南オーストラリア州政府:ブロックチェーン投票システムを「公式選挙」に採用

by BITTIMES

南オーストラリア州の政府は、間もなく行われる公式選挙で「ブロックチェーン技術をベースとした投票システム」を実際に使用することを予定しています。この新しい選挙投票システムは、Blockchain企業である「Horizo​​n State(ホライズン・ステート)」によって開発されています。

こちらから読む:南オーストラリアの選挙に活用される「ブロックチェーン技術」とは

オーストラリアの報道機関である「Micky News」によると、南オーストラリア州で使用されるブロックチェーン投票システムは「Horizo​​n State(ホライズン・ステート)」と呼ばれるブロックチェーン企業によって開発されています。

「Horizo​​n State」は以前からブロックチェーン技術を活用した投票システムの開発を行っており、安全かつ信頼性の高い「デジタル投票箱システム」を開発しています。同社の技術は、単純な投票システムからより複雑な投票システムまでの幅広い要件に対応できる仕様となっており、様々な業界に対応していくことができるように設計されていると伝えられています。

「Horizo​​n State」のCEOであるNimo Naamani(ニモ・ナーマニ)氏は、今回の決定について次のように述べています。

オーストラリア政府によって当社の技術が使用されるのはこれが初めてです。投票内容の正当性を立証するためにブロックチェーン技術を使用するのは素晴らしい選択だと言えます。

ブロックチェーン技術に非常に前向きな姿勢で取り組む南オーストラリア政府に、私たちの技術を選択していただけたことを光栄に思います。今回の選択は、南オーストラリア政府がイノベーション、透明性、そして資金の適切な使用に対して責任を持って取り組んでいることを表していると私は感じています。

南オーストラリア州政府は、州の「Recreational Fishing Advisory Council」に5名の代表者を選出するためにブロックチェーン技術を使用する予定だと報じられており、ブロックチェーン投票技術はすでに同州の「公式オンライン投票Webサイト」に統合されていると伝えられています。

南オーストラリア州の首相であるSteven Marshall(スティーブン・マーシャル)氏は、南オーストラリア州がオーストラリアを代表する「ブロックチェーン都市」になることを望んでいると語っており、別のメディアに対しては『将来的にブロックチェーン技術は国際的なサプライチェーンを管理する上で非常に重要な存在になると考えている』とも語っています。

ブロックチェーン技術を「選挙・投票」に活用する取り組みはその他複数の国でも進められており、実際にブロックチェーン投票アプリが使用されたことも報告されています。

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

トロン財団:大型アップデート「TRON 4.0」の公開予定日を発表

トロン財団:大型アップデート「TRON 4.0」の公開予定日を発表

ジョン・マカフィー「2020年アメリカ大統領選挙キャンペーン」正式に開始

ジョン・マカフィー「2020年アメリカ大統領選挙キャンペーン」正式に開始

ブロックチェーン技術で「電力システム改革」分散型エネルギー管理で供給を合理化

ブロックチェーン技術で「電力システム改革」分散型エネルギー管理で供給を合理化

Cardano:残高確認用の新たな「Daedalus Shelleyウォレット」公開|開発も順調に進行中

Cardano:残高確認用の新たな「Daedalus Shelleyウォレット」公開|開発も順調に進行中

熊本電力がマイニングファームを本格稼働|日本をBlockchain技術の中心へ

熊本電力がマイニングファームを本格稼働|日本をBlockchain技術の中心へ

Crypto.comなどの暗号資産デビットカード「利用不可」に|Wirecardの会計問題が影響

Crypto.comなどの暗号資産デビットカード「利用不可」に|Wirecardの会計問題が影響

注目度の高い仮想通貨ニュース

ファイルコイン:暗号資産FILが貰える「テストネットインセンティブプログラム」を発表

ファイルコイン:暗号資産FILが貰える「テストネットインセンティブプログラム」を発表

暗号資産4銘柄で「売り圧力」強まる可能性|PlusToken関連で数百億円規模の資金移動

暗号資産4銘柄で「売り圧力」強まる可能性|PlusToken関連で数百億円規模の資金移動

米取引所コインベース:上場検討中の暗号資産「18銘柄」を公開

米取引所コインベース:上場検討中の暗号資産「18銘柄」を公開

ブロックチェーン電子署名用いた「携帯電話の保険補償サービス」提供へ:SKテレコム

ブロックチェーン電子署名用いた「携帯電話の保険補償サービス」提供へ:SKテレコム

マネックス証券:暗号資産4銘柄の「差金決済取引(CFD)」提供へ=日経報道

マネックス証券:暗号資産4銘柄の「差金決済取引(CFD)」提供へ=日経報道

トルコの不動産会社:複数銘柄対応の「暗号資産決済」を導入|オンライン物件閲覧も可能

トルコの不動産会社:複数銘柄対応の「暗号資産決済」を導入|オンライン物件閲覧も可能

ブロックチェーンで「各種証明書をデジタル化」福岡県飯塚市・Chaintopeなどが協力

ブロックチェーンで「各種証明書をデジタル化」福岡県飯塚市・Chaintopeなどが協力

Twitter:Tron関連の「絵文字表示機能」追加|Apple製品が当たるキャンペーンも開催

Twitter:Tron関連の「絵文字表示機能」追加|Apple製品が当たるキャンペーンも開催

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

暗号資産・金融アプリUphold「株式への少額投資機能」を追加

暗号資産・金融アプリUphold「株式への少額投資機能」を追加

カザフスタン:暗号資産マイニング関連で「約790億円」の投資誘致を計画

カザフスタン:暗号資産マイニング関連で「約790億円」の投資誘致を計画

イオス(EOS)開発企業の分散型ソーシャルメディア「Voice(ボイス)」公開

イオス(EOS)開発企業の分散型ソーシャルメディア「Voice(ボイス)」公開

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す