月23日」開始へ|BTC価格も上昇

【Bakkt公式発表】ビットコイン先物「2019年9月23日」開始へ|BTC価格も上昇

ゴールドマン・サックス元社長が仮想通貨の将来について語る

ゴールドマン・サックス元社長が仮想通貨の将来について語る

仮想通貨が使える大型ショッピングモール「BTC City」すでに100店舗が対応:スロベニア

仮想通貨が使える大型ショッピングモール「BTC City」すでに100店舗が対応:スロベニア

ロシア連邦中央銀行「ルーブル連動型ステーブルコインの発行」禁止する可能性

ロシア連邦中央銀行「ルーブル連動型ステーブルコインの発行」禁止する可能性

注目度の高い仮想通貨ニュース

FTX:eスポーツチーム「TSM」とパートナーシップ契約|チームの命名権を獲得

FTX:eスポーツチーム「TSM」とパートナーシップ契約|チームの命名権を獲得

ビットポイント「TRX・XRPのレバレッジ取引サービス」提供へ

ビットポイント「TRX・XRPのレバレッジ取引サービス」提供へ

NEM Group:Symbol上で「サッカー選手のNFT」発行へ

NEM Group:Symbol上で「サッカー選手のNFT」発行へ

ビットフライヤー「日米間のクロスボーダー取引」開始|米国でBTC/JPYが取引可能に

ビットフライヤー「日米間のクロスボーダー取引」開始|米国でBTC/JPYが取引可能に

TAOTAO:レバレッジ手数料で「マイナス手数料率」導入へ

TAOTAO:レバレッジ手数料で「マイナス手数料率」導入へ

バイナンス「Binance NFTの公開日」を発表|一部参加アーティストなども明らかに

バイナンス「Binance NFTの公開日」を発表|一部参加アーティストなども明らかに

ビットコインの電力消費量は「銀行システムの2分の1以下」Galaxy Digitalレポート

ビットコインの電力消費量は「銀行システムの2分の1以下」Galaxy Digitalレポート

米ウィリストン市:仮想通貨決済で「公共料金の支払い」が可能に|BitPayと提携

米ウィリストン市:仮想通貨決済で「公共料金の支払い」が可能に|BitPayと提携

FCディナモ・キエフ:Binance NFTで「初のNFTイベントチケット」発売へ

FCディナモ・キエフ:Binance NFTで「初のNFTイベントチケット」発売へ

ビットコイン価格「今後半年で5倍になっても不思議ではない」著名アナリストPlanB氏

ビットコイン価格「今後半年で5倍になっても不思議ではない」著名アナリストPlanB氏

香港規制当局:暗号資産取引所の利用者「プロ投資家のみに限定すること」を提案

香港規制当局:暗号資産取引所の利用者「プロ投資家のみに限定すること」を提案

bitFlyer×Brave:仮想通貨BATがもらえる「タイアップキャンペーン第2弾」開始

bitFlyer×Brave:仮想通貨BATがもらえる「タイアップキャンペーン第2弾」開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す