アメリカ・コロラド州デンバー:ブロックチェーン投票システムを「自治体選挙」に導入

by BITTIMES

アメリカ・ニューヨークを拠点に米国全土で「モバイル投票システム」と「飢餓防止プログラム」を推進している非営利団体「Tusk Philanthropies」は2019年3月7日、コロラド州中北部に位置する都市「デンバー」が今年5月に行われる自治体選挙でブロックチェーン技術を用いた電子投票システムのテストを実施すると発表しました。

こちらから読む:デンバーの自治体選挙で活用される「ブロックチェーン技術」とは

デンバーで行われる「ブロックチェーン技術を用いたモバイル投票システム」のテストでは、現役軍人と海外有権者の人々に自分のスマートフォンを使って投票を行う手段が提供されます。

このブロックチェーンベースの電子投票システムは、2018年にウェストバージニア州で行われた予備選挙でも使用されているため、今回のテストは2回目ということになります。

ウェストバージニア州の選挙で行われた際には、世界30カ国の駐在する合計144人のウェストバージニア州有権者が、アプリを利用したと伝えられており、大きな問題もなく無事に選挙が終了しています。

「Tusk Philanthropies」の創設者であり最高経営責任者(CEO)でもあるBradley Tusk(ブラッドリー・タスク)氏は、ブロックチェーンを活用して携帯電話での投票を可能にすることによって、投票率を上げると共にその他の問題も解決できると説明しています。

国政選挙では「投票率の低さ」はもちろんのこと「偏り」や「機能障害」が横行しています。21世紀に入って以降、誰もがポケットの中に所持している携帯電話での投票を可能にし、投票率をあげればこのような状況に変化を起こすことができます。

ブロックチェーン技術を使用すれば、携帯電話を使った選挙投票をより安全に行うことができるようになります。デンバーの選挙本部は、政府の根本的な問題を解決するための「革新的で便利な解決策」を最初に導入した最初の一人として多大な信用を得るでしょう。

ブロックチェーン技術を用いた電子投票システムは、アメリカ以外の国や地位でも積極的に採用され始めており、最近ではロシア韓国オーストラリアでも選挙投票にブロックチェーンを活用することが報告されています。

昨年の時点では「ブロックチェーン投票システム」の導入に対する批判的な意見や懸念の声も多く上がっていましたが、現在もこのようなシステムは世界各地で採用に向けた動きが進められています。

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

JobTribesが人気漫画カイジとコラボ「カイジNFT」発売へ:DEA社

JobTribesが人気漫画カイジとコラボ「カイジNFT」発売へ:DEA社

NFTマーケットプレイス「SBINFT Market」2022年3月17日リリースへ

NFTマーケットプレイス「SBINFT Market」2022年3月17日リリースへ

NFTガチャ「賭博該当」の可能性|ブロックチェーンコンテンツ協会がガイドライン公開

NFTガチャ「賭博該当」の可能性|ブロックチェーンコンテンツ協会がガイドライン公開

エルサルバドル「ビットコインシティの模型画像」を公開|市街地・空港・展望台なども

エルサルバドル「ビットコインシティの模型画像」を公開|市街地・空港・展望台なども

世界最大級のSNSトレードeToro「ADA・TRXのステーキングサービス」提供開始

世界最大級のSNSトレードeToro「ADA・TRXのステーキングサービス」提供開始

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

注目度の高い仮想通貨ニュース

GMOコイン:ビットコインの半減期記念「手数料半減キャンペーン」開催

GMOコイン:ビットコインの半減期記念「手数料半減キャンペーン」開催

Apple共同創設者:仮想通貨詐欺動画に関する訴訟で「YouTube」に勝訴

Apple共同創設者:仮想通貨詐欺動画に関する訴訟で「YouTube」に勝訴

アバランチ財団が保有する「5種類のミームコイン」が判明|コミュニティコインを支援

アバランチ財団が保有する「5種類のミームコイン」が判明|コミュニティコインを支援

Solanaの新しいミームコインSlothanaが革新的なプレセールを開始、数時間で50万ドルを調達

Solanaの新しいミームコインSlothanaが革新的なプレセールを開始、数時間で50万ドルを調達

OKCoinJapan「MKR・APE」取扱いへ|お得なキャンペーンも開催中

OKCoinJapan「MKR・APE」取扱いへ|お得なキャンペーンも開催中

最近の仮想通貨ブームで急成長が期待される5つの新しいミームコイン

最近の仮想通貨ブームで急成長が期待される5つの新しいミームコイン

トークンが乱立する仮想通貨業界、今後は「プロジェクト合併」が進む?

トークンが乱立する仮想通貨業界、今後は「プロジェクト合併」が進む?

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

「ビットコインは詐欺かもしれないが大好き」ロバート・キヨサキ氏が様々な質問に回答

「ビットコインは詐欺かもしれないが大好き」ロバート・キヨサキ氏が様々な質問に回答

仮想通貨決済のBitPay:対応銘柄を大幅拡充「利用可能なトークンリスト」も公開

仮想通貨決済のBitPay:対応銘柄を大幅拡充「利用可能なトークンリスト」も公開

Shibariumの新ミームコイン「DAMN」6倍以上の価格高騰を記録

Shibariumの新ミームコイン「DAMN」6倍以上の価格高騰を記録

NFTDriveEX:SymbolとEVMチェーンを繋ぐ「アトミックスワップ機能」導入へ

NFTDriveEX:SymbolとEVMチェーンを繋ぐ「アトミックスワップ機能」導入へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介NEW

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す