ブロックチェーンと「5G/クラウド/IoT」融合へ|電気通信大手がイニシアチブを開始

by BITTIMES   

世界最大規模の大手電気通信事業者として知られるカタールの「Ooredoo Group(オレドー・グループ)」が、独自のブロックチェーン・イニシアチブに取り組んでいることが海外メディア「The Peninsular Qatar」の報道で明らかになりました。同社は「5G/クラウド/IoT」と「Blockchain技術」を組み合わせたソリューションの開発に取り組んでいるとされています。

こちらから読む:大手電気通信事業者が活用に取り組む「ブロックチェーン技術」とは

Ooredoo Group(オレドー・グループ)は、中東・西アジアの国家であるカタールのドーハに本社を構える世界最大の電気通信会社の1つであり、年間売上高は82億ドル(約9,124億)にものぼるといわれています。

独自のブロックチェーンイニシアチブに取り組んでいるという同社は、人々の生活を豊かにできるブロックチェーンソリューションを開発するために、すでに「公的機関/私的機関/学術機関」と密接に協力していると伝えられています。

「Ooredoo Group」のCEOであるSheikh Saud bin Nasser Al Thani氏は、ブロックチェーン技術を活用することによって、組織や企業は「コストの最適化」を測ることが可能になり「効率性/透明性/信頼性」を高めながら安全にデジタル決済を処理することができると説明しており、「ブロックチェーン技術がこれから発展していくことによって、今後5年間でビジネスモデルと収益が大きく変化する可能性がある」と語っています。

報道によると、同社のブロックチェーンイニシアチブは「5G/クラウド/IoT」などのインフラとブロックチェーンを組み合わせたソリューションを活用して、組織や顧客に最大のメリットを提供すること目指していると報じられていますが、具体的にどのようなことが行われるのかに関する詳しい説明は行われていないため、今後の新たな発表には注目が集まります。

ブロックチェーン技術はこれまでにも、様々な分野のデータ通信で活用されてきており、最近では「音声通信に関する特許が取得されたこと」や「NASAが航空管制業務におけるデータ通信への活用を検討していること」なども報告されています。

これまでは仮想通貨や金融業界での活用事例が目立っていましたが、今後はオレドー・グループのような大手通信事業者でもブロックチェーン技術の活用が進むことになると予想されます。

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

次世代型ブラウザBrave「日本語のテレビCM」放送へ

次世代型ブラウザBrave「日本語のテレビCM」放送へ

仮想通貨サービス事業者の「国際規制団体」設立へ|V20サミットで覚書締結

仮想通貨サービス事業者の「国際規制団体」設立へ|V20サミットで覚書締結

NEC:ブロックチェーン用いた「IoTデバイスのセキュリティサービス」販売へ

NEC:ブロックチェーン用いた「IoTデバイスのセキュリティサービス」販売へ

ディーカレットDCP「二層構造デジタル通貨プラットフォーム」の関連特許登録

ディーカレットDCP「二層構造デジタル通貨プラットフォーム」の関連特許登録

ブロックチェーンで「製品開発のデータ共有」三菱電機など国内メーカー100社が連携

ブロックチェーンで「製品開発のデータ共有」三菱電機など国内メーカー100社が連携

ワクチン輸送を「ブロックチェーン・IoT」で安全に|偽造品問題などにも対処:StaTwig

ワクチン輸送を「ブロックチェーン・IoT」で安全に|偽造品問題などにも対処:StaTwig

注目度の高い仮想通貨ニュース

話題のSOLが一時10%以上の下落、Ethereumを基盤としたGreen Bitcoinに投資家が集まる

話題のSOLが一時10%以上の下落、Ethereumを基盤としたGreen Bitcoinに投資家が集まる

Web3ベースレイヤー『Mystiko.Network』がシード資金調達ラウンド終了|1,800万ドルを調達

Web3ベースレイヤー『Mystiko.Network』がシード資金調達ラウンド終了|1,800万ドルを調達

シバイヌ(SHIB)「CDSA参加の重要性と影響」主任開発者Shytoshi Kusama氏が説明

シバイヌ(SHIB)「CDSA参加の重要性と影響」主任開発者Shytoshi Kusama氏が説明

「ビットコインは詐欺かもしれないが大好き」ロバート・キヨサキ氏が様々な質問に回答

「ビットコインは詐欺かもしれないが大好き」ロバート・キヨサキ氏が様々な質問に回答

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

Flare Network:分散型のCEXスタイル取引アプリ「Raindex」リリース

Flare Network:分散型のCEXスタイル取引アプリ「Raindex」リリース

チェーンリンク(LINK)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

チェーンリンク(LINK)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

Google検索「ビットコインアドレスの残高確認」が可能に|複数のアドレス形式に対応

Google検索「ビットコインアドレスの残高確認」が可能に|複数のアドレス形式に対応

イーサリアム(ETH)は有価証券に分類される?「米SECが調査中」との報告

イーサリアム(ETH)は有価証券に分類される?「米SECが調査中」との報告

スクエニ出資のDMTP「トークン上場計画」を発表|プレゼントキャンペーンも開催

スクエニ出資のDMTP「トークン上場計画」を発表|プレゼントキャンペーンも開催

SHIB公式パートナーのK9 Finance DAO「初代委員会メンバー11名」を発表

SHIB公式パートナーのK9 Finance DAO「初代委員会メンバー11名」を発表

ロバート・キヨサキ氏「4月までに10ビットコイン購入予定」強気な価格予想も

ロバート・キヨサキ氏「4月までに10ビットコイン購入予定」強気な価格予想も

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す