アメリカ・コロラド州デンバー:ブロックチェーン投票システムを「自治体選挙」に導入

by BITTIMES

アメリカ・ニューヨークを拠点に米国全土で「モバイル投票システム」と「飢餓防止プログラム」を推進している非営利団体「Tusk Philanthropies」は2019年3月7日、コロラド州中北部に位置する都市「デンバー」が今年5月に行われる自治体選挙でブロックチェーン技術を用いた電子投票システムのテストを実施すると発表しました。

こちらから読む:デンバーの自治体選挙で活用される「ブロックチェーン技術」とは

デンバーで行われる「ブロックチェーン技術を用いたモバイル投票システム」のテストでは、現役軍人と海外有権者の人々に自分のスマートフォンを使って投票を行う手段が提供されます。

このブロックチェーンベースの電子投票システムは、2018年にウェストバージニア州で行われた予備選挙でも使用されているため、今回のテストは2回目ということになります。

ウェストバージニア州の選挙で行われた際には、世界30カ国の駐在する合計144人のウェストバージニア州有権者が、アプリを利用したと伝えられており、大きな問題もなく無事に選挙が終了しています。

「Tusk Philanthropies」の創設者であり最高経営責任者(CEO)でもあるBradley Tusk(ブラッドリー・タスク)氏は、ブロックチェーンを活用して携帯電話での投票を可能にすることによって、投票率を上げると共にその他の問題も解決できると説明しています。

国政選挙では「投票率の低さ」はもちろんのこと「偏り」や「機能障害」が横行しています。21世紀に入って以降、誰もがポケットの中に所持している携帯電話での投票を可能にし、投票率をあげればこのような状況に変化を起こすことができます。

ブロックチェーン技術を使用すれば、携帯電話を使った選挙投票をより安全に行うことができるようになります。デンバーの選挙本部は、政府の根本的な問題を解決するための「革新的で便利な解決策」を最初に導入した最初の一人として多大な信用を得るでしょう。

ブロックチェーン技術を用いた電子投票システムは、アメリカ以外の国や地位でも積極的に採用され始めており、最近ではロシア韓国オーストラリアでも選挙投票にブロックチェーンを活用することが報告されています。

昨年の時点では「ブロックチェーン投票システム」の導入に対する批判的な意見や懸念の声も多く上がっていましたが、現在もこのようなシステムは世界各地で採用に向けた動きが進められています。

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

IOTA財団:Linux Foundationと提携し「LF Edge」フレームワークを共同開発

IOTA財団:Linux Foundationと提携し「LF Edge」フレームワークを共同開発

Kraken:14種類の暗号資産で「豪ドル・英ポンドの取引ペア」追加|ADA・XTZ・FILなど

Kraken:14種類の暗号資産で「豪ドル・英ポンドの取引ペア」追加|ADA・XTZ・FILなど

Walmart利用者に「暗号資産キャッシュバック」StormXが対応店舗を拡大

Walmart利用者に「暗号資産キャッシュバック」StormXが対応店舗を拡大

Binance US「大口OTC取引サービス」提供開始|ADA・XRPなど含む12銘柄に対応

Binance US「大口OTC取引サービス」提供開始|ADA・XRPなど含む12銘柄に対応

仮想通貨決済を「1,400店舗」に|オーストラリア大手スーパー「IGA」BTCなどを受け入れ

仮想通貨決済を「1,400店舗」に|オーストラリア大手スーパー「IGA」BTCなどを受け入れ

仮想通貨下落の原因は「ホールドできない個人投資家」Ronnie Moas

仮想通貨下落の原因は「ホールドできない個人投資家」Ronnie Moas

注目度の高い仮想通貨ニュース

ファイルコイン財団:インターネットアーカイブに「10億円相当のFIL」を寄付

ファイルコイン財団:インターネットアーカイブに「10億円相当のFIL」を寄付

MicroStrategy:取締役の役員報酬「ビットコイン」で支払いへ|米上場企業で初

MicroStrategy:取締役の役員報酬「ビットコイン」で支払いへ|米上場企業で初

米郵便公社(USPS)「NFT形式の郵便切手」発行へ|CaseMail社の技術を活用

米郵便公社(USPS)「NFT形式の郵便切手」発行へ|CaseMail社の技術を活用

米暗号資産取引所Kraken CEO「日本・東京」を新拠点候補の1つとして検討

米暗号資産取引所Kraken CEO「日本・東京」を新拠点候補の1つとして検討

Coincheck NFT(β版)サービス開始記念「ETHプレゼントキャンペーン」開催

Coincheck NFT(β版)サービス開始記念「ETHプレゼントキャンペーン」開催

NEM:シンボル(Symbol/XYM)の「公開日延期」を発表

NEM:シンボル(Symbol/XYM)の「公開日延期」を発表

Twitterでビットコインを少額送金「Bottlepay」がサービス提供開始

Twitterでビットコインを少額送金「Bottlepay」がサービス提供開始

日本銀行「中央銀行デジタル通貨の実証実験」開始|CBDCの基本機能を検証

日本銀行「中央銀行デジタル通貨の実証実験」開始|CBDCの基本機能を検証

Symbol(XYM)の価格情報・チャート「CoinMarketCap・CoinGecko」で確認可能に

Symbol(XYM)の価格情報・チャート「CoinMarketCap・CoinGecko」で確認可能に

Microsoft:ビットコイン基盤の分散型IDネットワーク「ION」を正式稼働

Microsoft:ビットコイン基盤の分散型IDネットワーク「ION」を正式稼働

【Cardano/ADA】スマートコントラクト機能「7月頃」に実装予定|NFT関連でも期待高まる

【Cardano/ADA】スマートコントラクト機能「7月頃」に実装予定|NFT関連でも期待高まる

楽天ポイント運用サービス「ポイントビットコインby楽天PointClub」提供開始

楽天ポイント運用サービス「ポイントビットコインby楽天PointClub」提供開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す